So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「いまや商も詭道の時代なり」「17.06.27 [国際問題]

兵は詭道なりと言われた、しかし今や商売も詭道なりと時代になってしまった。

それだけではない、つまりすべてが騙しあいの時代になったということだ。

そして世界中が詭道の時代になってしまったというわけだ。

世界でまともに国といえば今や日本だけしかない。

その日本も世界の詭道に飲み込まれ、真面な理屈の通らない国になりつつある。

その中で明るい話題はあの14歳の少年藤井総太君の活躍である。

わずか14歳にして、そして中学生でありながら、

並み居る相手を次々に倒し、ついに29連勝という金字塔を打ち立てた。

心からお祝いを申し上げたい。

しかし一歩目を広げてみればこの国は経済的に世界各国から攻め続けられ、窮地に陥れられようとしている。

ついにエァバックのタカタが民事再生法を申請した。

つまり倒産したということだ。

その影響は国内の下請け企業を直撃し、連鎖倒産の連発が始まるかもしれない。

早速中国の企業が買収に動いているとか。

タカタだけではない、あの東芝もひょっとすると手を挙げるかもしれない。

度重なる決算報告の低湿延期を申し出ながらいまだはっきりした決算報告書を提出できない。

すでに二部に降格されている。

特にタカタは各自動車メーカーが肩代わりしている金額を入れると何兆円もの負債総額になる。

アメリカで発覚した不正常作動、アメリカはタカタだけではない。

この間はドイツフォルクスワーゲンの排ガス不正を見抜き、

とんでもない額の賠償金を要求している。

アメリカ商売の一角だ。

どんな言いがかりをつけてでも相手から補償金を巻き上げる。

それがユダ金の商法なのだ。

今やユダ金に乗っ取られてしまっている国。

アメリカというよりユダメリカといったほうが良い。

そしてそんな詭道を使うのはアメリカだけではない、

本家本元の中国、彼らの詭道作戦はアメリカの何倍もの圧力でじわりじわりとこの国を攻撃してくる。

なにも兵力だけで攻撃することはない。

戦わずして相手を倒す、というのが孫氏の兵法の基本である。

そこへ行くと純情可憐なこの国。どんな仕掛けに対しても正面から対策をとることはない。

世界は不可解、何も中国やアメリカだけではない。

ヨーロッパは各国が連携して大きな商売圏を作り一段となって対抗してきている。

勿論その中核はドイツだ。

しかしこの国と決定的に違うのはドイツを攻撃しようなどという国はない。

それどころかドイツにすり寄りそのおこぼれにあずかろうと尻尾を振る国ばかりだ。

翻ってこの国はどうか、中国は云うに及ばず、北朝鮮などは武力でこの国を脅している。

加えて韓国、今や北朝鮮と手を組んでこの国を脅かし続けている。

今回のムン・ジェイン、北朝鮮と手を組んでこの国を攻撃しようとしている。

まるでドイツと真反対、この国の周りには友好国などというものはない。

しかし国民は踊り狂っている。

海を隔てた防御壁に守られながら、のど元に短刀を突き付けられながらもえへらぇへらと笑っている。

今や海の防御壁なんてものは屁のツッパリにもならない。

ミサイルという飛び道具があればものの十分もあれば日本国中どこへでも攻撃できる。

国民よ目を覚ませ、危機は目の前に迫っているぞ、といってもむなしい。

軍事的圧力だけではないのだ。

商売の面からもあらゆる仕掛けをし、この国を潰そうとしている。

気が付いているのはほんの少数、

圧倒的大多数はポケモンとスマホを追いかけまわして平和ボケしてしまっている。

それらに政治を預けているこの国。

所詮民主主義なんてポピュリズムにしかなりえない。

やはりこの国を救うのはクーデターしかないのか、、、。

「平昌大会を北と共同開催しようなんて、、」17.06.25 [民族 文化]

今日は朝鮮戦争開戦の日だ、と書いた。

しかし韓国の新大統領文在寅が、あの平昌冬季オリンピックを北朝鮮と共同開催する、と宣わっている。

この男まともな平衡神経を持っているのか。

そうでなくとも北朝鮮はミサイルを連発、核実験も行おうとし、

日本に向けて脅かしの言葉を吐き続けている。

そして韓国を武力統一することをあきらめていない。

一体この男は北朝鮮をお友達だと思っているのか。

国連でどれほど締め付けても、いずれも効果なし、

世界には国際社会より自国の利益を優先する国が殆どだ。

北朝鮮と国交を持っている国がどれほどあると思うか。

196ある国連加盟国の中で166ケ国、国交のない国の方が珍しい。

国交国の中で目を引くのはドイツだ。

彼らはどんな形でも銭儲けがしたい。

勿論ロシアも中国もちゃんと国交を開いている。

ない方の筆頭はアメリカだ。

次はもちろん日本もそして無論韓国も。

表面上国交を開いていない。

しかし実際は北朝鮮からのスパイが入り込み、

韓国国民を洗脳し、誘導し、弾のない攻撃を続けている。

おかげでパク・クネ大統領は引きずりおろされ、

今回の北朝鮮御用達のムン・ジェインが選ばれた。

熱しやすく冷めやすい国民性、火をつければすぐ燃え上がる。

そして新大統領のピョンチャン・オリンピック共同開催だ。

2002年サッカー日本大会の時も直前にインターセプトし、共同開催に持ち込んでしまった。

今回はあの北朝鮮と共同開催したい、と宣わった。

誰がピョンチャンになど行くものか。

ついこの間もうっかり北朝鮮旅行をしていたアメリカ人学生が、拘束され拷問を受け、

人事不省に陥り、何とか息のある間に本国に送り返そうといろいろ画策し、

何とか息のある間に本国に送り返した。

しかしものの二三日の間にその学生は意識回復しないまま息を引き取った。

原因は苛烈な拷問にあることは明白。

そんな凶悪な国と共同開催するなんて、だれが行くか。

それほど韓国というのはわけのわからない国なのだ。

それに対して韓国国内から反対の声が上がらない。

近々トランプと会談するそうだが、北朝鮮の攻撃をカンナ資するTHARD(サードミサイル)の配備に反対している。

自国を守る決め手ともなるべき防御装置。

それの配備にも北朝鮮に気を使って強く反対する。

当然アメリカは怒る、そして在韓米軍の引き上げまで考え始めている。

朝鮮有事の場合、韓国に住むアメリカ人、多くは軍人の家族だろうが、それを引き揚げさせる動きも出ているようだ。

日本人も多く住んでいるようだがそれらの救出作戦は決まっていない。

そして自衛隊の韓国上陸をかたくなに阻止している。

ここまでくると北朝鮮は云うに及ばず、韓国自身が正面の敵ではないか。

アメリカが盛んに韓国とこの国の手をつながせようとしているが、

だれがあんな韓国と手を握るものか。

とにかくこのムン・ジェインは疫病神だ。

今は就任したばかり、相当人気も高いようだが、任期末期までそれを保てるか。

もして保っていたとするならば北朝鮮に吸収されてしまっているだろう。

とにかく韓国というのは理解不能の国だ。

日本という憎き国を潰すためなら何でもする。

すでに朝鮮戦争のどさくさに紛れて竹島は強奪されてしまっているが。

はっきり言おう韓国とは国交断絶して、一切かかわらないことだ。

困るのは韓国だ。このくには泰然としていればよい。

ムン・ジェインなど無視していればよいのだ。

「北が命綱の核兵器を離すものか」17.06.25 [日記]

今日は6月25日だ。

この日付を聞いてピンとくる人はもう少ないだろう。

1950年6月25日まさに怒涛の様に北朝鮮軍が南、

つまり韓国に向かって一斉攻撃を仕掛けた日だ。

要するに朝鮮戦争の始まった日。

ソ連のスターリンに唆された北朝鮮の金日成が一斉に武力でもって韓国に攻め込んだ日だ。

午前4時一斉に火花は吹いた。

韓国大統領李承晩はその知らせを聞いてベッドから転げ落ちるほど驚いた。

まさに頭の中が真っ白、といってもよいだろう。

準備万端あらゆる火力を装備し、ソ連に鍛えられた北朝鮮軍はあっという間にソウルを陥落させ、

韓国最南端釜山に向かって一気に押し寄せてきた。

その途中で韓国人を捕まえ思想調査を行い、

共産主義を知らない人間はその場で次々殺されていった。

どれほどむごたらしく殺されたか、自らほらされた穴の前に座らされ、次々後ろから銃殺だ。

そして穴の中にけりこむ。

後日その穴の中から掘り起こされた死体を見て韓国人たちは言葉を失った。

あれから67年もたってしまった。

すぐ連合軍は立ち上がり反撃に出た。

総司令官は日本だけでなく極東の総司令官であったあのマッカーサー元帥。

やっと連合国をまとめて反撃に出たのがあの仁川への再上陸だ。

釜山寸前にまで攻め込んでいた北朝鮮軍は背後から襲われ、大急ぎで撤退に入った。

今度は逆に北朝鮮と中国の国境、鴨緑江近くまで追い詰められ勝負はついたかに見えた。

あの時マッカーサーはトルーマンに戦術核の使用許可を申請していた。

が核の恐ろしさ、決定的な破壊力を恐れたトルーマンは許可しなかった。

どころかマッカーサーを解任し日本からも追い出し、あえなく引退せざるを得なくなった。

その時残した名言、「老兵は死なずただ消えゆくのみ」とあれほど権勢を誇ったマッカーサーも議会で名演説を残しながら消えて行ってしまった。

そのためにあと一歩というところまで追い詰めながら中国義勇軍が一斉になだれ込んできた。

彼らは殆どが元国民党軍の敗軍兵でそれらを前面に立て、

後ろから銃をもって脅かし人民解放軍がつつきだす。

それを連合軍はすっかり中国共産党軍と勘違いし、

撃たれても殺されても後からあとから攻め込んでくる。

アメリカ軍が中国軍に決定的に恐怖心を抱いているのはそのことだ。

それがトラウマとなって二度と中国軍と戦いたくないとしり込みしていった。

そして1953年ソ連のスターリンが死んだ。

どちらもえん戦気分に陥っていた戦いは休戦協定持ち込まれた。

いまだ長官戦争は休戦状態のまま。

何時火を噴いてもおかしくない。

北朝鮮はいまだ武力制圧をあきらめておらず、何かのきっかけで何時火を噴くかもしれない。

南北共存の体制のまま、南の韓国は経済的に大成功し、先進国の仲間入りしている。

だが計画経済の共産主義陣営は見るも無残な状態に陥っている。

金日成は「いっぱいの白飯と牛肉を国民に与えたいと念願したが、

事実は真反対、まともに食事にありつけるのも珍しいくらい。

しかし金日成は言い残した、核兵器さえあれば国は守れると、

以来核兵器の開発に血道をあげている。

いずれにしてももはや話し合いの段階は終わった。

地球上最悪の国家北朝鮮を潰すのは武力制圧しかない。

「結局自国を守るのは自国しかない」17.06.21 [時事問題]

北朝鮮がいかに凶暴で凶悪な国か、

それが嫌というほどわかる今回のワームビアさんへの暴行、

ついに帰国後息を引き取ってしまった。

早速トランプがそれを訴え強く監視してゆくといっている。

が具体的にどう制裁を実行してゆくのか語らない。

非難だけならサルでもする。

そした中国を動かして制裁の実効を迫っている。

何の効果があるのか。中国には北朝鮮を制御する力はない。

それよりも南の自由主義陣営との防御壁のために北朝鮮をこっそり支援すらしている。

そしてこの混乱を利用してロシアが北朝鮮を支援しようとしている。

中国はともかくロシアが入ってくればことはより複雑になる。

実際にアメリカは北朝鮮を懲らしめる気はないといってよいだろう。

蛇の生殺しも程ほどにしてもらわなければならないが、

そんな北朝鮮を目の前にしているこの日本。

直接攻撃の危険にさらされている。

北朝鮮に同じ民族の南、つまり韓国を攻撃する気はない。

そして五万人以上のスパイを潜り込ませて洗脳工作を行っている。

その効果あってついに前大統領パク・クネさんは引きずりおろされてしまった。

そして親北の文文寅を大統領にしてしまった。

ますます北朝鮮化されてゆく韓国。

北に洗脳されて飲み込まれるのは時間の問題だろう。

その時この国はどうして対抗するのか。

いまだ国連に助けを求めるとか、話し合いだと間の抜けている日本政府。

北朝鮮が命綱である核兵器を手放すとでも思っているのか。

いまだスパイ防止法一つない国。

国家を守るために制定しようとしている法律一つまともにない。

む何しろ野党が一団となって地団駄踏んで反対しているのだ。

自民党がここまで劣化してあのわけのわからない政党公明党と組んでいる時。

陛下の首をはねて共和国化しようとしている共産党と共闘する。

わかっているのか民進党。

国民をどれほど馬鹿にしてもこの国の国民はリテラシーが非常に高い。

直感的にこんな野党に政権を渡せばこの国がどうなるかわかっている。

面前のあの凶悪な北朝鮮、

くわえてありとあらゆる言いがかりをつけてこの国を攻撃しようとしている中国共産党。

さすがにここまで国際化した中国は露骨に攻撃を仕掛けることはできない。

だが陰でやっていることはあまりにもえげつない。

どこかの大学に共産党員の教授をねじ込んでみたり、

そのあくなき行動は量でも質でも続いている。

加えてあの凶暴な北朝鮮は直接日本を攻撃すると明言している。

とりわけ米軍基地のあるところを攻撃すると強言している。

日本国中米軍基地はある。

ということはいつどこをやられるかもしれない。

そんな時あのトランプの迷言の連発だ。

はっきり武力で制裁するとは言わない。

とにかく日本を不安定な状態に置いておくことがアメリカの最大の利益になる。

今回の事件を受けても北朝鮮征伐のゴーサインは出さない。

それでもまだあの憲法に縛られて専守防衛に従っている日本。

いいすかげんに目を覚ませ、結局自国を守るのは自国しかないことを悟れ、

アメリカをどこまで信じてよいのか、胸に手を当てて考える時だ。

「消したはずの灰の中から、、、」17.06.17 [日記]

日本でテロなんか起きるはずがないと思っている皆様に、

そんなに楽観していてよいのですか、とこの年寄りは心配する。

もう旧聞に入っているだろうが、ひと月ほど前、

46年前というと1971年渋谷暴動事件で警備にあたっていた警察官が、

暴動側の火炎瓶にあたり焼き殺された。

その犯人が逮捕されたというのだ。

実に46年間も逃走を続けていたのだ。

しかも海外に逃げるでもなく国内でずっと潜伏していたという。

よほどこの犯人をかばう秘密組織が強固で、

いまだそれらが生き続けていることを物語るものである。

普通46年間も逃走劇を続けていれば目は吊り上がりがりがりがり、

痩せていると思いきや、豈にはからんや本人は血色もよく、一般市民と全然変わらない様子。

むしろ堂々とした恰幅で街を歩いても普通の紳士と何ら変わらぬ様子だった。

ということはこれらを庇護する組織が存在するということである。

それも捕まったのは広島、あちこち住居を変えていたらしいが広島が一番彼らの落ち着けるところだったのだろう。

広島といえば原爆、おかげで左翼運動の激しいところ。

元市長の秋葉忠利、最近テレビで人気者のアーサー・ビナ―トたちがいつもつるんでいるところである。

とにかく広島は東の西東京と連携し左翼運動の激しいところだ。

恐ろしいのはそれらが延々と引き続き反日本活動を継続していることである。

彼の逮捕時の様子から見て、まったく普通の市民生活を送った人間と変わりがない。

その様に日本にも延々と暴力革命を起こす火種は消えていない。

いまだ革マル派は健在なわけだ。

どこかの政党の人間はその革マル派の運動員だった。

それが政治家に転身して党の重要な役職に就いていたこともあった。

かくのごとく現行の選挙制度は味噌も糞もごっちゃまぜにしたハイブリット議員が肩を張って大手を振って歩いている。

自国をどのように守るかなど頭の片隅にでもない。

とにかく議員という特権が必要なのだ。

それを政治の「せ」の字もわからない庶民にあずける。

勢いポピュリズムにしかならない。

今日本の政治は腐っている。

魑魅魍魎のような男が政権政党の幹事長だ。

つまりもう清新な政治主張するような男は政治の世界には出られない。

今さわがれている今治の獣医学科の新設問題、また詐欺師同然の男森友問題。

それらに引っ掻き回されている。

これほど不可解な事件を抱えていても安倍内閣はまだ続いている。

とっくに交代してもよい条件がそろっている。

だが安倍に代わりうる人材も出てこなければ野党が政権を取る匂いもしない。

だがこの国にテロリストの根が断ち切られてしまったわけではない。

加えて中国人韓国人たちがこの国の文化を壊そうと悪当を繰り返している。

どこそこの神社に油質の物がまき散らされたり、
こっそり人出の少ない神社仏閣に火をつけてみたり、とにかくこの国は狙われているのだ。

その片棒を担ぐこれらの反日活動家。

遊び狂っている若者にはまるで縁のない話のようだが、

ひとたび彼ら加瀬活動を始めればあっという間に日本国中火の手が上がる。

消した灰の中から火の手が上がるという話がある。

努々御油断めさるるな、テロは西欧だけの話ではない。


「よくもここまでなめられたもの」17.06.14 [時事問題]

 ロシアが日本のEEZ内つまり日本の排他的経済水域内で海洋資源調査を行ったというニュースが流れている。

しかし考えてみればあの狭い海峡、EEZなどではなく日本の領海そのものではないか。

プーチンはどこまで日本をなめたら気が済むのか。

勿論外務省はロシアに抗議をしたそうだが、日本の抗議など鼻先で笑われるだけ。

何をしても絶対武力では立ち上がってこない。

となめ切っているロシア、それは北朝鮮も全く同じである。

どうしてこの国はこれほど国際社会から馬鹿されるのか。

勿論何をしても絶対に抵抗してこないとなめ切っているからだ。

すべてあの平和ボケ憲法に縛られているからだ。

だが憲法改正でも口にしようものならオール野党が結束して反対運動を起こす。

まるで三つ子が口をひねられたがごとく地団駄踏んで大声で泣きわめく。

ロシアはそんな日本をなめ切っている。

何をしても絶対立ち上がってはこない。

こんなになめ切られていることに国民は全然反応しない。

ポケモンをあてがわれ、スマホをいじらせておけばほとんどの若者は良い子をして遊んでいる。

そんなロシアも実は国内が相当荒れているらしい。

燎原の炎といえば少々大げさだが。その火は確実に燃え上がっているようだ。

海外にはあまり報道されていないようだが、

この度その反プーチン運動の指導者アレクセイ・ナワルヌイという反プーチンの指導者が当局に逮捕された。

何も暴力的デモではない、。それを警察当局が参加者を手あたり次第逮捕しているという。

まあプーチンには蚊が刺したほどの痛痒もないだろうが、

このまま反プーチン運動が収まることはないだろう。

そんな国内問題を抱え、放置することもできないプーチンは国内の騒動を無視してなおも人の国の資源調査をこっそりやる。

もっともこっそりではないだろう。

日本をなめ切っているからだ。

勿論領空ぎりぎりの空域ではロシアの爆撃機が定期的に日本を監視し飛んでいる。

そんなロシアにまだ腰を折って領土返還交渉を行おうとする日本。

実はロシアは相当経済的に困窮しているらしい。

欧米とアメリカの経済制裁がジワリ、ジワリと首を絞め息が苦しくなってきている。

困っているのはロシアの方だ。北方四島など暫く放っておけ。

その内あちらの方から泣きついてくるだろう。

とは少々楽観的に過ぎるが、それより国内問題だ。

文科省の前事務次官が問題を起こしている。

そして敬の森友問題、それもまだ解決したわけではない。

本来なら安倍内閣はとっくに交代している時。

それでも安倍政権は続いている。実は自民党に代わる政党がないからだ。

民進党のざまを見てくれ、それで政権をとれるとでも思っているのか。

なんといっても共産党と手を組んで政権を狙う。

国民を馬鹿にするでない。

まともな国民なら共産党がどんな政党かよく知っている。

その共産党にすり寄る民進党、国民も自民党政権にはうんざりしているのだ。

しかしこの国を安全に引っ張ってゆく政党がまい。

加えて近隣諸国から目の敵にされている日本。

ロシアもそんな日本を見て海洋資源の調査まで始めた。

恥ずかしいとは思わないか、国民の大多数は政治など頭の片隅にもない。

そんな国民に政治を預けている日本。今の民主主義などポピリズムそのものだ。

こんな日本でよいのか。

やはりクーデター以外ではこの国は救えそうもない。



「世界の厄害トランプを放置してよいのか」17.06.12 [国際問題]

もうトランプの事など書きたくないのだが、

彼の一挙手一投足が世界に混乱を巻き起こしている。

それも一歩間違えれば戦争を起こしそうな危険。

例えばこの間のサウジアラビア訪問した時、

サウジの天敵であるイランを懲らしめるために連携し、

イランと親しい中にあるカタールの噂を流し、多くの国々、それも中東の諸国をターゲットに。

国家を大混乱を起こさせてしまった。

単にサウジに武器を売り込みに行っただけではなく、カタールを貶め陥れることが目標だった。

カタールは晴天の霹靂、一瞬何が起こったのかわからぬほどの混乱に引き起こしてしまった。

石油天然ガスの輸出には大打撃。トランプは見境がない。

とてもアメリカという大国を率いていけるような能力はない。

そかくもトランプとは世界を大混乱に陥れる。

このことをかってヒラリーさんと民主党の代表の座を争ったサンダース上院議員が懸念を表明し、大警告を発している。]

こんな男にこの国を任していていいのか、何をしでかすかわからない。

今や一上院議員に戻っているサンダースさん。

この助平な不動産屋、無知なだけではなく厚かましくも次々に大統領令を発し、

司法当局に阻まれ、国内ではほとんど何もできていないそして。

次々問題を起こしている。

史上最悪の大統領、このままではアメリカ自身がおかしくなってしまうと悲痛な叫びをあげている。

突如混乱に巻き込まれたカタール、国は小さくとも世界経済の中では存在感が大きい。

イランを排除するため、そのイランと仲の良いカタールを標的にした。

おかげでカタールのクアンタス航空、

ヨーロッパに便を飛ばすにもサウジ上空は飛べずイランを迂回して飛ばなくてはならない。

この経済的ロス、じわりじわりと首を絞めようとしている。

かくのごとく世界に災いを引き起こすトランプ当然自国にもまわりまわって響いてくる。

果てして4年間もこんな男にアメリカを任しておいてよいのか。

とたまらずサンダースさんは声を上げた。

世界はこのトランプの登場によって地殻変動を起こしているような状態。

日々平和を謳歌している日本、それでもまだ政府は目を覚まさない。

前回周回遅れで追いかける日本、と書いたが今や完全に二周回遅れ、

いまだあの憲法に縛られ、自国を守る具体的手段はとれないでいる。

私が言っているのではない、あの中西輝政先生が警告を発しているのだ。

アメリカではサンダース議員、日本ではこの中西先生だ。

一日も早く核武装して備えよと警告を発している。

かって永田鬼門さん、くしくも広島県人らしいが、

が言っていたようにクーデターでも起こして自国を守れる国にしろ、

といったことが現実味を帯びてきている。

歴代最低の最悪大統領を輩出したアメリカ。

いつまでも平和にぼけている日本。

ドイツにしてもフランスにしてみいち早く対応し国家の引き締めに走っている。

アメリカと手を組んできたイギリス、彼らは今それどころではない、

あのブレグジットの後始末で追い回されている。

そんな中で不気味なのはロシアのプーチンである。

北朝鮮をそそのかしているのも、アメリカであのトランプを大統領にしたのもみんなこのプーチンだ。

今回の混乱の元はすべてプーチンにあるといってもよい。

まぁ北朝鮮から何発か撃ち込まれてみなければ目が覚めない政府に国民。

普通の国家ならとっくにクーデターの一つや二つ起きているだろう。

「辻本清美よ今更反省しても遅い」17.06.09 [政治]

民進党の辻本清美が「皇室は生理的にいやだ」とほざいている。

しかも天皇ご一家を生理的にいやだとぬかした。

それほど゜いやならこの国を出てゆき韓国にでも亡命すれば。

この国は二千年間この皇室をいただいて生き延びてきた。

不幸にしてあの戦争に負け、外部からの侵入者に教育を乗っ取られ、

また戦勝国からは徹底的にこの国を潰すそうと、あらゆる工作が行われてきた。

がそれでもこの国の魂はつぶすことができなかった。

今頃天皇制容認、象徴性天皇を認めなければならないと分かったと反省の弁を述べても、

絶対この天皇制反対論じゃであった辻本清美を許すわけにはいかない。

お前は徹底的な反日本主義者なのだ。

社会党が凋落し先がないとみるやさっさと社会党を飛び出して民進党に入った。

こんな左翼が民進党にはうじゃうじゃ巣食っている。

もともとあの憲法馬鹿の土井たか子に見出された女。

しかも今民進党の憲法調査会の幹事を務めている。

誰も相手にしてくれないはず。こんな民進党が政権奪回などあるはずがない。

こんな女を反日本主義者を重要な役職に就ける。

しかも今は無役だが昔革マル派の運動員だった男が幹事長を務めていた。

一体民進党というのはどういう政党か。

確かに今の自民党は腐りきっている。

本来ならばとっくに安倍内閣は退陣し、新しき内閣ができても不思議ではないが。

あの魑魅魍魎のような男が幹事長に座って以来、体内の膿が噴き出すように不祥事の連続だ゛。

だが今頃になってあの反日女、辻本清美が反省の弁を述べるなんて、

どれほど゜日本を悪く言い政治の邪魔をしてきたか。

それも天皇制にまで゜いちゃもんをつける。

一日も早くこの国から出て行ってもらいたい女。

ピースボートだとか世界を回る船に乗り自国のことを反宣伝していた女。

今更何を述べても国民の怒りは収まらない。

それにしても日本の中にはこんな女をもてはやす一団がいるのだ。

彼女がこのまま国会議員でいる限り反日活動は止まらない。

今は民進党に巣食っているが、かってはあの土井たか子に見出された女。

土井たか子がこの国に何をして行ったか。「だめったら駄目、と両手を広げて憲法改正の邪魔をしてきた女。

おかげでこの国がどれほど危機に立たされているか。

憲法を改正して普通の国になっていたら、あれほど北朝鮮に国民を拉致されることはなかった。

あまつさえ土井たか子は北朝鮮に拉致された有本恵子さんたちの情報を通知し、いまだ両親の元には帰っていない。

どれほど土井たか子とこの辻本清美が国民に仇したのか。

今更反省の弁を述べても遅すぎる。

とにかく一日も早く国会議員を辞めて政治には口出ししないでもらいたい。

民進党もこんな女を抱え、なおかつ共産党と連携して政権奪取を図ろうなんて、あまりにも頓珍漢だろう。

共産党が何を考えているのか、いまだ天皇制を廃止して日本を共和国にしようとしている。

それと手を組むというのだからもはや何をか況やである。

いずれにしても反日本の塊辻本清美を絶対許すわけにはいかない。

「驚き桃の山椒の木」17.06.07 [巷の話]

これは聞き捨てならぬ情報。

あの反日で凝り固まっている韓国で6日釜山の日本の領事館前にしていた慰安婦像を撤去したというのだ。

一瞬わが目を疑った。

国がつぶれようと反日活動は絶対やめないというお国柄。

その韓国がその主張の標本になっていたような少女像を撤去したというのだ。

折から親北の大統領が選ばれ、ますます日本に対する攻撃を強めようとしている中。

韓国の市民団体、「真実を求める会」の代表崔(チェ)さんという人が少女像の撤去を求めた。

どこの国にでも勇気のある人はいるものだ。

親日の「し」の字でも喋れば石が飛んでくるような韓国。

しかしこれ以上日韓関係を悪化させては韓国自身が成り立たなくなる。

と考える人々もいたのだ。我々の見方が偏りすぎていたのかもしれない。

いずれにしても一筋の光明が見えたことには違いがない。

こと韓国に関する限り政府の発表は半値の五割引きぐらいにしか評価できない。

世界が混乱を極めている今日。彼らにもその情報は流れているだろう。

まして韓国は大陸とつながっている。

そしてすぐ隣の中国とはとても険悪な中。

アメリカのすすめる「TARHD」に最大の嫌悪感を示している中国。

今や韓国の正面の敵となってしまった。

そんな中これ以上日韓関係を悪化させては自国の安全保障に大きな穴が開くことになる。

今回の市民団体がそんな政府の危惧を忖度し起こしたものではなかろうが、韓国民は肌で感じているのだ。

このままでは自国がおかしくなる。

今までなら行動に出る勇気は沸いてこなかったが、

こんな世界の混乱を見ていてもたってもいられなくなったのだ。

そんな中海という防波堤に守られ、一人平和を謳歌しているこの日本。

自国でテロが起きるなど夢にも考えていない国民。

この年より一人がどれほど叫んでも灯篭に斧、だれも見向きもしてくれない。

一つ海を渡ればひしひしと身の危険を感じているのだろう。

とうとう韓国でもこのような行動が起こった。

今まで考えもしなかったあの少女像の撤去。日本人がただよかっただけでは済されない状況。

さりとてまだ釜山の日本領事館に置かれた像だけに過ぎない。

決して楽観はできない。

狂信的な反日のちは韓国人の隅々にまで浸透している。

何より韓国政府はいまだ何もしていない。

親北にうつつを抜かしている大統領。

日本と仲よくすることなど頭の隅にもない。

ただ北朝鮮のあのデブと握手をしたくてうずうずしている。

そんな考えに凝り固まった大統領に水をぶっかけるような今回の行動。

おそらく韓国国内でも反対の狼煙を上げる国民が反撃に出るだろう。

しかし今韓国はどちらを向いても逆風が吹いている。

前大統領のパク・クネさんを刑務所にぶち込んで国民の拍手を期待している新大統領。

北と今更話合いなどあのデブは寸毫も期待していない。

まだ前金正日のころなら望みはあったかもしれない。

があのデブにはどんな話し合いも交渉も通じない。

ただ中国が鴨緑江の国境線にまで自由主義陣営を近づけたくない。

その一心で北朝鮮を支えている。

最近ではロシアまでが北朝鮮を支えている。

どこの国も政府より国民の方が危険を肌で感じ取るもの。

韓国にもそんな国民が居たことに心から拍手を送りたい。




「麻生さんよその軽口が災いの元だ」17.06.05  [国際問題]

  麻生さんよ、いやさ麻生副総理さんよ、アメリカのことをその程度の国だ、

と馬鹿にしたそうだが、ちょっと品性を疑われるのではないのか。

確かに今のアメリカはトランプという大バカ者が大統領に選ばれ、世界中から顰蹙を買っている。

でも我々のような巷の人間が言うのなら問題はないが、

一国の副総理、場合によっては国を引きずっていかなければならない立場。

万一の場合は問題が出てくるでしょう。

あの国は4年ごとに大統領選が行われる。

4年もすればまた新しい大統領が選ばれる。

たまたまロシアの操りによってトランプなる大バカ者が選ばれてしまったようだが、

一部知識階級の中では健全な意見が厳然と存在している。

それもトランプも一緒くたにしてしまってあの程度の国だ、

とはあなたの程度をさらしたようなものではありませんか。

今のアメリカを見ただけであの程度とはいささか言いすぎでしょう。

現に日本はアメリカの勢力下に置かれ実質的に占領下におかれているようなものではありませんか。

そして国を守ってもらっている。

努々独立国だなんて胸の張れる状態ではありません。

確かに商売は自由にやらせてもらっている。

一時は世界第二の経済大国と言われた時期もありましたが、

新興中国に抜かれ第三位に落されましたが、しかしまぁ商売上手な国でしょう。

しかし国の守りほとんどアメリカに依存しているような状態。

そのアメリカをあの程度の国だなんてどの口を下げて言うのですか。

いまだ占領憲法一つ変えられない国。

国を守ろうとすると左翼どもが割れんばかりの反対を唱え、地団駄踏んで反対するような国。

アメリカに守ってもらわなければ一日も立ち行かない国。

目の前の中国にどれほど物量で凌駕されているか。そんな情けない国がアメリカにその程度の国だなんてよくも言えたもの。

あなたそのものがその程度のものと馬鹿にできるでしようか。

北朝鮮の横暴無法、その上何百人も国民を拉致されていても足も出ない国。

自分の足元をよく見てから喋ってほしいもの。

日本は本当実質的に独立国ではありません。

それは自衛隊の皆さんは頑張っているでしょう。

そのことへの感謝は忘れませんが、でもいざ戦いとなればこの国にどれほどの実力があるでしょうか。

中国の持つ圧倒的な物量。

そして近海の浅瀬を埋め立てて軍事基地としている状態。

あの共産主義の全体国家、すでに国家総動員法を定め、

命令一下この国にいる中国人が一斉に蜂起する。

そうしなければ反逆者として処罰される。

そんな国家を前にして、またあの国に商売で出かけている日本人は一斉に人質として身柄を拘束される。

国際法でそんなことは禁止されているといくら抗議しても、国際法より国内法を優先する国、

そんな国に何の効果かありましょうか。

あまり人の国を馬鹿にするものではありませんよ。

たまたま今トランプが出てきて世界中から馬鹿にされていますが、

彼らの情報量、政策能力、画策力、どれをとっても日本が逆立ちしてもかないませんよ。

いやその程度の判断力でよくもこの国の副総理が務められるもの。

しかし今のこの国は言論の自由、人権の確保等のお題目で自国を守ることができません。

やはりこの国を取り戻すにはクーデターでも起こして強制的に取り戻さなければできません。

まず自分の足元をよく見て云ってもらいたいもの。

その程度の人物が副総理を務められること自身がこの国の政治の程度ではありませんか。

前の10件 | -
メッセージを送る