So-net無料ブログ作成
検索選択

「暫くお休みのお断り」10.09.23   [日記]

ことは今年の猛暑に原因はある。

世界中でこの異常気象は、思わぬ災害をもたらし、

余りの異常な熱さに、ついに私も熱射病にかかってしまった。

救急車のお世話になり、去る病院に担ぎ込まれ、そして点滴を受け静養していた。

ただの熱射病であれば二、三時間も静養すれば元に戻るのだが、

がどうしても嘔吐が止まらない。

その嘔吐物の中身を見ていた看護婦が、

どうも微量ながら血が混じっているように見える、と医師に申告したものだから、

早速胃カメラを飲まされ、胃の中を検査されるはめになった。

それで分かったのだ、胃ガンに冒されていることが、さぁ大変、

かかりつけの病院に行き、治療を受けることを勧められた。

だが本人には何の自覚症状もない。狐に鼻をつままれた感じ。

でいつもの病院に行ったが、担当医師はすぐ手術をしましょうと云ったが、

他の医師からストップが入った。

この患者は単に胃だけを患っているのではない。一番肝心な心臓病を患っている。

そうなのだ2年半以上も前、心臓に異常を来し、専門医の診察では、

既に一方の冠動脈が石灰化している、すぐにでも手術をしなさいと進められたが、

それを断って今日にまで放置していたのだ。

もっともっと進行している事が考えられるとして、

とても胃の手術には耐えられない、根本的に直さなければならないと言う理由で、

ついに総合医療が出来る広大病院を紹介された。

さすが国立大学の総合病院、案の定心臓はとても、

胃の手術に耐えられる状態ではないことが分かり、否応なく心臓手術をすることになった。

あれよあれよと云う間に各医師間のスケジュールが決まり、

そして明日から入院、手術を受けなければならなくなったと云う次第。

お陰でこのブログは休まざるを得なくなった。

時恰も日中関係が緊迫し、政治の動向が一番気掛かりになる時。

その流れを見られなくなることは、返す返すも残念なことだが、これも運命、

事は何時も偶然から始まる。

医師にとっては心臓手術など日常茶飯事、気にも掛けない事だろうが、

こちらは生まれて初めて大手術をする身、緊張がないなんて見栄を張れる余裕などない。

でも考えてみれば脳梗塞に始まり、心臓病、軽いとは言え糖尿病、

加えて前立腺肥大、とどめが胃ガンだ。

私自身はこの年まで、よくぞ生かして頂いたと感謝している。

会社経営には失敗したが、決しては人生には失敗していないと自負している。

全て人生の中の出来事、会社が失敗しても、

勤め先に失敗しても全て人生の中の一コマだ。

ただ現世から遊離し趣味の世界に逃げ込むなど、どうしても考えられないせっかち者。

それのみが私をこの世につなぎ止めてくれる唯一の絆、

何処までそんな贅沢を許して貰えるか甚だ身勝手だか、

意識ある間は世の中に挑戦してゆきたい。

と言うことで暫くお休みさせていただきますので、お断りしておきます。

何時の日か又復帰して皆さんにお目にかかりたいと思っています。

それにしても毎日、絵もなければ写真もない、

手前勝手な文章にお付き合い下さいましたことに、厚く御礼申し上げます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

T.N

ご本復をお祈りしています。

by T.N (2010-09-23 20:48) 

roshy

有難うございます。昨今の高度医療を信頼してぜひ生還したいと思っております。
by roshy (2010-09-24 04:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る