So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

コメントに対するお答え

コメントに対するお答え、何やら認証コードが一致しないということで送信できません。

そこで本文でお答えします。

朝鮮半島は昔からあんな民族であったのか、

とのご質問ですが、決して昔からあのようなわからずやの国家ではありません。

大陸とつながっているばかりに絶えず圧迫を受け、

とうとうモンゴルの手先にされてしまったのですが、

それを逃れるために国家の主権を中国に譲り渡して国体だけは維持する。

それが李朝朝鮮の生き残る方法でした。西暦1392年李成柱はそのようにして巣生き延びました。

以来511年間日本に開放してもらうまで中国の属国でした。

人の目顔を見てい狡く立ち回る李町朝鮮。

特に末期の朝鮮は醜悪そのもの、外国から開国の要請を受けながらも

宗主国の許可がないと拒み続けました。

とうとう西欧列強もさじを投げ日本に統治して貰え、とにげだしてしまったのです。

そして日清戦争で日本が勝ち、中国から解放してやりました。

とにかく自国の歴史に劣等感を持つ朝鮮は戦争に、

負けた日本に恨みつらみを晴らそうとありとあらゆる難癖をつけ、

大のある日本に逆ねじを食わせ、とことん反日姿勢を示しています。

まぁ墳な国とは断行し、相手にしないことです。
nice!(1)  コメント(0) 

「名を変えた北朝鮮支援だ」17.09.22 [国際問題]

 韓国の文文寅があと一歩のところまで追い詰めた北朝鮮問題を自ら破ろうとしている。

北朝鮮に9億円もの支援を表明しているだ。

名目は人道支援と称しているが、つまり北朝鮮政府を潤すことになる。

そうでなくとも国際的包囲網で北朝鮮を制御しようとしている時、

韓国が国際包囲網を破ろうとしていることになるではないか。

それほどあのムン・ジェインは北朝鮮支援者なのだ。

これでは国際包囲網も笊で水を救うようなもの、

何の効き目もなくなるばかりではなく、

北朝鮮を勢いづかせまだ核開発やロケットの開発に手を貸しているようなものではないか。

トランプと会えばごもっともと同意し、北朝鮮制圧に同意し、

うちに帰ればこのように北朝鮮を支援する。

何が日米韓だ。このような裏切り者がいる限り北朝鮮制御などまったく絵空話。

この際日米韓の内韓国は切り離して考えるべきだ。

もし実行すればトランプから手ひどい処罰を食らうであろう。

アメリカがギリギリのところで包囲網を築いているのに身内の韓国からこんな裏切りを受けるとは。

まったく韓国にも困ったものだ。

なぜこんな裏切り者を日本は擁護するのか、はっきり国交を断絶して糾弾する時ではないか。

まだ韓国を西側の一員と思っているのか。

お人よしも程ほどにしてもらいたい。

日本は今衆議院の解散で゜てんやわんやしている。

が外交に一日の空白はない。

せっかくトランプが拉致被害者のことにまで言及してくれたのに、

同盟国韓国のこの裏切り、全く国家の信用を無くしてしまった。

何が人道支援だ。デブの一言で支援金はすぐ取り上げられてしまう。

それを承知で北を支援する文文寅、どこまで北朝鮮を付け上がらせ場気が済むのか。

北朝鮮とは何の利害関係のないヨーロッパ諸国も今回の北朝鮮の暴挙を腹に据えかねている。

イギリスのチェンバレンがヒットラーと会談したとき、ヒットラーに融和的な話をした。

それがきっかけでドイツは武力行使に踏み切った。

それと変わらぬ今回の融和策、国際社会への許しがたい裏切りである。

今やロシアでも表向きには国連の北朝鮮非難には同意している。

が肝心の韓国が一番の裏切り者だ。

世界中がもう北朝鮮との対話のチャンスはなくなった、

と制裁に同調している中、肝心の韓国がこんな裏切りをしては世界中の迷惑。

とにかくあの朝鮮半島の民族は御しがたい民族だ。

とくに1392年李朝朝鮮になって以来世界最悪の民族となり果ててしまった。

自分の国の主権を中国に預けその庇護の下で生き延びてきた民族。

それが心の隅々まで行き当たって止まっている民族。

どれほど日本が金をつぎ込んで立て直そうとしてきたか、国家が傾くほど投資した。

御礼を言われることはあっても文句を言われる筋合いは一つもない。

それを逆ねじ食わせて仁日帝憎しと逆恨みする韓国北朝鮮。

そろそろ日本人も目覚めよ、あの国と付き合っては何の利益もない。

一日も早く断行して突き放すべきだ。

まったく度し難い民族、そんな国になぜ日本はすり寄るのか、

実は政治家の先生方の一番の利益になっているからだ。

つまりこんな政治家ではこの国はつぶれてしまう。

一日も早くクーデター゜を起こして政治家を刷新することだ。

それ以外に日本再生の道はない。

とにかく韓国とは付き合うな、、、


nice!(0)  コメント(1) 

「現代の夜郎自大国にも困ったものだ」.17.09.20 [巷の話]

トランプがあのデブのことをロケットマンと名付けたそうな、

まさしくその通り、所かまわずロケットを打ちまくる北の大将、

もはや狂気の域を越えているだろう。

無理もないあれほど世界中に狂気を振りまけば誰かに掣肘されることは自明の理だ。

中国の真ん中あたりにあった野郎大国という国があった、

その小さな国が中国に向かって我が国が如何に偉大な国であるか吹聴したそうな。

まさにその野郎大国そのものになり果てた北朝鮮。

核兵器とミサイルさえ持てばアメリカに対抗できると思っているのか。

北朝鮮は今やまともに国民を養う力もなくなり、国民は草の根をかじって生き延びている。

一部の特権階級のみがまともに飯が食える程度。

北朝鮮のGDPがいかほどか、國際統計にも乗せてもらえないほどの少量、

わずか250億ドル足らず。せいぜい3兆円程度。

ちなみに南の韓国は約140兆円もある。

日本が約500兆円だからいかに貧乏な国であるかよくわかる。

その国が国民を飢えさせてせって核兵器を開発し、

その運搬手段としてのミサイルの開発に血道をあげている。

そんな国がいくら核兵器を持ったとしても、戦争するだけの金はあるのか。

馬鹿も程ほどにしろ。が今や気がくるってしまっているロケットマンには通じない。

一度にありったけのミサイルをこの国に打ってくれば中には打ち漏らすことがあるかもしれない。

イスラエルの様に周りを敵国に囲まれ、

いつ攻撃されるかわからない国ではあらゆるところに核シェルターを作っている。

日本も今個人で核シェルターを作る人が大勢いるそうだ。

だがあまりに多くて業者の手が回らないらしい。

北朝鮮の危機は早晩決着がつくだろうが、その他この国を囲む国は皆核兵器を持っている。

中国はもちろん、ロシア、アメリカまさかパキスタンの核は飛んでこないだろうが、

今頃やっと非核三原則を改めようという議論が出てきたそうな。

とぼけるのもいい加減にしてほしい。

かくも政治が機能しなくなってしまった国。

世界でもこんな国はないだろう。

いずれにしても正々堂々とあの憲法を改正し、いつでも戦える国にしておかなければならない。

あれほど同胞を北朝鮮に拉致されたのも、

もう日本が武力で立ち上がってくることはない、と確認したため北朝鮮があんなことをしたのだ。

平和にぼけてしまっている一般庶民。

心ある政治学者もその辺のおばさんも一票は一票。

この一見平等に見える不平等を改めない限り、まともな政治家を選ぶことは難しい。

見てくれあの醜い政治家ども、中にはまともな人もいるが、

ほとんどが政治には何の考えもない利権議員ばかりだ。

永田鬼門という人が書物に書いていたが、この国はクーデター以外では自国を取り戻すことはできない。といっていたがまったく同感。

ただ国会議員を全て死刑にしろ、とはいささか口が滑りすぎたりだろう。

どちらにしても現行選挙制度を基本的に変えてしまわなければこの国は立ち直れない。

何時まで経ってもアメリカの属国。

そして中国から領土を狙われ、北方四島は帰ってこない。

それでよいのか、、、


nice!(0)  コメント(0) 

「後はアメリカの胸三寸だ」17.09.17 [巷の話]

北のデブが追い詰められて発狂寸前だが、

かくてミサイルを打ちまくり、その恐怖から逃れようとしている。

しかし今更核開発をやめますともいえず、悪態をつき続けている。

しかし日本を攻撃するには問題はない。

何時でも日本の大都市をめがけて発射できる。

ただ同盟国のアメリカがそれではすまされない。

日ごろアメリカは頼りないと言い続けていねが、今回はいささか事情が違う。

何しろトランプの来日日程は決まってしまっているのだ。

もし日本を攻撃した途端,平城はアメリカの攻撃の嵐にさらされ石器時代に戻るとまで言われいる。

石器時代とはあらゆる社会インフラは破壊され、

近代的社会システムはすべて破壊されてしまうことである。

EMP爆弾の攻撃、つまり空中で核兵器を爆発させ、あらゆる社会システムを破壊してしまうことである。

最初それを北朝鮮が使おうとしていた。

さすればミサイルの大気圏再突入時の耐熱問題を回避できる。

おそらくそれを日本に向かって攻撃する予定だったらしい。

しかしアメリカがいち早くそれを察知し、

アメリカの方が先にその攻撃をするのではないかと言われている。

そればかりではない、あの地中貫徹爆弾、いわゆるバンカーマスター

今では地中100メートル以上潜って爆発するように性能が上がっている。

デブは地中深く潜り込み我が身の安全を図っているようだが、

このバンカーマスターを撃ち込まれれば近辺の交通システムはすべて破壊されてしまう。

もっと潜り込んでいればそれをダンデムに打ち込み地中を滅茶苦茶に破壊してしまう能力を持っている。

北朝鮮に潜り込ませたスパイからデブの居所はつかまれているらしい。

いずれにしてもデブのあがきはもうほとんど余地がないほどつかまれている。

北朝鮮への攻撃は忌避しがたいとの情報が流れているが、

それはアメリカが攻撃のタイミングを探す時間稼ぎのようだ。

そしてアメリカ国民の間でも北朝鮮を攻撃せよ、という世論が57パーセント以上になっているようだ。

この間までそんな意見は30パーセント台だった。

さぁ何時か、おそらくトランプの来日より以前に行われるのではないかとの観測もある。

なんといっても最大のお土産だ。

日本国民としては一日も早くあのデブをやっつけてほしいが、

もしピョンヤンが攻撃されれば大勢の拉致被害者の身の安全はどうなるか気がかりだ。

アメリカはそこまで居を使わないだろう。

いずれにしても時間の問題、日本人はいつでも勧善懲悪、正義を求めている。

それにしてもだらしのないこの国。

いまだあの憲法一つ変えられず、左翼どもががなり立てている。

こんな反日本人は国外追放にでもしなければこの国はやがてつぶれる。

アメリカの力ばかり頼らないで自国は自分の力で守る姿勢を見せなければ、

いつまでたってもアメリカの属国のままだ。

さりとて今更日本人に目覚めよ、といってもむなしい。

少なくともあの悪平等の選挙システムを変えてしまわない限り、

まともな政治家の出てくる可能性は低い。

それにしてもあのデブ最後を見られるチャンスには胸がわくわくする。

一日も早いことを願ってやまない。

nice!(0)  コメント(0) 

「最早何を言っても遅いこの国」17.09.14 [政治]

毎日毎日どこかのテレビ局で日本を守るにはどうするか、と議論しているが、

今頃何を言っているのか、その議論をする時間はとっくに過ぎてしまっているではないか、

と天を仰ぐ心境だ。

目の前に短刀を突き付けられ慌ててインゴサンゴする日本人、

このインゴサンゴという言葉も讃岐弁なのだが、、、、

どうしてこれほど日本は劣化してしまったのだろうか、

勿論あの戦争に負けてアメリに押し付けられた憲法によるものだが、

まじめな日本人はそれを後生大事に守り、国家の守りを忘れてしまった。

加えてソ連のスターリンに唆された北朝鮮の金日成が手先を日本に潜り込ませ、

日教組なる教育団体を設立し、教育を乗っ取ってしまった。

そして徹底的に左翼教育を刷り込んでいった。

戦後生まれの日本人はその金日成の教育を万心に受け、反日本教育の手先となってしまった。

アメリカが押し付けた民主主義、戦前も日本は民主主義であった。

その日本型の民主主義を否定し、猫も杓子も一票は一票という悪平等を押し付けて行った。

お陰で見てくれ、今の政治家の質の悪さを、いわゆるポピュリズム、

大衆受けする口上を並べ立て、あれほど愚劣な政治家を恨んでしまった。

これは一般論で中にはキラッと光る政治家もいるが、

ほとんどは親からカバンと看板をもらいまるで家業の様に世襲してくる。

お陰でこのざまだ。

政治の背の字もわからない庶民、それとえらい政治学者も一票一票だ。

さりとて今の中国の様に一党独裁でも困るが。

民主主義にも色々あるだろう。

自国を守れないような政治家を選んで、座して自滅するのをじっと待っているのか。

このままでは間違いなくこの国は自滅してしまう。

それを蛙防ぐには政治家の総入れ替えだ。

もはやこの国はクーデターでも起こして強制的に政治体制を変えてしまわなければ間違いなく自滅する。

二千年の歴史も文化も国際社会にとっては何の意味もない。

そんな斟酌をしてくれるような国際社会か。

国連が色々会議をしてなんだかんだと決議案を出すが、所詮今の国連はあの戦争の戦勝国連合。

P5という特権を持った国が、どんな良案も自国に都合が悪ければ拒否権を発動する。

それですべてがパーだ。

そんな国連決議にすがっているこの日本。、そんなものに何の効力があろうか。

さっさと憲法を改正して、自国を自国で守れるように武装することが本当に自国を守る方法だ。

この自明の理がわからぬ庶民に政治を預ける。

お陰でこのざまだ。

国家の決めたことに反対すれば自分が進歩人になったように勘違いする。

それは悪法には反対しなければならないが、味噌も糞もごっちゃまぜにして政府に反対する。

こんな国が世界中にあるだろうか、たとえトンガのような国でも自国を守るには自己主張する。

他国の顔色を窺って、国連様様ですがっているこの国、

そして戦勝国アメリカの属国になってしまっている今の日本。

我々の時代はやがて終わる。しかし我々には子供も孫もいる。

孫の代まで持てばよいが、おそらく子供の時代にはこのままでは済まない事態になる。

さりとてこの政治制度ではこの国は持たない。

日本人よ立ち上がってクーデターでも起こせ、それ以外に方法はない。

nice!(0)  コメント(0) 

「ヘッテクライのアメリカに期待するな」17.09.12 [日記]

アメリカ時間で9 月11日は今日だ。

アメリカをいや世界をあれほど震撼させた事件はない。

それまで二つそろって毅然と立っていた世界貿易センタービル。

その二つが完全に地球上からかき消されてしまった。

我々の常識では考えられないこと。

あれから16年,時の大統領ブッシュジュニアは早速そのかたき討ちを標榜した。

しかし一部にはアメリカが演出した自作自演ではないかとの声も上がっている。

結局その犯人とされたイラクは攻撃され壊滅してしまった。

もしイラクに石油が出ていなかったらアメリカは鼻もひっかけなかっただろう。

そして今は北朝鮮が暴れまくり世界中の鼻つまみ者になっている。

核兵器は作るわ、ロケットは開発するわ、どうにもならない暴れ者になってしまっている。

もはやこの国との話し合いは寸毫も通じない。

はっきり武力をもって叩き潰すしか方法はない。

だがアメリカは動かない。

なぜ世界の警察官と言われたアメリカが掣肘しないのか、

実は北朝鮮を打ち負かしても北朝鮮から得るものはない。

逆に国家再建のために持ち出しをして助けてやらなければならない。

アメリカはヘッテクライだ。ヘッテクライとは讃岐弁でこずるい人間のこと。

自国に何の利益もなければ全然手を出さない。

では日本はどうなるのだ。

毎日毎日北朝鮮の脅威を聞かぬ日はない。

国民すべてが戦々恐々としている。

さりとて政府は全然役に立たない。

あの馬鹿憲法に縛られて実質的に効果ある方策は全く取れない。

国際社会の圧力にすがっているだけ。

国際社会に何の効力があるのか。

あれほど凶悪な北朝鮮を擁護し、核開発、ロケット技術の供与など北朝鮮をまだ助ける国が存在する。

言わずと知れたロシアだ。

そのロシアの大統領プーチンがどれほど凶悪な男であるか、

アメリカ大統領選をいじくり、ついに何の能力もない助平な不動産屋のトランプを大統領に付けてしまった。

トランプに何の国際感覚があろうか、ただアメリカンファーストを唱えるだけだ。

まして持ち出しまでしなければならなくなる北朝鮮など成敗したくない。

お陰で日本は不安定な状態に置かれっぱなし。

その日本はアメリカから押し付けられた民主主義とやらで全く政治が機能しない。

アメリカはトランプ以前からづっとアメリカンファースト。

自国の利益にならなければ全然行動しない。

そんなアメリカに縋り付いている日本。

いつぽいと捨てられるかもしれない。

日米安保にどれほどの効果があるのか、まず自国で自国を守る努力をしてから援助を求めろ、と突き放されている。

考えてみればこの国はあのイスラエルとまったく同じ。

周りはすべて敵国に囲まれてしまっている。

確かに東南アジア諸国はこの国を応援してくれる国があるかもしれない。

しかしそんな国にどれほどの力があろうか。

今やイスラエル、つまりユダヤはアメリカを乗っ取ってしまっている。

アメリカというよりユダメリカだ。

日本はただ経済力だけで国を維持している。

国民は殆ど平和ボケ、政治的判断力はほとんどない。

その極楽とんぼのような国民に政治を預ける。

心ある人は全く頭を抱えている。

毎日毎日北朝鮮脅威論を語るだけでお茶を濁している。

いずれにしてもこの民主主義、就中この選挙制度ではこの国はつぶれてしまう。

nice!(0)  コメント(0) 

「ロヒンギャはイスラムの侵略だ」17.09.10 [時事問題]

このところ連日ロヒンギャ問題がさわがれているが、、

物事はその裏側を見なければ真相はわからない。

はっきり言ってロヒンギャはイスラム教徒の侵略だ。

心優しいミャンマー、そして国民のほとんどが仏教徒の国。

その心根の優しさに付け込んでイスラム教徒はミャンマーを乗っ取ろうとしている。

国際報道ではいかにもロヒンギャが迫害を受けて国を追われようとしている、と報じる。

が本当はイスラムの東方への進出だ。

隣のバングラディッシュはイスラム教国。

元々はパキスタンからインドを超えて進出してきたもの。

そもそもはイギリスがインドを植民地にしていたが、

あの大戦の終わりについにインドを手放してしまった。

東はパキスタンになり、そして東には東パキスタンという国を作った。

それが今のバングラディッシュである。

あくなきイスラムの侵食はミャンマー国境付近に入り込み、次々とその領域を広げていった。

ミャンマーはいろいろな少数民族を抱える国であるが、

ミャンマー、つまり昔のビルマができる以前から住み着いていた。

このロヒンギャとは全然違う。

おかげでアウンサン・スーチーさんは国際社会からあらぬ指弾を受け、

ノーベル平和賞を返せとまで言われている。

ことはすでに武力闘争にまで発展している。

誰がロヒンギャに武器を売り渡しているのか。

言わずと知れたユダ金だ。彼らは見境がない正義も不正義もない。

ただ武器が売れればそれでよいのだ。

イスラム教徒の進出をひそかにあおっている。

最近では南アフリカのノーベル平和賞を受賞したツツ大主教無までが、スーチーさんを非難している。

まったくスーチーさんにとっては迷惑なこと。

彼女がロヒンギャをたきつけたのではない。

確かにロヒンギャの女性や子供老人にとっては大変な苦労が迫っていることには同情するが、

それを利用してミャンマーの住民として割り込もうとしているイスラム教徒にはミャンマー乗っ取りの意図が隠されている。

この間背も書いたが、インド根シフも元々は仏教国であった。

それを強引に入り込み、ついには国を乗っ取りイスラム教国にしてしまった。

インドネシアの舞踊劇「ケチャ」にはそれが物語られている。

イスラムの寝室は土止めを知らない。

次にフィリピンにも進出しようとしている。

モロイスラム戦線という武装組織が入り込み、

あちこちで先頭を繰り返している。

インドネシアにはジェマ・イスラミアという武装闘争の本部がある。

まさか日本にまで進出してくるとは思えないが、全く油断は禁物。

尤も日本は国力経済力が彼らとは格段に違う。

それよりも恐ろしいのはあの北朝鮮だ。

彼らも追い詰められている。

国民の大半が食うや食わずで草の根をかじって生き延びているのに、

核強国が存在を保証すると確信しており、もはやどんな話し合いも通じない。

それは日本にとって国家的危機だが、

ミャンマーにとってロヒンギャ問題は一番の国家的危機である。

スーチーさんは今国際社会から非難されているが、

一番の被害はスーチーさんそのものである。まったく同情を禁じ得ない。

nice!(0)  コメント(0) 

「何事も言葉通りには信じられないもの、、、17.09.08 [国際問題]

 ノーベル平和賞受賞者でミャンマーの実質的な大統領を務めるアウンサン・スーチーさん。

があらぬいいががりをつけられ非難の的となっている。

かのロヒンギャ問題でだ。

このロヒンギャもともとミャンマーにはいなかった民族。

そのロヒンギャが政府からたたき出されるとして文句を言っているのだ。

ミャンマーはもともと仏教国。

そしてこのロヒンギャはイスラム教徒。

イギリスからインドが解放されて、イスラム教徒は西東に分かれた。

西側はパキスタンというイスラム教国になった。

そしてなおイスラム教を広げようとインドをまたいでバングラディッシュという国を作った。

昔は東パキスタンと呼ばれていたが、独立してバングラディッシュと名乗った。

そしてまだ東に進出しようとミャンマーに入り込んだ。

ミャンマーにしては迷惑な話である。

その人たちが今のロヒンギャと言われる人たちだ。

それらが政府から迫害を受けてたたき出されていると文句を言い始めた。

元々ミャンマーは国民のほとんどが仏教徒の国。

そこに無理やり入り込んでイスラム教を広げようとしているのだ。

スーチーさんとしてもとんだ災難である。

元々今のインドネシアももとは仏教国であった。

それを件のごとく強引に入り込んでついにはイスラム教の国にしてしまった。

ミャンマーとしてはそんなイスラムに国を乗っ取られたくない。

かくて排除作戦は始まった。

すると今度はミャンマー政府から迫害を受けてたたき出されようとしている。

と国際社会に訴える。

事情を知らぬ他国はいかにもミャンマーが人権を迫害して追い出そうとしているがごとく報道する。

元々悪いのはイスラム教だ。

インドネシアが乗っ取られたようにミャンマーをいつかイスラム国家にすべく大げさに迫害されていると大声で叫んでいる。

まるで日本に住み着いたどこかの国の様に国家の乗っ取りを考えているのだ。

日本はたとえ戦争に負けたとしてもそれまでの長い歴史と文化がある。

そして国民のリテラシーが高い。

それでも左翼は事あるごとにが゛街頭に出てきて反日本宣伝を行う。

しかしもともと東南アジアの人々は優しい民族だ。

そのやさしさに付け込んで次々にイスラム教を浸透させようとしている。

フィリピンでもイスラム教徒が入り込み、さかんにイスラム教を広めようと軍事行動を起こしている。

ジェマイスラミア戦線と称して国家転覆を狙っている。

このように迷惑をこうむっているのはミャンマーの方なのだ。

人権だ自由だ、権利だといかにも通りそうな屁理屈をつけて国家転覆をはかる。

スーチーさんもいい迷惑、この問題に対応していないと国際社会からクレームをつけられる。

何事もことが起こればその裏をよく見なければ。

かくのごとく一神教というのは宗教を笠に次々侵食してゆくものである。

あまりにもスーチーさんが気の毒で一筆書かざるを得なかった。

日本はあの朝鮮半島からいちゃもんをつけられまくって閉口しているが、

いずれにしても一神教というのは宗教などではない。

侵略のためのイデオロギーだ。

中国共産党は宗教は精神の麻薬だ、と難じているが、

しかし一神教は宗教の麻薬などではない。

侵略のためのイデオロギーだ。

nice!(0)  コメント(0) 

「やっと核武装論が出始めた」17.09.06 [政治]

福井工業大学の島田洋一先生がやっと日本の核武装論について、議論を忌避するなと声を上げている。

それもアメリカで日本の核武装は必然と騒がれ始めてからである。

遅いんじゃないですか、それほど日本の公人は度胸がない。

つまり今の日本人そのものだ。

なぜ日本人はこれほど腰抜けになってしまったのか、

それも核武装の議論を忌避するな、と婉曲的だ。

堂々と核には核で対抗するしかない、と言い切ってくれればよいものを。

それまでなにくれとなく島田先生の言論には耳を傾けてきた。

やっと公人が声を上げてくれたが゛、いささか遅すぎるのではないか。

そうなのだ名のある人とか公人とか世論を引っ張ってゆくような人は世間を憚って、

また政府の動きに忖度してまともに声を上げてくる人など全然なかったのだ。7

我々の様に公には何のしがらみもない私人がいつも正論をかかげる。

あの櫻井よしこさんでもそんなセンシィティブな話には言及しない。

何時から日本人はこんなに腰抜けになってしまったのか。

戦勝国に押し付けられた憲法に押さえつけられ、

反対でも叫ぼうものなら、すぐ左翼が街頭に出てきて大騒ぎする。

そしてあの憲法があったから70年間戦争に巻き込まれなかったと喚き散らす。

馬鹿を云えあの憲法があったからではありません。

米ソ冷戦のおかげでどちらも日本を敵に回したくなく手を出さなかっただけの事だ。

その偶然の谷間を利用し、銭儲けに専心した日本。

今や世界一の金持ち大国になってしまった。

島田先生だけではありません。

ほとんどの先生方から日本の核武装論の話を聞いたことがありません。

なぜあれほど北朝鮮に日本人を拉致されのか。

それでも正々堂々と向に立ち上がろうとはしませんでした。

なぜ北朝鮮があれほどの日本人を拉致していったか、

それは日本がもう武力で攻めてくることはないと確信してあれだけの邦人をかっさらってしまったのだ。

いい加減に日本人も目を覚ませ、そしていまだに韓国を武力統一することをあきらめず、

年々再々韓国にスパイを送り込んで韓国の世論を捻じ曲げている。

おかげで北朝鮮礼賛のムン・ジェインが大統領に成りなお一層北朝鮮にすり寄っている。

アメリカからはいい加減にしろよ、と注意を受けているが、

その瞬間だけアメリカの顔を立てうなずいている。

いずれにしてもあれだけの凶悪国、地球上には存在させてはならない国。

武力で叩き潰すしか方法はない。

今頃になって日本の核武装論なんてあまりにも遅すぎる。

しかもまだ島田先生は核武装論を忌避するな、と腰が引けている。

核武装だけではなく通常兵器でも再軍備し、攻撃兵器を大いに開発する時だ。

そしてミサイルを林立させて北朝鮮全土を何時でも攻撃できるよう備える時だ。

残念ながら今の政府は何の役にも立たない。

口を開けば平和的解決だ、話し合いだとすっかり腰抜け話にならない。

でもこの民主制度政治を変えることなど普通の方法では不可能だ。

思い切ってクーデターでも起こして政権転覆をはかり、国を守れる政府を作ることだ。

それでもまだ島田先生は声を上げただけまし。

他の評論家はいったい何をしているのか、政府から声がかからないかといつも政権の方を向いている。

国民を守るのはいったい誰なのか、国民もそろそろ身の危険を感じ始めている。

いい加減に誰か手を上げないか、、、

nice!(0)  コメント(0) 

「尻に火がついているのに、、」17.09.04 [時事問題]

今日は黙っておこうとした。

だがあのデブのおかげで黙っていることが我慢できなくなった。

今回は水爆実験を行ったと宣うた。

北朝鮮北部で地下で核爆弾の実験を行い、マグニチュード6.1の地震を起こさせてしまった。

前回が5.7だとい言われているのでそれをはるかに上回る。

広島に落された原爆がTNT火薬に換算すると約20トンほどであったが、

今回の水爆実験は約70トンに相当するそうだ。

そんなことを聞いて黙っているわけにはいかない。

本来地震の巣は全然ないところ。おかげで近くの住民は腰を抜かせるほど驚いたという。

隣の中国東北部も相当揺れたらしい。

人騒がせもいい加減にしろと言いたいが、実は追い詰められているのはあのデブの方なのだ。

口ではアメリカを火の海にしてやるとか、

大きなことを言っているが今のところせいぜいグアムを攻撃できる程度のミサイルしかもっていないらしい。

そこでこんなかの水爆実験を行い世界を驚かす暴挙に出たらしい。

それを新聞テレビで今にも北朝鮮が襲い掛かってくるようなことを言いふらし、国民を一層不安に陥れている。

追い詰められているのはあのデブの方なのだ。

いわば半狂乱状態、いつアメリカの斬首作戦が実行されるか、戦戦恐恐としている。

しかし問題はこの国の対応だ。

非核三原則とか武器使用三原則とか、自らの手を自分でしまっているそしていまだにあの馬鹿憲法を変えられないでいる。

そしてその原則を作ったころの世界情勢を見よ。

これほど北朝鮮が凶悪化していたか。時代は変わった。

もうそろそろ政治が目覚めてあらゆる手かせ足かせを外す時だ。

国会で決めたのだから国会で解除せよ。

しかし残念ながらそれを言い出せば野党が赤子の手をひねったように騒ぎ出す。

挙句は街頭に出て意味をなさない騙言を喚き散らして大騒ぎする。

もうそろそろ国民もそんな輩の驚言に騙されず目を覚ます時だ。

スマホをあてがわれ、ポケモンを追い回している時ではない。

あのデブは完全に狂っている。

今や裸の王様状態。本当に注意してくれる部下などほとんど処刑してしまっている。

そんな狂人に刃物を持たせたようなもの、それもただの刃物ではない。

いっぺんに何百万人も殺せる殺人兵器を持たしてしまった。

だがそれをセイブするアメリカは優柔不断だ。

トランプは決断するだけの能力がない。

かくて日本はその脅威さらされっぱなしだ。

そして無能な政府、いまだ話し合いだ、締め付けだと屁のツッパリにもならない御託を並べているだけ。

こんな政府などいらぬ。

一日も早く取っ払って国民の命を守る政権を作ってくれ。

しかしもうまともな方法でそんな政府を作ることなど不可能、

勇気ある指導者が出てきてクーデターでも起こさなければ不可能。

北朝鮮に脅かされ、アメリカには騙され、ロシアにはきりきり舞いさせられている日本。

そして追い詰められた北朝鮮はいつ発狂するかもしれない。

我々はもうすぐ終わる。だが我々には子供や孫がいる。

それらの世代が安心して暮らせるような国にしてゆきたい。

しかしあまりにも平和ボケが長すぎた。

これでは安心してゆけない神様、仏様、御大師さま、あぁ無念、、、

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る