So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「因果応報とはよく言ったもの」17.12..09 [国際問題]

他国の不幸を喜んではいけないのだが、

来年韓国で開かれる平昌冬季オリンピック、

ひょっとすると開催できないかもしれない。

当の韓国もこの大会を辞退したいなどといいだした。

それはアメリカが参加を正式に表明していない。

あまりにも北朝鮮情勢が悪すぎるためだ。

加えてロシアの国家としての参加が取り消され、

個人の資格で参加は許されるとはしているものの、

国家としてはボイコットする可能性が大だ。


今頃になってあのオリンピックを返納しようかと韓国国内ではうわさが上がっている。

日本の首相にオリンピックに来い、と呼びつけるような無礼を働き、

何様のつもりかと不興を買っている。

実はロシアの不参加でほとんど観客動員がそがれてしまっている。

中国からはあのアメリカのサード導入で不興を買い、ほとんど観客動員は絶望視されている。

まさに踏んだり蹴ったり、四面楚歌の中で開催は殆ど絶望視されている。

韓国は今頃になってあのオリンピックを返上しようと言い出した。

すでに年が明ければすぐ開催日が迫っている。

ほとんど観客動員が絶望視されている中、二進も三進もいかない状態に追い込まれている。

あのオリンピックが確定して頃は前大統領パク・クネさんの時だった。

それが北の画策で韓国世論を引き回し、とうとう引きずりおろしてしまって。

だけではなく獄舎にまでつないでいる。

一体韓国とはどういう国なのか。

この期に及んで自国のしていることが全然わからない。

因果応報というか、罰が当たったというか、日本のことをあれだけ悪く言い、

併合時にしてもらった数々のインフラ整備、教育、秩序の構築、

それを日本が負けると手の裏を返したようにあることないこと並べ立てて、

全く恩を仇で返す様な国。

決して他国の不幸を喜んでいるわけではないが、

因果応報というか、天網恢恢というか、当然の報いを受けている。

韓国北朝鮮には御礼を述べられることはあっても恨み言を言われる筋合いは一つもない。

加えて北朝鮮の暴走、核兵器開発に血道をあげて、

国民にまともな食事をさせることもできず、いょいよ追い詰められている。

ただアメリカを攻撃するには程遠いが、この日本を攻撃することは朝飯前。

その北朝鮮のたゆまざる南への攻撃、一貫して韓国にスパイを潜り込ませ、

世論を操作し、北朝鮮化に努力している。

韓国の軍政が終わり金泳三政権ができ、金大中政権ができ、

ノムヒョン政権ができるころにはほとんど世論操作は完成の域に達していた。

そのノムヒョン政権の一番の子分、側近ムン・ジェインこれが政権を握り一気に新北朝鮮政策は完成の域に達した。

政権を取るや否や一気に北朝鮮化は進み始めた

。ところがアメリカが黙っていない。

どっちにするか態度をはっきりせよ、と迫る。

さすがにアメリカに言われれば従わざるを得ない。

しかし裏では中国にすり寄り、アメリカを裏切り盛んに北朝鮮と中国にしっぽを振り続けている。

いかに優しい言葉を使うとはいえ、アメリカの力は強い。

ムン・ジェインの二枚舌を許すことはない。かくてあのオリンピックへの参加を怪しくしている。

もはや絶望的だろう。今更オリンピックを返上することもできず、

さりとて観客動員が絶望視される中、針の筵に座らされているような状態。

因果応報とはよく言ったものだ。

nice!(0)  コメント(0) 

「馬鹿は死ななきゃ治らない」17.12.07 [国際問題]

とうとうやっちまったよトランプが、

いくら娘婿のクシュナーがユダヤ教徒であったにしても、

これほど火に油を注ぐことはないだろう。

やはり政治しらずの不動産屋でしかなかった。

古来あの地はユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地として争い続けた土地だ。

いわば紛争の源ともなる土地。

歴代のアメリカ大統領もあそこにだけは手を付けなかった。

それを選挙公約だからと首都に決めてしまった。

アメリカ大使館もそちらに移すという。

*いまアメリカには660万人ぐらいのユダヤ人がいる。

しかしアメリカの持つ資産資金のほとんどを握っている。

いわばユダヤの金持ちに乗っ取られてしまっているような状態だ。

トランプはそれらに阿ねたのだろう。

そして当のネタニヤフ首相にとっては願ってもないことだ。

それがどれほど紛争を強めるか、政治家ならばわからないことはないはず。

でも無知なトランプはそれを決定してしまった。

世界の平和を願っているのか、争いごとを大きくすることをあおっているのか。

北朝鮮問題どころではないぞ。

中東のイスラム教徒をすべて敵に回してしまったようなもの。

そこへ行くと北朝鮮の問題など些細なことにしか見えない。

今や北朝鮮のデブ追い詰められて息の根を止められようとしているが、

世界中にキリスト教徒も、ユダヤ教徒も、イスラム教徒も散らばっている。

それらのすべてがあのエルサレムを聖地として争っている。

しかし今イスラエルにすむユダヤ人は本来のユダヤ人ではない。

中央アジアで発生した偽ユダヤ、ハザール、アシュケナージユダヤだ。

アシュケナージとはドイツ矢田屋の事である。

彼らがドイツに入り込んで以来ドイツ経済を握ってしまった。

ヒットラーはそれに起こった。ユダヤを根絶やしにしなければドイツはそれらに乗っ取られてしまう。

それらば二千年前に追い出された中東のあの地に返り咲いた。

政治的にもイギリス、フランスに大いに利用された。

そして強引に1948年あの地にイスラエルを作ってしまった。

それらはそれまで住んでいたパレスチナ人とはねのけて強引にイスラエルを建設した。

だから年゛深いのだ。

トランプがそれをどれほど知っているのか定かではないが。

たまたま支部化の娘婿がユダヤ教徒であったため、そこまでやることはないではないか。

やはり阿呆な不動産屋のすることだ。

nice!(0)  コメント(0) 

「江戸の仇は長崎で」17.12.06 [巷の話]

江戸の仇は長崎で、とはこの国の話だが、

国際社会ではロシアがその対象になっている。

あのトランプを大統領に据えたのもロシアのプーチン、

アメリカは今それで大揉めに揉めている。

政治的にやられたのならオリンピックで仇を取ってやれとばかり。

尤もドーピング検査をクリアーした選手は個人としての資格で出場できるのだが、

しかしいくら優勝してもロシア国旗は掲げられない。

それにしてもなぜスポーツの場で迄これほど争いごとを持ち込まなければならないのだろうか。

ノー天気に戦争反対、平和平和と叫んでいるわが国民の平和ボケ、

ここまでくれば最早手の付けようがない。

アメリカにあのトランプが大統領に成って以来、

世界との共通認識ははぐらかされ、アメリカンファーストばかりを叫びまわる。

どの国だって自国が第一なのだ。

日本だって内心はそう思っている。

だが実力がそろわねばいくら叫んでも難しい。

この度のロシアへの面当て、政治の仇をスポーツで取ろうというもの。

世界中で物事を騒がせているのはプーチンにトランプそして金正恩にシリアのアサドだ。

どれも百害あって一利なしの人物。

よくぞ暗殺の手が回らないこと、

尤も北朝鮮の金正恩にはすでに斬首作戦が追行されているが、

アサドはプーチンに守られてその身は安全を保障されている。

一方トランプはあれほど暗殺の蔓延しているアメリカでよくも生き延びていること。

むしろそれが不思議で仕方がない。

ケネディが暗殺されたころのアメリカとは全然別の国になったのかもしれない。

尤あれほど国際社会に仇している北朝鮮をいまだに生き延びさせていること自身が不思議でしょうがないのだが、

アメリカがその気になれば30分もあれば毛決着がつく。

なぜ北朝鮮を生き延びさせているのか。

厳重包囲してあれほどのパホーマンスを見せるだけでどれほど経済損失をしているか、

まぁ我々には理解しかねるところだが、今回のロシアの国家としてのオリンピック排除、

スポーツとは本来政治の道具ではなかったはず、

それにしても平昌冬季オリンピックはまともに開かれるのか、

ムン・ジェインが北朝鮮を引き込みたくてうずうずしている。

北の補完するオリンピックになど誰が参加するか、

この国では「行くぜ平昌」なんて叫んでいるが、

あんな北朝鮮の匂いのするオリンピックになど行くものか、

「行くな平昌」と叫びたい。

世界は政治でもめなかったらスポーツまでもめごとの対象にする。

世の中がもめればもめるほどもうけが転がってくる一団がいるのだ。

火のないところにも火をつける魔術師、

とうとう平和の祭典であるべきオリンピックもその対象にしてしまった。

その中でも別格の平和を謳歌しているこの日本。

一歩間違えばその混乱の渦中に巻き込まれそうなのだが、

政治家は相見変わらず重箱の隅のつつきあいに火花をつらしている。

すでに何十年も平和のお湯にどっぷりつかってしまっている日本。

でもこの国を取り巻く国々の攻勢、

いみじくもチャーチルが言った箴言、我が国を取り巻くすべての国々は仮想敵国である。

との言葉を忘れないように、、、

nice!(0)  コメント(0) 

「11月雑感、、」17.12.01 [巷の話]

 何はともあれ11月は終った。

近年これほどいやな事件があった月はない。

国内ではあの日馬富士の暴力事件。

しかしあれが暴力事件といえるのだろうか。モンゴル力士同士の懇親会。

貴ノ岩関の生意気さが日馬富士に制裁を受けた。

日ごろあれほどぶつかりげいこをしている力士たち。普通の人間とは違う。

少々殴打された程度ではあれほどのけがはしない。

いかにも大げさに何張りも何張りもホッチキスで止められた傷口。

見てくれと言わんばかり。

ことを大きくしたのはあのカルトでキッポな貴乃花親方だ。

相撲協会に相談することなく鳥取県警に訴えた。

これでこの事件刑事事件として調べざるを得なくなり、

火に油を注いだような状態になってしまった。

大勢いるモンゴル力士の中でも日馬富士は特別日本文化に理解を示し、

得た収入の中から何台も何台も救急車を各地の病院に寄贈している。

そんな力士がほかにいるだろうか。

モンゴル力士のほとんどが日本の土俵の上にはお金が転がっていると、

日本の土俵を目指して来日している。

そんな中あの日馬富士事件は起きた。

いや貴ノ花親方によって引き起こされたといってもよい。

かくてまだまだ何年か相撲を取れる日馬富士は引退せざるを得なくなった。

悪いことに彼はまだ日本国籍を取っていなかったという。

これではお相撲部屋の親方にはなれない。

気の毒としか言いようのない事件である。

しかしこれもすでに決着がついている。

もうあれこれ言うのはよそう。

しかしもう一つの問題は我々の生命を脅かす事件。

言わずと知れた北朝鮮の暴走である。

国民は食うや食わずでその辺の草を食って息をつないでいる。

国際法も国連の注意勧告もない。

日本海の大和堆と栖言われる豊かな漁場をめがけて漁に出てくる。

そしてついには燃料を使い果たし、日本海を漂流し、日本の領土に流れ着いている。

すでに白骨化するほどの死骸を積んで次々と流れ着いている。

彼らにも親兄弟がいるだろう。

この事実を知れば涙が流れてしようがない。

しかしかの間にでは国民の命なんて波切れより軽い存在でしかない。

にもかかわらずあのデブは核兵器開発とミサイルに血道をあげ、

とうとうアメリカまで届くミサイルを完成させてしまった。

しかしアメリカは慌てない。

もし一発でも打てば待ってましたとコテンパンに攻撃を開始するだろう。

三十分もあれば決着はつく。

アメリカの持てる兵器の性能と圧倒的な物量。

何も北朝鮮領内に入ることはない。

国境線の内側から徹底的な爆弾を降り注がせる。

B1B爆撃機の性能。比べて北朝鮮が持つ武器の性能。

ソウルが危ないとか何十万人が死ぬとか大げさに騒いでいるが、

もしアメリカに手でも出したら一巻の終わり、金正恩も無事ではいられないだろう。

それに引き比べこの国の政治家の無神経なこと。

のど元に短刀を突き付けられている状態なのに、

いまだ憲法がどうの核武装することは許さないとか、

あんたたち本当に政治家なのか、と問いただしたい。

いずれにしてもアメリカは攻撃できなくとも日本を潰してしまうことなど彼らにとって朝飯前のー仕事だ。

日本の皆様よよくもこれで枕を高くして眠れること。

平和ボケは死ななきゃ治らないのか。

こんな政治家を選んでいる皆様方の責任だ。

南無阿弥陀仏、何妙法蓮華経。南大師遍照金剛、、、

nice!(1)  コメント(0) 

「横綱審議委員会とは何をするところか」17.11.28 [巷の話]

 やっと相撲の九州場所も終わって、横砂審議委員会の記者会見が開かれた。

しかし何一つ真実に迫る発言はなく、ふにゃふにぉああだこうだと言い訳を並べて、

わけの帆からないことを言って、お茶を濁してしまった。

これが日本の国技を擁護し横綱の権威を守る審議会の委員長の言葉か、

と最後には怒りを覚えるような無責任な会見であった。

事の本質責任論については無全く語らず、何が委員長だ。

横審の委員は15人いる。

その内メディア出身者は9人、学者3人、小説家1名、その他2人で構成されている。

小説家を一人入れていることに何となく世間の空気が流れているような気がする。

歴代の委員長には政治家で首相候補ともいわれた石井光二郎がいたり、

読売新聞社の御大渡辺恒雄氏が務めていたこともある。

それに引き換え今の委員長、今年委員長になったばかりらしいが、

なんでも毎日新聞の出身の様で、少し思想的背景が気にかかる。

横審の仕事は相撲に対する気迫、次に地位に対する責任感、

社会に対する責任感、常識ある生活態度、そして最後は品格を問われる。

果たしてそれのどれにも合格する横綱が何人いるだろうか、

白鳳は強い、40回も優勝を笠ね強さにおいては文句のつけようがない、

しかし彼のこの間の立ち合いへの不満、

行事の軍配が返っているにもかかわらず、自分が負けると傲然とその行司の判断に抗議の姿勢を取った。

決して品格ある横綱とは思えない。

そして今回の日馬富士暴行問題。

ことはモンゴル出身力士の同好会のようなものだった。

どんちゃんやっている最中に貴ノ岩が日馬富士の注意を聞かず携帯電話をいじくり、注意を無視したらしい。

そこで日馬富士は怒り、俺を馬鹿にするのかと鉄拳制裁を行った。

何十発かは殴ったらしい。

しかし白鳳も他の力士も証言しているごとく、ビール瓶では殴っていないことが証明されている。

問題は貴ノ岩の師匠貴乃花だ。

このキッポでカルト宗教に凝った元横綱。

少々性格が変わっている。

自分が属している相撲協会を批判してみたり、その協会に相談することなく警察に訴えた。

ことは刑事事件になってしまった。

これで燃え盛る火に油を注いだような状態になった。

もう収集が付かない。それからメディアの質問に一切答えず頬かむりしたままだ。

それでも殴られた後の巡業には貴ノ岩は土俵に上がって相撲を取っている。

これがづがてぃ骨折といえるのか、我々の常識では理解できない。

ことは日馬富士の問題ではなく貴乃花の問題になってしまった。

現理事長の八角親方も頭を抱えている。

この程度の殴打事件で刑事事件にされた日馬富士は晴天の屁句歴だろう。

そしてそれの判断をつける横審はまったく要領を得ない。

ふにゃふにゃ言い逃ればかりしている。

まったく今の国会と同じ枝は葉末梢の言葉尻をとらえ、国家感などまったくない。

横審も全く同じ、大局観などこの国にはなくなってしまったのだ。

ただ銭儲けだけすればよい、国家の基本的守りも忘れて金をばらまいて国を守っている。

戦後70有余年、この国は本当に腐ってしまった。

この民主主義、このポピュリズム、国技である横綱審議委五回まで蝕んでしまった。

nice!(0)  コメント(0) 

「日本の国技を馬鹿にするのか ! ! !」17.11.23 [民族 文化]

今日は黙っておこうと想っていた。

だがあの日本の大相撲を馬鹿にしたような白鳳の態度を見るとだまってはいられになかった。

]]昨日の白鳳の態度はなにか、日本の国技大相撲を冒涜しているのか。

何百年も続く日本の国技、深い伝統に基づき神聖なる競技として国民に定着していた。

いや国民はこの大相撲を日本人の誇りとして深く愛してきた。

すべてが形式に乗り、粛々と行われる競技。

行事の軍配が返り勝負が始まり、白鳳が一方的に押し出された。

文句のつけようのない勝敗の決定。

それにあれは立ち合いが成立していないとの白鳳の抗議、

もし白鳳が勝っていたらこんな抗議をしただろうか。

先場所の初日であったか二日目であったか定かではないが、

明らかに横綱日馬富士が立ち遅れて負けてしまった。

しかし日馬富士は抗議せず粛然とその結果を受け入れ敗戦を認めた。

それに比べ今回の白鳳の態度、モンゴル力士も色々いるが、

最低の人間性を表せたものとして日本全体の非難を浴びたことだろう。

そうでなくとも今場所はかの日馬富士の暴行問題でモンゴル力士への非難が高まっている中、

これでは火に油を注ぐような結果になってしまうではないか。

そうでなくともマスコミはこれは大きな儲けの材料となるとして連日報道をしまくっている。

もういい加減にしてくれと言いたいが次の話題が、

出てくるまではこれで息をつなごうとああでもないこうでもないと連日報道している。

それにしてもモンゴル力士にもいろいろある。

その中では日馬富士は好感の持てる力士として人気も高い。

特に大型化力士時代の昨今。

あの体で横綱を張ってゆくにはよほど心が強くなければならないだろう。

来日以来「安馬」というしこ名で戦っていたが日馬富士を名乗り大いに人気を高めた。

そこに今回の事件だ。

あの気性の強さから見れば鉄拳制裁の一つや二つ出ても不思議ではない。

不思議なことに頭の骨を骨折したという貴ノ岩がその後の巡業に参加しているのだ。

これを見ても事件にするほどの問題ではない。

むしろ報告を聞いた貴乃花親方が鳥取県警に告訴したことだ。

あのカルト宗教に凝り、人が変わってしまったような貴乃花親方。

問題はこの親方の行動だろう。

相撲協会にも相談せず、黙って告訴をした。

順序が違うだろうと言いたいが、このキッポにはわからない、

そもそもモンゴル人同士の懇親会での出来事、

彼らの民族性からしてもこの程度のことは当たり前のこと。

そして今回の白鳳の態度、一気にモンゴル人力士たちへのブーイングは起こるだろう。

一時ハワイからも大勢大相撲にきていたが、

彼らは日本のしきたりを守り大いに大相撲を沸かせた。

決してモンゴル人力士の様に金もうけだけに来るような失礼な態度ではなかった。

世界に開かれた大相撲の窓口、そうでなくとも日本の土俵の上にはお金が転がっていると大いに参加してくるだろう。

しかし相撲は日本人の心の伝統だ。

いくら強くても心が入っていなければ日本の国技ではない。

日本人を馬鹿にするな。

神聖なる大相撲を馬鹿にするな。! ! !


nice!(1)  コメント(0) 

「無題」17.11.22+ [日記]

物事には起承転結が通っていんければならない。

だが支離滅裂な行動を恥じない国もある。

その典型がアメリカ、ここにきてまたしても北朝鮮をテロ支援国家に再指定した。

あったりまえだろう、そもそもあの国をテロ支援国家から外した方が大間違いだったのだ。

ブッシュ、ジュニアの時あの国をそれから外してしまった。

なんの理由があって外したのか、少しでも核開発をやめる兆候でもあったのか。

そして日本人の拉致問題を解決する兆しでもあったのか。

兎に角いい加減な国であるアメリカとは、、、

あれほど二進も三進もいかなくなってやっとテロ支援国家に再指定する。

それもあのでたらめ大統領トランプが再指定した。

これまた大統領が変われば再指定を取り消すかもしれない。

どれほどアメリカが頼りにならない国か、日本人は肝に銘じておくべきだ。

しかし裏側では何とか北朝鮮と話し合いができないか懸命に探している。

何回騙されればきがすむのか、金日成以来騙され続けているではないか、

そのたびに多大な土産を進呈する。

勿論ただ食いされてそのまま。

だがわずかGDP250億ドル程度の国、アメリカの何千分の一か、それが厚かましくもアメリカと対等なはなしをしたいと胸を張る。

本気で話をするレベルではないだろう。

それをどうだこのところの日本の報道。

大真面目に北朝鮮の能力をアメリカと比較して騒ぎ立てる。

マスコミの商売の道具にされ、事の本質は最後はうやむや。

これだけ発達したマスコミ各社。

何かを話題にして飯のタネにしなければならない。

庶民こそいい面の皮、出てくるのが毎度おなじみのコメンテーターばかり、

またかとすぐテレビのスイッチを切る。

それにしても今更どんな話し合いも通じない国。

地球上に存在させてはならない国。

強制的に排除するしか方法はない。

まだアフリカのジンバブエのムガベ大統領の方が可愛らしく思えてくる。

がおっとどっこい、これも中国が裏で糸を引いているという。

まぁ中国は一党独裁を維持するために何でもする。

スーダンのジャンジャウィードも裏で中国が武器を提供してあおっている。

だがこの日本国際社会の動きなど全然関係のないように国内では些細なことに大騒ぎをする。

かほど日本人はあの劣悪マスコミに踊らされている。

お幸せな国だ。だが一歩間違えば地獄の淵をのぞかせている。

知らないのは庶民ばかり。その庶民に政治を預ける。

これでまともな政治ができるはずはない。

お幸せな国だよこの国は。

その平和ボケの陰で商売だけは繁盛している。

今や世界の債券国家、金貸しばかりが大繁盛。

一時エコノミックアニマルと言われたほどの商売上手。

尤も馬鹿憲法のおかげでまともに自己主張できない国。

どんな理不尽があってもお金をばらまいて身を守る。

もうこの国は遅いんだよ、何を騒いでもすぐ反日野党につぶされる。

国民も今やその野党にすっかり洗脳され、

国家のすることに反対さえしておけば自分が文化人になったように勘違いする。

いずれにしてもこの国はこの民主主義で滅びる。


nice!(0)  コメント(0) 

「いやはや世の中はぐちゃぐちゃ」17.11.17 [巷の話]

なにー平昌オリンピックからロシアが排除されそうなんだって、

例のドーピング問題を根拠に、ロシアは政治報復だと怒り狂っている。

なんだかわけのわからない時代になってしまった。

一人悦に入っているのはアメリカのトランプだけ。

実はロシアやアメリカだけではないんだ。

この日本もしっちゃかめっちゃかになりつつある。

とうとう小池さんはつぶされてしまったし、相撲の日馬富士もつぶされてしまいそうだ。

モンゴル人同士の宴会で大暴れし、ビール瓶で後輩の頭を殴ったというのだ。

普通の人間だったら瀕死の重傷を負っているかもしれない。

普通人じゃなくとも横頭をそんなもので殴られれば瀕死の重傷だろう。

しかし不思議なことにそのあとの巡業に参加して相撲を取っているのだ。

そして何日後になって警察に告訴されたらしい。

その告訴主がかの貴乃花親方だというのだ。

あのカルト宗教に凝り、人物が変わってしまったのかか、と疑われるほどやせこけていた親方。

わが弟子が暴行受けたとして相撲協会にも相談せず告訴を行った。

それもわざわざ九州から引き返してきて。

この奇人のすることはわからない。

おそらく件の日馬富士はこれで不名誉除隊にならざるを得ないのではないか。

惜しい相撲取りである。

まだまだ二年や三年は相撲の取れる体力。

彼が来日して以来安馬のしこ名で研鑽しついに横綱にまで上り詰めた努力家。

あの体格で他の横綱からは一段と小柄な横綱、

それにも負けず何回かの優勝を飾る努力家。

あの小さな体で立ち向かうにはスバ抜けた気力を必要としていただろう。

惜しい相撲取りになってしまった同じモンゴル出身で悪名高かった朝青龍、

彼決して大きな体ではなかったが、巷での悪行で不名誉除隊。

でも悪役に徹することでどこか愛嬌があった。

今回の日馬富士の事件は不可解なことが多すぎる。

もはや穏便に済まされる時期は越えてしまったが、

カルト貴乃花のキッポと一概な性格がこれほど事件を大きくした遠因ではなかったのか。

そしてもう一方の小池百合子さん。

寄ってたかってマスコミのネガティブ、キャンペーンにつぶされた。

やっと現れたと思われた希望の星をかき消されてしまった。

どちらも残念な事件として心から悔やんでいる。

ロシアの平昌五輪締め出しもあまりにも政治的すぎる。

むおそらくアメリカの報復だろう。

勿論トランプのあずかり知らぬところで、いやはや世界はどうなることか、

下手をするとロシアが軍事行動をちらつかせるかもしれない。

それほどロシアは怒っているだろう。

最早日本の出番は何処にもない。

せめて国内の治安だけは確保しておいてほしい。

nice!(1)  コメント(0) 

「世界には鯨を食う大きな恐竜がいる」17.11.10 [噂話]

いよいよ北朝鮮が追い詰められている。

だがとんなドンデン返しがあるか、アメリカは細心の注意を払っている。

今や北朝鮮の後ろにはロシアが手をこまねいている。

このままむざむざとアメリカに手を出させることはない。

必ず妨害の手を出してくることは必至だ。

アメリカとしても空母三隻も配備してただ包囲だけをしているほど無駄なことはない。

さりとてうっかり手を出せばどんな火傷を負うかもわからない。

かのアメリカ大統領選では大成功したが、アメリカはトランプだけで回っているのではない。

トランプがゴーをかけようとしても周りがストップをかける。

かくてあれほど戦力差がありながら武力行使には踏み込めない。

日本はただおろおろするばかり、アメリカを頼るしか方法はない。

しかし最後は力でつぶす以外方法はないのではないか。

ただ彼らが手をこまねいているのはたとえ北朝鮮を潰しても何も得るものはないからだ。

逆にそのあと援助しなければならなくなるかもしれない。

アメリカは昔から打算的だ。

北朝鮮にもし石油でも出ると分かればとっくに踏みつぶしているだろう。

日本には昔から武士道という正義感があった。

それに長い歴史を持ち正論でぐいぐい押してくるところがあった。

アメリカはかの日露戦争で日本が勝つことはないと思っていた。

が豈はからんやや東洋の小国日本が勝ってしまった。

このまま放置すれば白人国家に対して大きな禍根を残すことになる。

慌ててあのオレンジ計画を策定した。

日本をどうしてつぶすか、彼らはあらゆる方策を用いて日本つぶしにかかった。

尤も日本が国際社会に顔を出したのも彼らによる大掛かりな策謀によるものだったが、

彼らには千年以上前から世界征服の野望があった。

今や耳にすることはなくなっているが、かのフリーメーソンという謎の秘密結社を用いて世界を征服しようとしていた。

長く国を閉じて繁栄を謳歌している日本をどうしても国際社会に引きずり出さなければならない。

明治維新は彼らの深慮遠謀によるものといっても過言ではない。

何も日本が自ら国を開いて近代化しようとしたものではない。

ペリー来航はその手始めに過ぎない。

そして若くして無残な最期を遂げた坂本龍馬、彼らはこの新しもの好きの若者を担いだ。

坂本龍馬が格別大きな策略と知恵を持っていたものではない。

なぜあれほど急速に坂本龍馬が台頭してきたのか、その裏には彼らの大きな策略があったからだ。

そしていまだにその犯人が特定されない。

なぜあれほどの若者が鉄砲何千丁も簡単に調達できたのか。

彼らは徹底的に竜馬を利用した。

そして最後はゴミくずのように暗殺してしまった。

竜馬は彼らに利用されたのだ。

今は鳴りを潜めているがフリーメーソン、彼らは世界を支配しようとしていた。

最近ではユダ金が取って代わっているが、決してフリーメーソンが消えたわけではない。

日本は今やアメリカにぐうの音も出ないほど支配されてしまっている。

もし少しでも独立の気配でもあれば決定的につぶされてしまう。

ついこの間も愛国心に燃え正論をはく小池百合子がつぶされてしまった。

現在64歳の彼女には時間がない。まず国会議員という身分を手にしなければならない。

それから党を再生させなければならない。

そんな時間があるだろうか。

日本のマスコミは寄ってたかって彼女の根がキャンペーンを張って引きずりおろしてしまった。

その裏で糸を引いているのはだれか、勿論安倍晋三などの力ではない。

かくのごとくこの国の台頭は彼らにとって最大の障害だ。

彼らは世界をにらんでいる。

トランプなんて物の数ではない。

アメリカもこのままトランプを担ぐほど馬鹿ではない。

さりとて対等激しい中国が世界をリードすることはない。

いまだ自前のジェットエンジンも作れず、ガスタービンエンジンも作れず、

まともな空母もできない国に何ができるか。

確かに宇宙には手を出しているが、所詮アメリカを超えるほどの能力は発揮することはない。

世界を操っている謎の秘密結社は消えていない。

世界には鯨を食うもっと大きな恐竜がいる。

日本がどんなにあがいても世界に台頭することはない。

それどころか少しでも自己主張すれば寄ってたかって踏みつぶされてしまう。

nice!(1)  コメント(0) 

「表裏者文文寅に注意せよ」17.11.09 [巷の話]

しばらくお休みしていたが決して体調が悪いのでも気分が悪いのでもない。

ただあまりにも何を書いても空しいからだ。

トランプのアジア興行は盛んだかが、

とりわけ韓国に於いての待遇はあまりにも大国の大統領を遇するには違和感がありすぎだった。

しかしそれが今の韓国の程度でありむしろ同情すべき状態なのだ。

何だあの従軍慰安婦の登場、そしてトランプに抱き着こうとする。

トランプはやむなく手を差し伸べるが、心の中では辟易していてただろう。

あの国との約束とか信義というものは全くない。

アメリカが盛んに日米韓の結束を促すが、今や韓国はこの国の正面の敵となりつつある。

あの10億円も出して不可逆的に日韓間の問題は解決されたという約束はいったいどこに行ったのか、

確かに前朴他政党両時代の約束ではあったが、

国際間ではどれほど責任者が変わろうとも国と国が交わした約束事は無条件に踏襲されるとい
う決まりごとがある。

昨日の韓国の態度はその物でもない。

今更日本と朝鮮半島の歴史を振り返っても致し方ないが、

韓国も北朝鮮も自分たちでは国を統治できない未成熟な国家なのだ。

むしろ韓国などより北朝鮮の方が場合によってはダイナミックに買われる可能性がある。

勿論あのデブを排除しなければならないが、

シリアのアサドと金正恩は地球上に存在してはならない人物だ。

仮に彼らを排除できるならば地球上の治安は大いに変わるだろう。

ついこの間までISに手を焼いていたが、どうやらそれも一段落ついたようだ。

そして今や北朝鮮が世界の一番の脅威。

これを取り除かなければ日本の平和もないし世界の平和もない。

アメリカは打算的だ、いつでも自国の国益を優先する。

北朝鮮の暴発に戦々恐々としている日本国民のことなどほとんど頭の中にない。

口ではいかにも日本を庇うように演出するが、トランプの頭には日本も韓国もない。

あるのは中国の事だけだ。

中国にはまだアメリカの強大な軍事力は聞いている。

北朝鮮の様にロシアの後ろ盾を必要としない。

かくて刺しで渡り合える。

今や中国の新皇帝となった習近平はその権力を振り回してアメリカと交渉に入ろうとする。

しかしもともと中国を今の様に育てたのはアメリカのユダ金だ。

安価で豊富な労働力に目をつけ、莫大な投資をしこんな恐竜に育ててしまった。

日本もそのアメリカに従って盛んに投資をしたが、

こんな姿になって跳ね返ってくるなど夢にも思わなかった。

そして韓国、国内は名だたる財閥に支配されてしまい、

公正な競争などできない国になってしまっていた。

そこに絶え間ざる北朝鮮奈良のスパイの流入、

世論をすっかり引き回され北朝鮮化されてしまった。

そして挙句の果てには一度失敗した廬武鉉政権の再来だ。

その廬武鉉の腹心中の腹心、ムンジェインが政権を取ってしまった。

そして親北政権はただひたすら北朝鮮化に励んでいる。

しかし国内にあれほどの米軍を抱えていては背くわけにもいかず、

口と腹では全然違うことを言わなければならない。

そのはけ口を日本に求めている。

まぁこれ程ウンダラカン政権も珍しいだろう。

平昌オリンピックを北と共同開催したいといってみたり、

今にも北朝鮮に身売りしかねない表裏者である。

心せよ日本人今や韓国はこの国の正面の敵である。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る