So-net無料ブログ作成
検索選択

「よくもここまでなめられたもの」17.06.14 [時事問題]

 ロシアが日本のEEZ内つまり日本の排他的経済水域内で海洋資源調査を行ったというニュースが流れている。

しかし考えてみればあの狭い海峡、EEZなどではなく日本の領海そのものではないか。

プーチンはどこまで日本をなめたら気が済むのか。

勿論外務省はロシアに抗議をしたそうだが、日本の抗議など鼻先で笑われるだけ。

何をしても絶対武力では立ち上がってこない。

となめ切っているロシア、それは北朝鮮も全く同じである。

どうしてこの国はこれほど国際社会から馬鹿されるのか。

勿論何をしても絶対に抵抗してこないとなめ切っているからだ。

すべてあの平和ボケ憲法に縛られているからだ。

だが憲法改正でも口にしようものならオール野党が結束して反対運動を起こす。

まるで三つ子が口をひねられたがごとく地団駄踏んで大声で泣きわめく。

ロシアはそんな日本をなめ切っている。

何をしても絶対立ち上がってはこない。

こんなになめ切られていることに国民は全然反応しない。

ポケモンをあてがわれ、スマホをいじらせておけばほとんどの若者は良い子をして遊んでいる。

そんなロシアも実は国内が相当荒れているらしい。

燎原の炎といえば少々大げさだが。その火は確実に燃え上がっているようだ。

海外にはあまり報道されていないようだが、

この度その反プーチン運動の指導者アレクセイ・ナワルヌイという反プーチンの指導者が当局に逮捕された。

何も暴力的デモではない、。それを警察当局が参加者を手あたり次第逮捕しているという。

まあプーチンには蚊が刺したほどの痛痒もないだろうが、

このまま反プーチン運動が収まることはないだろう。

そんな国内問題を抱え、放置することもできないプーチンは国内の騒動を無視してなおも人の国の資源調査をこっそりやる。

もっともこっそりではないだろう。

日本をなめ切っているからだ。

勿論領空ぎりぎりの空域ではロシアの爆撃機が定期的に日本を監視し飛んでいる。

そんなロシアにまだ腰を折って領土返還交渉を行おうとする日本。

実はロシアは相当経済的に困窮しているらしい。

欧米とアメリカの経済制裁がジワリ、ジワリと首を絞め息が苦しくなってきている。

困っているのはロシアの方だ。北方四島など暫く放っておけ。

その内あちらの方から泣きついてくるだろう。

とは少々楽観的に過ぎるが、それより国内問題だ。

文科省の前事務次官が問題を起こしている。

そして敬の森友問題、それもまだ解決したわけではない。

本来なら安倍内閣はとっくに交代している時。

それでも安倍政権は続いている。実は自民党に代わる政党がないからだ。

民進党のざまを見てくれ、それで政権をとれるとでも思っているのか。

なんといっても共産党と手を組んで政権を狙う。

国民を馬鹿にするでない。

まともな国民なら共産党がどんな政党かよく知っている。

その共産党にすり寄る民進党、国民も自民党政権にはうんざりしているのだ。

しかしこの国を安全に引っ張ってゆく政党がまい。

加えて近隣諸国から目の敵にされている日本。

ロシアもそんな日本を見て海洋資源の調査まで始めた。

恥ずかしいとは思わないか、国民の大多数は政治など頭の片隅にもない。

そんな国民に政治を預けている日本。今の民主主義などポピリズムそのものだ。

こんな日本でよいのか。

やはりクーデター以外ではこの国は救えそうもない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る