So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「この悪質な政治家共にこの国は潰される」18.05.16 [巷の話]

まぁトランプが大統領でいる限り何を言っても無駄だろう。

トラブルメーカーだ。

あんな無知で厚かましい男、歴代の大統領がそれにだけは手を付けなかった、イスラエルのエルサレムに首都を移転させた。

結果は明々白々パレスチナ人が命懸けで抵抗してくることは目に見えていた。

それをあえてやる、以下にトランプがユダヤよりであるか、というよりユダやそのものである。

尤今やアメリカはユダヤに乗っ取られてしまっているが。

アメリカというよりイスラエルヤそのものだろう。

アメリカ国民の内ユダヤ人はざっと700万人足らず、

その中の一部いや0.01パーセントの金持ちがアメリカを乗っ取ってしまっている。

トランプの娘婿クシュナーはユダヤ教徒。

今回のエルサレムへの首都移転、長年ユダヤ教徒の夢であり願望だった。

だが歴代の大統領はだれも手を付けなかった。

つければハチの巣をつついたような大騒ぎになり命懸けで抵抗してくることは目に見えていた。

実はトランプは焦っている。

次の大統領に再選されるべくあらゆる手段を使っている。

そしてアメリカを乗っ取ったユダ金たちはその金に任せてあらゆる資産を買い占めてしまった。

その中でも政治を買い占める、

政治献金の上限を取り外してしまい、政治そのものを買い占めてしまった。

もはやどうにもならぬ、

続いて世界を金で買いつくしてしまおうと総力を挙げている。

一番手怖いロシアをも買い占めようとしている。

ロシアのプーチンも悪いが、自国を守るにはこのユダヤたちの攻撃から自国を守らなくてはならない。

今回のアメリカ大統領戦におけるロシアの画策、

トランプのような無知な男を選ばせるため全力を尽くした。

でもこれほどうまくゆくとは考えてもいなかった。

インターネットの時代を逆手に取り、ロシアで乱痴気ハーティをやらかしたトランプを選ばせてしまった。

トランプは全く政治のことなどわからぬ男。

そして我が人気取りのため一部の無知な反人たちをおだてて支持層を固めてしまった。

それがトランプのコアと呼ばれる支持者たちだ。

トランプが再選されるようではアメリカは崩壊してしまう。

でもトランプは目先の人気取りのためなんでもする。

世界中の鼻つまみ者といわれる北朝鮮のあのデブを相手に国家存続の話し合いをしようとしている。

デブも自らの命を狙われ医はじっとしているわけにはいかない。

そっそく中国に逃げ込んで保険をかけている。

中国にあれほど盾突いていたものがあっという間に命の保身に回った。

決して馬鹿ではない、

それどころかアメリカ相手にあれだけの大芝居を打つ、全く見上げたものだ。

それに引き比べこの国のだらしのないこと、

この国が今どれほど危険な位置に立たされているか、

わが国会は相も変らず重箱の隅ののつつきあい合戦、

全くこの悪質な政治家どもによってこの国は滅ぼされる。

nice!(0)  コメント(0) 

腰抜け国家世界を漂う18.05.07 [政治]

 北朝鮮のあのデブが日本との交渉は一億年たっても無理とぬかしゃあがった・

ということはすでに拉致されている人々はかなり年取って返せる人間がいなくなっているのではないか、

しかし「めぐみ」さんなどは若いまだまだ若い本気で返す気があるなら生きている人々だけでも返してくれ。

この世界最凶な民族、日本が一体何をしたというのか、自国の歴史を振り返ってみろ。

18世紀の後半、あの大院君と悶姫の醜い争いどちらも中国に頼り、

ロシアを引き込み、日本にすがった。

まったくどうにもならない国家だった。

尤国家の主権を中国に売り渡し、国としての形はなくなっていた。

その朝鮮がこの国に向かって一億年は話したくないとぬかした。

そして今や南と北が手を結んでこの国に迫ろうとしている。

そして南のムン・ジェインは北様様だ。どう考えても日本の出番はない。

あの拉致事件もすでに何十年、もはや解決の道はなくなったといってもよい。

拉致家族の「めぐみさんの兄弟が藁にも縋る思い出アメリカに手を貸してくれるよう嘆願に行っているが、

トランプは気まぐれ、拉致の話を口にはスルガそれは自らの得点を上げたいだけ。

あてにする方が無理。

それにしても情けない国になってしまったものだ。

すべてこの民主主義、

アメリカから押し付けられた民主主義によって政治は劣化の一途をたどり、かくもも情けない国家になってしまった。

もはや鼓膜を取り戻すにはクーデターでも起こして、あのへっぼこ議員を一掃し、

新しく指導者を選ぶしか方法はない。国民を目を覚ませといってもこれほど空しいことはない。

勇気ある国民はいないのか、

今こそあの三島由紀男が必要な時だ。

このままでは世界から放置され、波間を漂う木の葉国家になりかねない。

この国の意思はいったいどこにあるのか。

兎に角政治家を一掃して選びなおすしかない。

勿論すべての議員が悪いというのではない。

中にはまともな議員もいるが、あの国家反逆罪のような議員をたたき出さねばこの国の将来はない。

nice!(0)  コメント(0) 

「国民庶民とはそんなものだ18」.05.04 [巷の話]

なにートランプにノーベル平和賞をやれだって、
るか

あの阿呆にどこからそんな発想が出てくね、国民もこれほど馬鹿とは改めてアメリカの程度がわかろうというもの。

そんな阿呆が大統領を務める。

そして世界中を混乱に陥れている。

開いた口が塞がらない。

それにしてもアメリカとはいったいどういう国なのか。

日本も迷惑している。

日米安保条約なんて今や紙ぺらよりも信頼は薄い。

アメリカンファーストを馬鹿の一つ覚えの様に喚きまわり、

他国の事情になど一切お構いなし、世界の最強国であり世界の平和を握っている国。

それがあのトランプによって突然崩れたのだ。

どれほど贔屓眼に見てももはやアメリカに何の信頼も置けない。

評論家がわかったようなことを言うが、評論家たちの頭を疑ってならない。

なぜあのトランプが出てきたのか、ロシアに行き乱痴気パーティを行い。

それをプーチンは一部始終見ていた。

よし、この男を大統領に担げばアメリカは自由に操作できるぞ、とあらゆる工作をした。

今やインターネット時代そのネットにあらゆる情報を流し、根限りの操作をした。

お陰でトランプが通ってしまった。

ロシアが世界中でどれほど悪行を働いているか、

何といってもシリアのアサドへのテコ入れ、

それまで中東で一番頼りにしていたリビアのカダフィ大佐が無残にも撃ち殺されてしまった。

そのため中東の橋頭保をシリアに定めた。

あの理不尽、自国民を45万人も撃ち殺すような大統領、それをロシアは擁護しているのだ。

あんな人殺しを庇うなんて、人類の敵に等しい。

でもロシアは必死なのだ。

ロシアを潰したいと思っているアメリカに巣食うユダ金、

これに対抗するにはこれしか方法はない。

今や昔の様に核兵器の数は減ったが、その替り性能は何倍も伸びている。

新たな核戦争への危機だ。

北朝鮮のデブはすでになんじっぱつもの核兵器を持っている。

ただアメリカにまで届くかどうか疑わしいが、日本を攻めるくらい朝飯前、

のど元に短刀を突き付けられた状態の日本。

だが国民は平和にぼけて踊り狂っている。

景気さえよければよいのか、一歩間違えば地獄は目の前にあるのだ。

バカ騒ぎするアメリカなんか放っておけ、問題はこの国だ。

戦後最大の危機に瀕している。

nice!(1)  コメント(0) 

「左翼に騙された国民にも困ったものだ」05.04 [日記]

まったく平和ボケ国民には困ったものだ。

昨日は憲法記念日だった。

そしてそれのよろんちょうさでは改憲すべきでないという世論が改憲すべきという世論を10パーセント以上も上回ったという。

この国が今どれほどあの憲法によって危機に瀕しているか、全くわかっていない。

一体あの憲法が誰から押し付けられたものだと思っている。

アメリカそが二度とこの国をたち上がらせないために強引に押し付けて行った憲法だ。

まさかあの憲法を押し付けて云ったマッカーサーもいまだに改憲をしていないなど想像もしていないだろう。

同じ敗戦国のドイツではすでに53回以上も改憲している。

そして今この国を取り巻く状況、全く周りは敵だらけだ。

朝鮮半島は南北が一体となってこの国を攻め落とそうとしている。

中国は海洋の浅瀬を埋め立て軍事基地を作り、ロシアはいまだに北方四島を返そうとはしない。

まさに東洋のイスラエル、司法を敵に囲まれている。

好調なのは経済だけ、その儲けた金を振りまいて自国の安全を守っている。

日本人の誇りも文化もない、ただ偽の平和を謳歌している。

戦後七十有余年泉下がこの国を襲わなかったが、それはあの憲法があったからではない。

世界三竦みでその微妙なバランスに救われているだけ。

護憲論者はこの平和を利用していつ壊れるかもわからないようなガラス細工の平和にしがみ付いている。

政治の「せ」の字もわからない庶民も専門家も一票は一票。

この悪平等の上に政治は成り立っている。

どこの国に自国に反対する政治家が許される国があるだろうか。

ものには限度がある。

自国に反対するような議員は即刻この国から出て行ってほしい。

普通の国なら国家反逆罪だ。

世界中どの国も自国合っての政治、これほど平和ボケした国民は見たことがない。

nice!(1)  コメント(0) 

「南北朝鮮が手を組んでこの国を攻めてくる」18.05.02 [政治]

いずれにしてもあのトランプが大統領でいる限りは世界は混乱する。

それを承知で彼を担いだプーチンの罪は重い。

まさか次の選挙で再選するとは思えないが、そうすればあと3年足らずの辛抱だ。

それよりこの日本、南北朝鮮が手を結ぶということになれば彼らは結束してこの日本を攻撃してくる。

朝鮮贔屓の庶民の方々、その現実に眼を覚まさなければならなくなる。

なんてったって長年の宿敵、と彼らはそう思っている。

日本に勝ちたい、日本を潰したいとの思いは世界で一番だろう。

アメリカは日本に二度と立ち上がってほしくない。

ロシアは不凍港を求めて南下をやめないだろう。

世界はそれぞれが生存競争をしている。

一瞬でも隙を見せればすぐ襲い掛かってくる。

日本でもわかっている人には分かっている人には分かっているのだ。

だが圧倒的庶民には全然何のことやらわかっていない。

そんな庶民も偉い政治学者の方も一票は一票だ。

民主主義は数だ。

いかに庶民をだます方が勝ち、いわゆるそれがポピュリズムだ。

こんなポピュリズムを続けて行く限りこの国は劣悪な政治家どもにつぶされてしまう。

ではどうすればよいのか、方法はもはやクーデターしかない。

強制的にでもあの愚劣な政治家共をたたき出すしか方法はない。

晋ちゃんには経済の発展だけが目に入っていない。

かってエコノミックアニマルと呼ばれた民族、商売はうまい銭儲けにかけては世界一だ。

しかし肝心のこの国を守る方法については全く無能無知。

この先ダイナミックに動く世界の動静にはついて行けない。

世界一の金持ち国家、そして今やその世界に金を貸してその利息で儲けようとしている国。

だが世界はそれほど甘くない。

最後は武力だ。力の強いものが勝つ。

朝鮮だって北と南が手を結べばこの国を攻めるなど朝飯前。

笑っていられるのも今の内、桑原桑原、

一日も早くこの世を卒業したいが、そうは問屋が卸してくれそうもない。

考えれば考えるほど悩みは尽きない。

それにしてもこれほど手厚く老後の面倒を見てもらえるとは、文句を言ったら叱られる。

だがいつまでもあると思うな親とかね、ないと思うなうんと災難。

たちまち朝鮮がこの国を攻めてくるのは目に見えている。

備えよ日本人、といっても空しい限り、この馬鹿政治家とともに心中するのだな。

nice!(0)  コメント(0) 

「皐月五月はとんでもない月明けだ」18.05.01 [巷の話]

もたもたしているうちについに五月皐月になってしまった。

四月に行われた韓国と北朝鮮の話し合いになど百に一つも信頼を置けるものはなかったが、

ムン・ジェインの一方的な北へのすり寄り、また北のデブがやっとこれで命が助かったとあの高笑いだ。

まぁ朝鮮の事は放っておけ、それよりこの日本だ。

目まぐるしい海外の動きに対していったい何をしているのか。

相も変わらず国会では重箱の隅のつつきあい合戦を演じているし、

全くこの国をどのようにして守るかの議論は全くない。

いわば蚊帳の外状態だ。

世界はダイナミック、トランプの登場に対して世界はおろおろするばかり、

そしてその生みの親プーチンは悪行のしたい放題。

プーチン一人が悪者の看板を背負っているようだが゜、

おっとどっこい、プーチン以上の悪はいる。

その悪から国を守るために必死にあがいている。

アメリカの何分の一一かのGDPで大国アメリカに対抗しようとしているのだ。

つまりすべての資産をつぎ込んで自国を守ろうとしている。

プーチンは必死だ。あのアメリカに巣食うユダ金の攻勢、

手を変え品を変えロシアを倒すべくありとあらゆる手を打っている。

世界はいま朝鮮問題で釘付けだが、シリアで問題を起こし、

イランをたきつけ、とにかくアメリカに、いやユダ金に対抗している。

日本など全然お呼びでない。

実質日本が関与できるようなスケールではない。

相も変わらず晋ちゃんは世界に金をばらまいてご機嫌を取っているようだが、

物には限度がある。それもいずれ頭打ちになるだろう。

そしてわからずやの日本国民、いや庶民たち、

政治の「せ」の字もわからないのに国の行く末を任している。

まさに言いたい放題。

自国を売り飛ばすような発言が大手を振って歩いている。

言論の自由もいいが自国を貶めるようなことを言って許してもらえるような国がどこにあるだろうか、

世が世であれば国家反逆罪だ。

即死経過長野身柄拘束だろう。

まぁこの政治家共につぶされるんだな。

こんな民主主義を押し付けたアメリカは決してこんな悪平等な国ではない。

そしてあのデブとムンジェインが何をしようとこの国は変われない。

こんな民主主義なんて、とトホホと頭を抱える。

皐月五月もとんでもないつきあけてだ。

nice!(0)  コメント(0) 

この劣悪な政治家に滅ぼされる18.04.23 [政治]

トランプのシリア攻撃なんてまるで茶番。

ちゃんちゃらおかしくって臍が茶釜を沸かしそう。

何の効果があったのか、あんなことでアサドの無謀を抑えられると思っているのか。

アサドの後ろにいるプーチンが怖くてあのようなゼスチュアしてみせる。

なぜアサドの命を狙わない、問題はこの暴君一人にあるだろう。

北朝鮮では正恩の命を狙い、ついにたまりかねてあのデブは中国にすがった。

アサドのような凶悪な人間を生かしておいてよいのか。

アサド一人の権力欲で自国民をすでに45万人近く殺している。

尤もスターリンは2500万人以上の自国民を殺しているが、

毛沢東はもっと多くの人間を殺している。

その毛沢東の時代に先祖がえりをしようとしている習近平。

世界はこのように一人の権力者によって翻弄される。

そして今のアメリカ史上最低の大統領を選び世界中に迷惑をかけている。

そんなアメリカにすがるしか方法のないこの日本。

助平で政治には全く無知な不動産屋。

それに世界は振り回されているのだ。

そんな大統領をいただいているアメリカ国民。

あれほど暗殺の歴史を持つアメリカがなぜこの不動産屋を排除しないのか。

アメリカ国民も情けない国民になってしまった。

しかしそのアメリカにすがっている日本、

もっと情けない国民ではないか。

いや国民が悪いのではないのだ。

見てくれあの天才児のような将棋の藤井聡太君。

そのほかにもスケートの羽生君、

素晴らしい能力を持った国民が澎湃と世に出てきている。

悪いのは今の政治ばかり、中にはまともな政治家もいるが、

どれもこれも自らの利権がらみで一向に国の事など考えない。

いずれにしても現行の選挙方法ではこの国は崩壊する。

どこの国に自国を貶めるような事を言って許してくれるような国があるだろうか。

天皇制を寒気がするほど嫌いだとほざいた辻本清も。

元核マル派の運動員だった枝野幸男、いくら言論中でもものには限度があるだろう。

普通の国なら国家反逆罪だ。

兎に角こんなポピュリズム選挙ではまともな政治家は選べない。

これらを強制的にでも排除しなければこの国はつぶれる。

よくテレビの報道番組だで専門家が出てきて討論を重ねているが、

そんなもの国民の何人が見ているだろうか。

ほとんどの国民はスマホに狂いポケモンを追い回している。

そんな選挙には何の関心もない国民に国の将来をアづける。

民主主義も程ほどにしなければ後で気が付く為五郎になりかねな.い。

この国は今戦後最大の危機を迎えている。

アメリカからは二階に上げられて梯子段を外され、

中国からは武力で脅かされ、朝鮮半島は南北が一緒になってこの国を攻めようとしている。

まさに東洋のイスラエル、全く周囲を囲まれてしまっているのだ。

東に取らん不「西にプーチンすぐ横には習近平、

そして最悪なのは北にムンジェイン、一人として味方はいるかぐるりとわウイされてしまっている。

国民はテレビのコマーシャルに騙され、スマホを追いかけまわしそんな状況など全然知らない。

いずれにしてもこの国はこの劣悪な政治家によって滅ぼされる。

nice!(0)  コメント(0) 

「合いも変わらず間抜けなこの国」18.03.31 [巷の話]

 皆さま長らくご無沙汰しております。

不細工にも家庭内の転倒事故で暫く入院しておりました。

やっと昨日退院となりやっと自宅に静観することができました。

わたくしの入院中も世界は躍動し上を下への大騒動、

平和にぼけているわが国民とのあまりの落差に頭を覆っておりま間抜けな国家す。

でも国民庶民というのはそんなものでする。

しかし肝心のこの国の政治家の体たらく、あまりの質の悪さに頭を抱えている心境です。

この国はもはや手遅れ、と先日も書きましたが北朝鮮の劇的な変更、

アメリカの相変わらずの迷走、そのうちこの国は世界の迷走国になってしまうでしょう。

幸い経済は好調、それだけが唯一の救いです。

それにしても金正恩の激変、恥も外聞もなく中国にすがる豹変、

そして習近平の前で見せた小物ぶり、こんな男にこれまで踊らされていたのか、と情けなくなりました。]

何も学校の授業じゃあるまいし、いちいち書き取ることはないではないか。

自国のスタッフは何のために引き連れていたのか。

しかしあれほど中国に向かって悪態をついていたのがよくもここまで変われるもの、その正体を現せりだ

。その気たちを取り込もうとムン・ジェインが渾身の努力を続けている。

アメリカもそんな北朝鮮と話し合いに入るという。

日本などほったらかしだ。

これまで国を府げ手アメリカに頼り切っていたこの国。

まるで二階に挙げられて梯子段を外されたようなもの。

今更慌ててもすでに時遅し。

すべてあの民主主義なる悪平等制度によるものだ。

民主主義イコールポピュリズム。

政治の「せ」の字もわからぬ庶民に政治を預けてしまったからだ。

もはや手遅れこんな阿呆な政治が続く限りこの国は何時か滅んでしまう。

最近の森友かけ問題の低劣さ、重箱の隅をつつきまわってこの国の防御を放り捨ててしまった。

そんな国がこの生き馬の目を抜くような世界に伍してゆけるはずがない。

やはりクーデターでも起こして反日本政治家をたたき出さなければまともな国には帰れない。

病気治療中も思うはそのことばかり、間違いなくこのままではどこかの国に飲み込まれてしまう。

どこかの国の代表が目の前の中国だ。

彼らは着々とその力を見せつけこの国に迫っている。

この際アメリカなど頼りにならないぞ。

トランプは自国第一となりふり構わず行動する。

安倍晋三がいくらすり寄っても肘鉄食らわせられるのが関の山、

国民よ目を覚ませといっても空しいばかり。

力の裏付けなくして通用するような世界ではない。

何時まであの馬鹿な憲法に縛られているのだ。

我々は憲法のためにあるのではない。

我々が生き延びるためにこそ憲法はあるのだ

nice!(0)  コメント(0) 

最早手遅れこの国はパート2」18.02.2 [巷の話]

  今回ほどそれを政治利用された大会はなかった。

北朝鮮はこの時とばかり平和攻勢をかけてきたが、

アメリカによって手ひどいはねつけにあったことはない。

おかげで何一つ得るものはなかった。

勿論参加している選手たちには何の関係もない出来事であるが。

過去の凶悪ぶりをあげつらっても詮無いことだが。

それでものど元過ぎれば忘れてしまうのが人間の常。

努々北朝鮮の悪行を忘れてはならない。

つい先だっては韓国駆逐艦の爆破、ヨンビョン島への攻撃、

そして前回オリンピックに際しての蜂谷真澄事件、

古くは遠くミャンマーに出かけて行ってその聖廟ともいえるアウンサ聖廟の前で韓国要人たちをば゜句は吹き飛ば葉てしまった。

こんな国がいまだに地球上に生存していること自身が不思議でならないのだが。

それでもそれを一番掣肘すべきアメリカは実力行使に出ない。

一体アメリカと北朝鮮にどれほどの戦力差があると思っているのか。

アメリカが本気になって攻撃すれば゜ものの30分もあれば北朝鮮など吹き飛ばしてしまえる。

でもアメリカはそれをしない。

東洋を不安定な状況、中でも日本を不安定な状態に置いておくことがアメリカの最大の利益になるからだ。

それにもし北朝鮮を成敗してもアメリカには何の利益も得られない。

下手をすると逆に援助をしなければならなくなることもある。

そんな国に多大な戦費をかけて戦うか。

アメリカは強かなのだ。

今やアメリカはユダヤ商人に乗っ取られてしまったような状態。

もはやアメリカではないユダヤの国になってしまっている。

このユダヤ人がどれほど凶悪であるか、

北朝鮮の凶悪は何としても自国を生き残らせたいという願望そのものであるが、

ユダヤはそんなことではない世界を金で支配してしまいたいのだ。

今ロシアが必死になってそれに対抗している。

ロシアは必死なのだ、このユダヤの攻勢に、

プーチンはあらゆる手段を使ってそれを防いでいる。

その一つが今回のアメリカ大統領選だった。

トランプのような破廉恥で馬鹿な男を大統領に選ばせればアメリカはぐちゃぐちゃになるとしたたかな計算のもとに行動を起こした。

まったくその通り今やアメリカは国家としてのまとまりも国内情勢も滅茶苦茶、

加えてあの全米ライフル協会なる団体が憲法修正二条を利用して市民の武装化をけしかけている。

昔は私も銃砲には凝った一時はライフルを含め5本も所持していたことがある。

しかしあくまで狩猟用、なぜあれほど連射できる銃が必要なのかまったく理解できない。

すべてユダヤ商人が利益を得たいため、利益を得られるなら自分の親でも殺す。

戦争をしている相手にでも銃砲を売る。これがユダヤ商人だ。

それも今のユダヤはハザールアシュケナージユダヤ、つまり正当なユダヤ人ではない。

日本人は純情だ、そんな彼らの目的も知らず、ただ戦争をしたくない。

ただ平和平和と叫んでいる。

世界中が生存競争をしている中、戦争は避けることの出ない宿命だ。

せめて自国を自国で守れるようにしておかなければならない。

さもなければ第二。第三の国民拉致事件に遭遇するかもしれない。

北朝鮮はあの憲法の縛りによって二度と日本は武力で立ち上がってくることはないと確信してあれほどの日本人を拉致した。。

目を覚ませといっても空しい限りだが、

少なくとも今の国会議員にそれを求めるのは不可能なことだろう。

こんな劣悪な国会議員ではこの国はやがてつぶれてしまう。

nice!(0)  コメント(0) 

「悪質低劣な議員が国を潰す」18.02.17 [民族 文化]

もう何を言っても手遅れなのだがこの国は、世界中生存競争の真っ最中、

相も変わらずこの国だけは国会議員議員共が言いたい放題喚いて国家を存亡の危機に追い込んでいる。

中でもその筆頭はあの辻本清美た゜。

次が枝野幸男、そして福祉瑞穂、この三羽烏が自国を潰そうと手をこまねいている。

これらは国家など頭にない、自分のイデオロギーを主張することだけ。

しかし彼ら彼女らはイデオロギーを主張するだけではない。

ちっかりと商売上の利権も握り大儲けをしている。

辻本清美はなんでも生コン業界を握っているらしい。

生コン業界の幹部が逮捕された際、相当な裏金が辻本の懐に転がり込んだそうだ。

勿論それらへの口利きが相当あったのだろう。

それより何といっても天皇制の否定、

なんでも天皇制と聞けば鳥肌が立つほど寒気がするとほざいている。

次に枝野幸男、今立憲民主党なんて称しているが、

かっては革命マルクス派の闘志、この国を暴力革命でつぶそうとした張本人。

今でも広島近辺に相当隠しこんでいるらしい。

この間その一人が広島で捕まった。

何十年物闘争生活とは思われないほど福々とし、顔色も色つやが良かった。7

まだまだ相当隠しているだろう。

そして今ではJR労組と深い付き合いがあるそうだ。

この共産党系の労組がどれほど悪質であるか、

すでに各地の鉄道運航の妨害を行い多くの被害を出している。

勿論犯行を特定されないよう工作しているが、

その昔JR北海道の支社長を追い詰め、二進も三進もいかなくして自殺に追い込んだのも彼らだ。

それは悪質だ。7

があの菅直人、これは最初から自国を北朝鮮に売り渡そうとした張本人。

北朝鮮からの帰国者に便宜を図り、この国の政治に参加させようとした。

いまだ大きな顔をして嫁さんとタッグを組んで活躍している。

まだまだ相当いる。名前だけあげれば土井たか子の後継者福島瑞穂。

蓮舫などもその一人だ。

そして北朝鮮のチェチェ思想を信奉しこの国をひそかにひっくり返そうとしている。

まだまだ書けばきりがないが、この国は自国を潰そうとしている議員たちの巣窟だ。

今の民主主義、つまりあのポピュリズム選挙をやっている限り、

その弱点を利用し、自国を潰そうとする議員は絶えない。

いずれにしてももはや手遅れなのだ。

この国を本当に取り戻したいならクーデターでも起こして強制的にでもこんな反日議員を排除しなければならない。

こんな議員をのさばらしていてはただ滅亡を待つばかりだ。

さりとてそれも空しいばかり、今やテレビはコマーシャルボックスと化してしまい、

果てはネットでもコマーシャルの大波だ。

今盛んに夜は歌謡曲、演歌の放送を流しているが、

それはもはやこのに国では作詞をする人間も曲を書く人間もいなくなってしまったからだ。

本当にこの国はあの民主主義と称する選挙によって滅んでしまう。

古き良き日本はすでに消えてしまった。

今更昔の歌ばかり歌ってこの国は取り戻せない。

さりとて国民に目を覚ませといっても空しいが、、、

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る