So-net無料ブログ作成

「バク・クネに鉄槌下す絶好のチャンス14.06.29 [時事問題]

 日本の従軍慰安婦をネタにゆすり続けていた韓国、今度は米軍慰安婦の問題が提訴されてしまった。

それも122名が、我々の事も忘れてもらっては困ると。

朝鮮戦争以来米軍は長く韓国に駐留し続けた。

その米兵を慰安するために韓国が大統領の肝いりで開設し、それを国家として管理していたのだ。

日本の場合はあくまで民間の施設として、

当時会社員の月給が20円程度であった頃、慰安婦一人に付き300円と云う高額で募集した。

女衒たちは走った村々を、若い娘のいる家では競って差し出した。

が米軍慰安婦は大統領の直轄で外貨を稼ぐ愛国者として奨励された。

そういえば日本にも当時外貨を稼ぐためとして、キーセンパーティと銘打って大いに誘いがあった。

我々が現役時代取引先の商社が韓国旅行に誘いに来ていた。

大事な取引先の誘い、断るわけにもいかずしぶしぶ出かけたものだ。

それもあちらにとっては大事な外貨を稼ぐ方法。

今盛んに従軍慰安婦でこの国に難癖をつけ続けるパク・クネ大統領、

しかしその米軍慰安婦を奨励していたのは父親の朴正煕大統領だ。

一体この事実を何と説明するのだろうか。

折しもベトナム戦争の真っ最中、朴正熙大統領は即ベトナムへ出兵を決断し大量の兵隊を参戦させた。

韓国軍が参戦した戦場では最も勇敢に大量のべトコンをやっつけた。

がその裏でどれ程ベトナム女性を蹂躙しただろうか、

置き土産として大量に韓国人とのハーフが出来たと云う。

ベトナムでの韓国の印象は決してよくない。

それ等の事実を前にしてまだこの国を悪し様に云うのか。

そして経済発展を遂げた韓国は大量に米国に入り込み、

政治力まで利用しこの国の従軍慰安婦問題を喧伝した。

何でもよい政治資金を提供してもらえばよい米議会議員はそれを米議会に持ち込んで韓国の要求にこたえる。

それを第一次安倍総理は米議会で陳謝する。

加えて河野官房長官談話だ。

それ等全て根拠がなかったことが明かになった。

韓国は鬼の首でも取ったようにはしゃぎまくる。

それがどれほど今この国を苦しめているか、

あれほど明々白々に事実に反する証拠が出て来ても河野洋平はしゃあしゃあとしている。

この国もアメリカからの圧力に負けてあの談話を見直さないと云っている。

だが検証だけはすると云っている。

何をそれほど卑屈になっているのだ。

戦勝国に押し付けられた今の憲法、

戦勝国は二度とこの国が立ち上がってこない様あらゆる手枷足枷をはめて行った。

その頚木が何時までも祟る国、同じ敗戦国でもドイツはおよそ50回も憲法改正をしている。

なのにこの国は憲法に手を付けられない。

何故これほど卑屈なのか、来年はあの戦争に負けて70年になる。

何時になればこの国は本当の独立国になれるのか。

確かに経済は発展した。そして世界一の金持ち国になった。

がその富を奪い取ろうとアメリカが押し掛ける。

何しろ武力で組み敷かれているのだから如何ともしがたい。

だが韓国にこの二律背反を何時まで言われっぱなしなのだ。

此処で反撃しなければこの国は永遠に立ち上がれない。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

韓国大嫌い

韓国は日本の領土である竹島(島根県沖)を不法占拠している。その上、
韓国の歴代の大統領は反日教育を行ってきた。
その結果と思われるが、韓国には日本人に対してとんでもない悪質ないたずらをする男共がいる。
街中で日本人と見るや、いきなり後から来て足を上げた瞬間に片方の靴を、あっという間に脱がせて、その靴を持って逃げてどこかへ消える。
とても手馴れた技と行動なので、今まで何百人もの日本人に対して行ってきたのだろう。
こんな格好ではとても日本に帰れない。
日本人と見るや、どんな嫌がらせをされるか分からないので、韓国へ行く人はそれなりの覚悟が必要。
すり(特にパスポートすり)及びタクシーや飲食店のボッタクリ、置き引き及び売店の粗悪品、にも要注意。
韓国は反日、台湾は親日と感じた旅であった。

by 韓国大嫌い (2014-06-29 13:43) 

roshy

それはお気の毒な目にあいましたね、そんな小悪しかできない韓国人を軽蔑しますが、すべてあの国の焦りでしょう。何しろ日本に統治してもらうまで五百年以上も中国の属国でした。日本が再び武力で立ち上がってこないことを確認すると、まさに言いたい放題、やりたい放題です。しかし世の中は因果応報という言葉があります。すでに墓穴を掘るような事象は現れています。朴大統領も任期一杯務められるかどうか、早晩明らかになるでしょう。
by roshy (2014-06-29 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る