So-net無料ブログ作成
検索選択

「ちょうにち新聞の罪や重し、、、」13.10.16   [巷の話]

今日のサンケイ新聞にはあの河野談話がいかに杜撰で、でたらめであったか克明に描いてある。

韓国側の策略に乗せられ、この談話を出してくれれば事は決着つくから、

と言われ安易に発表してしまった談話。

ところがこれで解決が付くどころか、これで日本攻撃への火ぶたは一気に開かれてしまった。

如何に韓国が卑劣な国であるか、それを擁護するこの国の朝日新聞。

私は朝日新聞を(ちょうにちしんぶん)と読んでいるが、それほど自国に弓引く新聞社、

その為に国民がどれほど騙されてきたことか。

それにしても韓国の狡猾さ、日本を悪く言わないと大統領にも国会議員にもなれない。

民主主義の欠陥を最大限背負った様な国。

勿論日本もその陥穽に墜ちているが、それでもまだ事を冷静に考える人はいる。

そしてこの河野談話を手にした韓国は世界に日本の非を訴え、

米国議員も買収し米国会で非難決議を可決させている。

そして世界中で日本の非を鳴らしている。

それでもまだ足りず、人の国の大使館前に従軍慰安婦の像を設置し、

足を踏み鳴らして日本の事を非難している。

流石にそれも行きついたのか、この国からの反撃にあったのか、

最近は議会工作は下火になっているようが。

それにしてもこの安易な謝罪を出した当時の官房長官河野洋平、

国家をこれほど傷つけて何の反省もないのか。

せめて国会に喚問して当時の事情を聴くぐらいの事をしても良いのではないか。

最近韓国は米国に見切りをつけ、盛んに中国にすり寄っている。

その中国が今どんな状態であるか、日の出の勢いだった経済成長は止まり、

あの横車を押すには少々馬力不足になってきている。

それどころかここにきて一党独裁の軋轢が一気に噴き出し、国内がパンクはそうな状態。

その不満の逃げ道を尖閣問題に集中させ、何とか逃げようとしている。

経済発展からわずか三十年余り、世界第二位の経済大国になり、

アメリカに追いつこうとしているが、何分にもしっかりした手順を踏んでいるわけではない。

アメリカに対抗できるだけの軍備には程遠く、まるでおもちゃの軍隊を並べた様な稚拙さ。

ただ決め手の核兵器だけはふんだんに持っている。

一党独裁の寡頭体制は何をするにしても反対意見が出ることはない。

つまり最後には核兵器を制御するような意見は出てこないのだ。

あの軍事力ではこの国の自衛隊にも及ばぬ実力。

最後の拠り所は核兵器しかない。

そんな危険を前にしてこの国は一体何をしているのか、

この国を取り巻く国々は仮想敵国などではなく、全く真正の敵国。

中国が経済混乱と内部不満で崩壊してくれることを只祈っているだけ。

そんな神頼みにもならないような希望に縋り、只経済、経済と力を入れている安倍政権。

残念ながら今の日本には国を引っ張って行けるような人材など払拭されてしまった。

この期に及んであの反日河野洋平をまだ正すことも出来ない。

そして日本人の心の真柱靖国神社にも参拝できない。

何が所信表明だ。

しっかり韓国とも向き合わなければこの国は沈没する。

いくら経済発展しても心が腐っていては、、、、
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Donkoyp

新華社の東京支社が朝日新聞社の本社ビル内にあると最近知って驚きました。そこまで中国に追従しなければならないのか!このような朝日の体質を何も知らないで朝日の記事を鵜呑みのにしている読者がたくさんいると思うと日本の将来に不安を感じてしまいます。
by Donkoyp (2013-10-16 09:16) 

roshy

全くおっしゃる通り、朝日を読んでいるといかにも進歩人になったように勘違いするが多いのですが、実際は左翼の塊、日本には百害あって一利もなしの偏向新聞です。戦前は大本営発表の補足新聞のような役割を果たしていましたが、戦後になるとくるりと身をひるがえし、左翼新聞になり果てました。いや売国新聞といってよいでしょう。このちょうにち新聞が凋落するときはじめて日本という独立国は回復します。
by roshy (2013-10-16 11:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る