So-net無料ブログ作成
検索選択

「平和ボケ国家の悩みは深し、、」14.01.22   [巷の話]

スイスモントルーと云えば毎年恒例のジャズフェスティバルで有名なところだが、

その昔ヨーロバを商売で回っていたころ、一度はこのジャズフェスティバルに行ってみたかった。

残念ながら予定が合わず遂に行かずじまいだったが、今は昔の話になってしまった。

さて今年はそんなお楽しみとは全然関係のない、シリア和平会議がそのモントルーで開かれている。

それに国連事務総長バン・ギブンがイランの代表を招待し、

欧米から猛反発を受け、慌てて取り消している。

一体まだ燃え盛っているシリアの戦火を消すことができるのか、はなはだ疑問。

ロシアは何としても自国の国益を逃したくなく、

アメリカは財政難でとてもシリアなどにかかわってはいられない。

それが悲劇を尚も大きくしている。

大国と云うのは自国の都合次第で他国がどうなろうと一切お構いなしだ。

既にシリア内戦では12万人以上の犠牲者が出ており、悲劇は毎日続いている。

一日も早くそれを止めるのが大国の役目なのだが、そんなものそっちのけで国益ばかり追求している。

既に難民は周辺国に逃れそこでも悲惨な生活を強いられ、全く地獄のような生活をしている。

幼い子供もか弱い女性も関係なく虐殺してしまう残虐さ。

毎日空から爆弾攻撃する政府軍の後ろにはアサド大統領が付いている。

北朝鮮の金正恩と同じくこれ程人道に対する罪を犯している指導者はいないだろう。

同じ自国民を容赦なくよくも爆撃できるもの。

自らの権力維持のためなら鬼にでも蛇にでもなれるもの。

それでもまだ次の大統領に立候補すると云うのだ。

どうしてそんなことが許されるのか、と考えるのは平和な日本に暮らす我々の見方。

当人は人道などと高尚なことは考えてはいない。

まずこの人物の除去からだろう。

がアサドの裏にはイランとロシアが付いている。

エジプトの様に下手に民主化など進めていれば収拾のつかない状態になる。

でも多くの国民は隣のレバノンに逃れ、ヨルダンに逃れ、すぐ北のトルコに逃れている。

シリア自身が日本と同じぐらいの緯度にある。

山岳地帯は豪雪に見舞われ、とてもテント暮らしで過ごせるところではない。

勿論この国では手も足も出せない。

そして今のところロシアの方が優勢なのだ。だがそのロシアにも弱味はある。

すぐ前に迫ったソチ冬期オリンピック、それがカフカスのテログループに狙われている。

既に周辺では爆発騒ぎ連続して起きている。

アメリカは万一のことを考えて黒海に艦艇を派遣している。

我が国も多くの選手団を送り込み、その安全を祈らずにはいられないが、

万一の時はどうして救出するのだろうか、又してもアメリカ頼みしかないのか。

尤も今はそれどころではない。

普天間の移設は拒否され、頭を抱えている時にあの東京都知事選の火ぶたが切って下ろされた。

実際他国の事など考えている余裕はない。

それでも安倍首相は経済こそがこの国を救うと云って釈迦力になっている。

日本版NSCは出来たと云うが、それも手枷足枷はめられ真面に機能するかどうか、

平和ボケ国家の悩みは深し、、
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

キン坊

2013年1月1日~12月31日、沖縄タイムスのオピニオン面に掲載された一般投稿は計2323本(「主張、意見」1557本、「論壇、寄稿」409本、「茶のみ話」357本)です。

投稿者年齢別の投稿数
10代  29  1.2%
20代  25  1.1%
30代 127  5.5%
40代 238 10.2%
50代 216  9.3%
60代 730 31.4%
70代 710 30.6%
80代以上 239 10.3%
記載なし    9  0.4%

平均年齢は63.8歳。10回以上掲載された人は54人。

投稿者住所別の投稿数
那覇市  673
沖縄市  181
浦添市  167
うるま市 146
宜野湾市 118
豊見城市 118
糸満市   76
西原町   70
南風原町  55
名護市   55
その他県内397
県外   155
外国     3
記載なし 109


by キン坊 (2014-01-24 00:20) 

roshy

キン坊様コメントの意味と意向が分かりません。
by roshy (2014-01-24 10:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る