So-net無料ブログ作成
検索選択

「アメリカことではない」17.07.27 [政治]

遂に司法長官が反旗を翻したか、そしてティラーソン国務長官も噂に上がっている。

とりあえず長官は否認しているが、トランプに嫌気がさしていることは事実らしい。

国務長官といえば副大統領に継ぐ要職なのだ。

いずれにしてもトランプミニストレーションの崩壊を意味している。

いくら何でもあんな不動産屋にアメリカが経営できるか。

世界の大国アメリカがこれほど揺れ動いている中、

一人意気軒高なのが北朝鮮のあのデブ、金正恩なのだ。

今年はまだアメリカまで届くミサイルはできていないらしいが早晩それは成功するだろう。

そしてアメリカの中枢部、つまり東海岸ニューヨーク、ワシントンを攻撃してやると嘯いている。

このパラノイアは本当にやるかもしれない。

実力でアメリカとの軍事力の差がわかっていないのだ。

側近はこのデブに耳当たりの良いことしか言わない。

そしてそのデブをロシアが支えている。

実際にミサイル技術も核弾頭の開発もロシアが指導している。

そしてあのデブがアメリカが再び挑戦してくれば断固これと戦うと宣わっている。

誰が北朝鮮に挑戦したのか、

事実を歪曲してさもアメリカが北朝鮮に戦争をも吹っ掛けたようにすり替える。

明らかに北朝鮮が武力で韓国に攻め入ったのが朝鮮戦争の始まりだ。

そしてさもアメリカが攻め込んできたように事実をすり替える。

この言いたい放題の世の中、嘘でもいいから先に云った方が勝ちだ。

そんな朝鮮人が日本の中で大顔で手を振って歩いている。

皇居の近くにある朝鮮総連、あの一等地を日本は与えているのだ。

挙句の果ては一兆円以上の資金を提供し、いまだ一銭も返済されていない。

それより何百人の日本人が拉致されているか。

普通の国なら国権の発動、武力でもって取り返しに行くぞ。

それもできない我が国の政府、すべてあの馬鹿憲法に縛られているからだ。

世界中の笑いもの、だれがあんな憲法を押し付けたと思うか、

戦勝国れか号の頭アメリカが押し付けて行ったものだ。

本来ならばとっくに日本人の手で改正されている。

しかし終戦直後の混乱に乗じて、ソ連のスターリンに唆された金日成の手下が日本に潜り込み、

日教組という教区組織を作り、日本人を徹底的に左翼教育を刷り込んでしまった。

おかげで戦後生まれの日本人はさも日本が悪いことをしたように思いこまされてしまった。

そしてこの言論自由を逆手にとって左翼どもが喚く、

何かあるとすぐ街頭に出てきた聴衆を煽動する。

一般の国民は政治になど全然関心がない。

あおられればあおられたようになびいて行く。

この数々民主主義では偉い学者の一票もその辺のおばさんも一票は一票だ。

そして政治がこの衆愚によって決まる。

見てくれ昨今の国会議員の質の低下を。

国家をどのように守るかではなく、ただ政権が欲しいだけ。

政権を取ればどうするかの考えはない。

そしてあの森友事件に加計学園事件、おまけに今治の獣医学科新設問題、

まだ文部省善事務次官の提訴問題。

そんなことをしている暇があるのか、今にも北朝鮮は暴発しようとしている。

アメリカまでは届かなくとも日本は十分その射程圏内にある。

そしてアメリカ軍基地は全国にある。

重箱の隅をつついている場合ではないぞ、

やはりこの国はクーデターでも起こさなければ自国を取り戻せない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る