So-net無料ブログ作成

「女狐の化けの皮ははがれたか、、」 [時事問題]

そうかやはり蓮舫狐は逃げたか、当然のことだろう。

一化粧品会社のキャンぺンガール、そして半日本人。

そんな人間が公党の党首になること自身が間違っていた。

一体彼女に日本をどうしてゆこうという構想があったのか。

そんな女が前首相を務めたことのある重鎮を幹事長に据えた。

その話だけでも逆立ちしているだろう。

いくら自民党に勝てないからとして野党連合を構成する。

その中には陛下の首をはねようとする共産党が入っているのだ。

いやその共産党に引きずられる野党連合。

心ある日本人ならば民進党など相手にしないはずだ。

さりとて自民党が良いわけではない。

見てくれ昨今の醜聞を、あの二階俊博が幹事長になって以来日本人の心は投げ捨てられてしまった。

あれほど凶悪を振りまく中国共産党に腰を折り、現主席習近平の手を掲げ、

それほど中国にすり寄っていた男。

そんな男が幹事長を務める自民党なんて結党以来の醜聞だ。

だがこの民進党の蓮舫、自らの国籍問題ではっきり日本人であることが確認できなかった女。

そんな女を党首に担ぐ方も方だ。

民進党には人材はいないのか、前原元外相や長島昭氏、

それらがなぜ民進党を出て新しい政党を結党しないのか。

現在の政治は数だ。

信念とか国家構想なんて高尚な理念は消えてしまった。

おりしも世界も荒れ狂っている。

アメリカがあの大バカ者のトランプを大統領に選び、アメリカ自身が分裂しようとしている。

その影響はこの国にも大きな影を落としている。

第一あの安保条約は中身があるのか、今や単なる空文でしかないと疑ってかからなければならない。

そして北朝鮮のデブはパラノイアに陥りいつ発狂するかもしれない。

防衛大臣の首を挿げ替えたとしてもこの国は守れない。

世界は荒れ狂っている。それに対してこの国の政治はどうなっているのか。

国会は重箱の隅のつつきあい劇場に終始し、安倍首相はじどろ戻ろ。

国民の命を守るべき協議は一切行われていない。

今やこの国は丸裸の状態だ。

海を隔てているおかげでかろうじて平和が維持されている。

そして国民は遊び惚けている。

戦後一番の危機が迫っているというのに。

いかに今の民主主義が政治に悪液を流しているか、猫も杓子も一票だ。

そんなことで本当の政治家が選ばれるはずがない。

この度の蓮舫退任劇、民主党も行きつくところまで行きついてしまったことをも証明している。

新しい旗を掲げよ、政治の本来の目的に帰れ、

国民の命を守り、財産を守り、国境を守る本業に帰れ、

重箱のつつきあい劇場になってしまった国会。

そんなのんきなことを言っていられる時代ではないぞ。

籠池なんか検察と裁判所に任せ、国会本来の議論を進めよ。

それに安倍さんの賞味期限は過ぎた。

どこかに精神で高潔な人物はいないか。

今ささやかれている石破茂さん、どうして憲法改正に躊躇しているのか、

国民の判断に任すといつもお茶を濁しているる。

正々堂々と憲法改正を掲げ、とりわけあの9条の撤廃、今や焦眉の急を告げている。

救世主は出てこないか、

やはりこの国はクーデターでも起こさなければ自国を取り戻せないのか、、、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る