So-net無料ブログ作成
検索選択

「世界に年末も正月もない」16.12.31  [日記]

 今年もいよいよ大晦日泣いても笑っても今日一日しかない。

だが世界は一日も休むことなく揺動している。

オバマ大統領がロシアに報復処置を取るとして、35人外交官を追放すると云っている。

勿論ロシアは反発している。

しかし後20日もすれば大統領はトランプに入れ変わる。

どれ程オバマが報復をしても水の泡。もう後の祭りだ。

アメリカは慌てている。

このままトランプになれば国が分解してしまうのではないかと。

トランプが実際になって見なければ分からないが、大きく政治が変わることだけは間違いない。

どちらにしても外国の事だ、この国がいくら心配してもなるようにしかならない。

でも生みの親ともいえるロシアのプーチンに逆らうことは無い。

その反対に中国への面当てはひどい事になるだろう。

ひょっとすると一戦を交えるかもしれない。

もうアメリカがこの国を守ってくれるなんて淡い期待を抱いていれば、見事な肩すかしに合うだろう。

今更どんなに釈迦力になっても中国の軍事力に対抗する力はつかない。

さりとてあの野蛮な国に飲み込まれてしまうのか。

庶民はそんな事夢にも思わず毎日スマホとポケモンに狂っているが、

開けてびっくり玉手箱ではないが、現実を突きつけられて仰天するだろう。

それにしてもオバマさんの焦りは痛い程分かる。

しかしどれ程ロシアを憎んでも、どれ程報復処置を取って見ても最早手遅れ。

だがあなたが任期中一体何をしてきたのか、

世界の警察官を降りる、と宣言した途端世界は火が付いた様に紛争が起こった。

広島に来て色々御託を並べて見たが、何の効果もない単なるゼスチュアに過ぎなかった。

今頃になって現実世界のいがみ合いの大きさに気が付いても遅すぎる。

現実は核兵器が無くならないばかりか北朝鮮までが核保有国になり、この日本はそれに脅かされている。

日本に朝鮮から入り込んだシンパ、スパイがどれ程居ると思うか。

それ等にこの国は何をしてきたのか、学校は立ててやり、

補助金を出してやり、あまつさえ生活補助金を出して保護してきた。

そんな金があるのなら防衛費を倍増させて国防を固めるべきだった。

ちょっと防衛大臣が靖国神社にまいったからとして轟々たる非難を浴びせる。

内政干渉も此処までくれば昔なら開戦物だ。

どちらにしても国家観を持った政治家など一人もいない。

この国をどんな国にするかなんて議論をしても一票にもならない。

そんな庶民に政治を預けているのだ。

この選挙制度を根本的に変えない限りこの国には本物の政治家が出て来ることは無い。

アメリカは大統領の資質性格で国がひっくり返るほど変わることができる。

トランプだって4年もすれば変わるだろう、もしもう4年続けさせるようではアメリカは消滅してしまう。

オバマさんの焦りが手に取るように分かるが、これもアメリカ国民の程度が招いた悲劇でしかない。

それよりもこの国の事だ。

このままでは間違いなく中国に飲み込まれてしまうだろう。

二千年の歴史も文化も泡沫の夢と終わるだろう。

何はともあれ今年もお世話になりました。

御礼多々。

「恩を仇で返す国など相手にするな」16.12.30  [巷の話]

 相も変わらず韓国と云うのは哀れな国だ。

人の国の大臣が靖国神社にまいったと云って抗議をしてくる。

放っておいてくれ、それこそ内政干渉だ。

今自分が置かれている立場を何と思っているのか。

北朝鮮の画策により、自国の大統領を引き摺り下ろされ、

今にも崩壊と云うところまで追い込まれている。

日本憎しにすべてが狂って大騒ぎをする。

アメリカ仲介していなかったら日韓では戦争が起きていてもおかしくない。

そして日本に入り込んでいる南北朝鮮人、

そこでも日本を内側から崩してやろうと懸命になっている。

それ程日本が憎いか、日本に何をして貰ったか、自らの過去を振り返って見るがよい。

どれ程日本に助けられたか、中國の属国であったものを解放してもらい、

それだけではない、国土を整備してもらい、教育は受けられるようになり、

鉄道網も敷いてもらいどれ程近代化してもらったか。

恩をあだで返す卑劣な民族として世界に比類はないだろう。

日本が戦争に負けたおかげで、その混乱期に入り込み、

北朝鮮の金日成は日教組と云う反日組織を作った。

要するに教育からこの国を崩そうとした。

裏でソ連のスターリンに操られ、アメリカの対日工作に助けられ、日本の古き文化を全て破壊しようとした。

それは今でも続いている。

何処まで卑劣な国か、いや卑劣な民族か。

その朝鮮に乗せられてお嫁に行く日本の女性、

昔なら恥ずかしくて朝鮮人と結婚するなんてと後ろ指をさされたものだ。

それが大きな顔をしてゆく。日本人も落ちたものだ。

それにしても彼等の言いがかりは必濃く理不尽なものだ。

あの従軍慰安婦の件をいまだに騒いでいる。

それを解決するのに既に日本から10億円の和解金を支払っている。

そして大使館前にある慰安婦像を撤去すると約束した。

がいまだに撤去されていない。どころかまた新しく別の場所に設置しようとしている。

従軍慰安婦は当時日本の正社員が月給20円程度であったところ、月額300円で募集したのだ。

そして朝鮮人の女衒共が各家庭を回り若い娘たちをひっかき集めた。

勿論親は大賛成である。何しろ300円もの大金が入るのだから。

誰が此処まで朝鮮人をのぼせあがらせたのか。

実はすべて日本人政治家、朝鮮で商売する為その利権を握ってしまったのだ。

それが今の日本の国会議員の姿。

それを選んでいる一般庶民。

何しろ政治の「せ」の字も分からない一般大衆。

それが政治家を選んでいるのだ。

いくら民主主義と云っても物には限度があるだろう。

合区だ一人一票だと数合わせに奔走しているが、人権は平等だが、人能は平等ではない。

誰でも一票ではなく、被選挙権者も選挙権者も一度し政治に参加する能力があるかどうか調べてから選挙権をやれ。

さもなければ此処まで劣化した議員を排除できない。

政治家は家業ではないのだ。能力によって選ばれるもの。

自由だ人権だ平等などの言葉に迷わされるな、

真の政治家を選ぶなら制限民主主義という制度があっても良いのかもしれない。

弁護士共に騙されるな、彼等に政治的正義はない。

「平和ボケ理想主義者では現世は渡れない16.12.28  [巷の話]

 オバマさんそれは些か見苦しいよ、今頃になって「私なら勝てた」だなんて、

事はロシアのプーチンが仕掛けたのであり、アメリカ国民の民度が低かったことではないか。

その時あなたは一体何をしていたのか、投票間際になって、

ヒラリーさんの私用メールを暴くと宣伝したFBI長官のコミット

何故それを阻止できなかったのか。

そのいきさつを調査もせず、何故私なら勝てたと云うのか。

全てが裏で画策され、それを唆していたのがプーチンであることは明白だ。

私なら勝てたという事はヒラリーさんを馬鹿にすることでもあり、何の根拠があるのか。

それを云うならプーチンに操られた様な選挙はやり直しだ。

そして暫定的に一年任期を延長して選挙をやり直す、と言った方が筋が通る。

兎に角あの政治に何の経験もないトランプ。

今政権作りに夢中になっているが、それが飛んでもない政府になりそうなことは間違いない。

恐らく世界の秩序を壊すことにはなるだろう。

既にヨーロッパでは右翼政権が台頭してきており、

来年のフランス大統領選でも右翼の進出が取りざたされている。

全てはトランプが選ばれたことによる。

此処までくれば選挙のやり直しか、例の魔法のボタンを押してボアするしかない。

今までアメリカほど世界を騒がした国はない。

と云っても20世紀に入って以来だが、ソ連の台頭により米ソの冷戦がはじまった。

そして一度はそのソ連を打ち負かした。

アメリカが狂い始めたのはその後だ。

戦略物資の石油を確保する為あらゆる画策を講じた。

子ブッシュ政権が出来て以来あのツインタワーへの航空機の突入、

そして自国民を副音何千人もの死者を出したか、それを逆手に取りイラク攻撃だ。

イラクが大量破壊兵器を持っていると嘘話をでっちあげ攻め込み、終にサダムフセインを吊るしてしまった。

世界の混乱はそれで火がついてしまった。

今のISはそのサダムの残党だ。

彼等は時代の武器であるインターネットを使い世界に聖戦を呼びかけた。

その呼びかけに世界からイスラム教徒たちが駆けつけた。

元は全てアメリカから発している。

この自国民を犠牲にする戦争の動機作りは、かの日本を戦争に引きずり込んだ時も使われた。

古くはアラモ砦の全滅、何時も自国民に犠牲者が出たとして国民の戦意を煽る。

そんなアメリカがその戦費に多額な金をつぎ込み、借金で首が回らなくなってしまった。

ものづくりは中国に移り、それらを輸入して消費を煽った。

そして自国での生産技術を退化させてしまった。

今更生産を自国に取り戻すと云っても既にそんな能力はアメリカにはない。

特に白人の労働者は圧迫される。

中南米メキシコから安い労働者は限りなく入り込んでくる。

そして仕事を奪われた白人労働者は誰でもよいこの国を立て直してくれればとトランプを選ぶ、

それを知っているプーチンはサイバー攻撃で尚もそれを煽る。

そして遂にあのトランプが選ばれる。

オバマさんあなたは一体何をしていたのか、平和ボケの理想主義で世界が渡れるか。

現実を見つめよ、ほら吹きはいらない。

「トランプに期待、それは中国を懲らしめる事」16.12.27  [時事問題]

 中国トランプを牽制して西太平洋に空母を繰り出して演習している。

しかしたった一隻の空母でアメリカを防ぎきれるのか。

廻りに護衛艦隊を付けているが、アメリカには何隻の空母があると思っているのか、

それでは灯篭に斧にもならないだろう。

図らずも自国の戦力を晒してしまったような愚策。

この前の日米戦で決定的に空母艦隊の力を見せつけられてしまった。

愚かにもハワイの真珠湾に攻め込んで、

使い物にならない戦艦を沈めて勝った勝ったと大喜びしていた日本。

全てあちらの作戦通り、何故アメリカ本土に攻め込み、空母を沈めてしまわなかったのか。

アメリカの虎の子空母を6隻も隠してしまっていた。

そんな昔話をしても始まらないが、今や軍事衛星が勝敗を分ける。

中国はアメリカの衛星を打ち落とす能力があることを晒してしまった。

アメリカだって中国の衛星を打ち落とすなんて朝飯前だろう。

既にその対策はとっくに住んでいるはずだ。

しかし中国はそれが唯一の頼み、二重三重に対策を取っているアメリカにはひとたまりもないだろう。

トランプは商売第一に考えているようだが、いざ政権を担当するに及んで、

専門家から事情を聴くたびに中国との一戦は避けられそうもない事を悟る。

又タイミングよく台湾の総統から挨拶の電話が入る。

ただのお祝いの電話ではない。

台湾とアメリカの結びつきの深さについて滔々と教えられる。

それまでの政権が保ってきた一つの中国と云うのは誤りだったことを思い知らされる。

そして台湾援助のための軍備の強化を知らされる。

この前の大戦の時アメリカが応援していたのは中華民国軍だった。

だがニクソン以来その信頼関係を反古にして中国共産党を中国の主と認めてしまった。

そしてそれがアメリカ市中国との既定事実になってきた。

ニクソン政権の国務長官キッシンジャー、この男は根っからのユダヤ人。

その画策に乗せられ台湾を裏切ってきた。

がトランプになって事情は一変した。

慌てているのは中国の方だ。このままではアメリカに攻め込まれる。

もし攻め込まれたらひとたまりもない事を良く知っている。

その為の演習だ。

でもまだまだアメリカと戦える戦力は完全にできていない。

せいぜい日本や東南アジアを脅かす程度だ。

中国は焦っている。

まさかと思ったトランプが当選し、牙を中国に向けて来そうなのだ。

しかし中国を懲らしめるには良いチャンスかもしれない。

中国が普通の国になるには5.6ヶ国に分解してしまわなくてはならない。

つまり新疆ウイグル、内モンゴル。旧満州、チベット、そして中原中国にだ。

その時初めてアジアに平和が訪れる。

それぞれの国に日本だって安心して投資できる。

我々が安心して生活できる道も開かれる。

北朝鮮も気違いに刃物を持たせた様なものだが、

中國も共産党一党独裁では安心して眠ることが出来ない。

トランプの出現はその意味ではこの国に貢献するだろう。

しかし肝心のこの国がこれ程平和に呆けていては、

そして国を引っ張る政治家が払拭してしまった国では、、、

;「勝つは負けるの始まり、ロシアよ有頂天になるな」16.12.26   [巷の話]

 ロシアの旅客機Tu154がシリアで新年を祝うため離陸したが、その途中黒海に墜落したらしい。

乗客84名と乗員8名が乗っていた。

勿論全員死亡しているだろう。

乗客乗員には誠に気の毒な事故だが、ロシアがシリアでどれくらいの国民を殺していると思うか。

なんだか天がロシアにひどい罰を加えた様な気がしてならない。

既にシリア国民が約40万人が政府軍の攻撃で殺されている。

それをサポートしていたロシア軍、彼等がどれ程その手伝いをしていたか。

既にシリアの状態は政府軍とロシアの勝ち。

殆ど決着はついてしまった。

そのあくどさに天の配剤と云うか、悪を懲らしめると云うか、

どちらにしても加害者側に大きな犠牲者を出したのだ。

多くの音楽家とか新聞記者が乗っていたそうだが、彼等がその犠牲となった。

実は昔ヨーロッパ各地を回っていたころ、何時もアエロフロート便を利用していた。

何しろ貧乏会社だったので運賃の安い事でその便を決めていた。

成田からモスクワに飛び、そこで毎日行き先が変わる。

月曜日はパリ、火曜日はローマ、水曜日はコペンハーゲン、

というようにそこからまた乗り換えて目的地に行ったものだ。

その際乗っていたのがこのTu154型機だ。

それが今でも飛んでいたのだ。

何しろロシアは軍用機の開発には力を入れるが、普通の旅客機などは余り力を入れない。

窓際に座ると外の寒さが伝わるように氷が染みついていた。

成田を出てモスクワまで約10時間かかっていたが、

時差の関係で6時間ほどしか時計はたっていない。

それぞれの到着地から又目的地に向かう。

お蔭でパリの休日を楽め、ローマの休日も楽しめた。

シュッウットがルトでは英語だけで用を足せたが、

イタリアのミラノから一時間ほどの処にあるレッジォエミーリヤでは英語が余り通じない。

通訳を探すのにも苦労したことが有る。

それは兎も角今回の墜落事故、多くの犠牲者が出たが、ほぼロシア人が占めるだろう。

世界は今ロシアに支配されてしまったようだが、

そんな有頂天になっているロシア国民に罰を下したように思えてならない。

アメリカの大統領選に入り込み、あのトランプを選び出させたのもロシアのプーチンだ。

お蔭で世界がどれ程危惧しているか。

もしかすると米中の戦争が始まるかもしれない。

ロシアにあまり有頂天になるなよ、と注意を促したのかもしれない。

いずれにしても墜落したのがツポーレフ154型機と聞いて懐かしさに思いでをかたった。

と同時にまだそんな飛行機を使っているのかと呆れた次第だ。

既にアメリカのボーイング747型機も殆ど引退してしまっている。

ロシアは軍用機の開発に偏重し、民間がおろそかにされていることに違いはない。

ロシアがアメリカに対抗するため、国際的なハッカーゲームを仕掛け、

一応は勝ったように見えるが、その他の分野ではまだまだ追いつかないことを物語っている。

何事も勝は負けるの始まりという。

プーチンも余り有頂天にならない方がよい。

犠牲になられた方には心から哀悼の意を捧げる。。

「プーチンはなぜこの男許したのか、、」16.12.23  [国際問題]

 そうか遂にプーチンはアメリカとはものを言わないとケツを捲ったか。

流石にやり過ぎたと思っているのだろう。

そのプーチンにも手におえない政敵がいる。

メドべージェフの様な小者ではない。

元ユコス社長のミハイル・ボドロコフスキーだ。

あれほどの政敵を何故プーチンは命を奪わなかったのか。

誰も知らないシベリヤの監獄に放り込んで、やる気になれば闇から闇にあっという間に消せたのに。

それを10年程で釈放したのだ。

プーチンにとってはアメリカのユダ金以上の脅威。

まるで虎に羽根を付けて野に放ったようなもの。

暫くは大人しくしているだろうが、本人はその気がなくても廻りが担ぎ出す。

特にアメリカのユダ金達は黙って手をこまねいているはずがない。

プーチンは防戦一方だ。

そのお返しと云うわけではないが、アメリカの大統領選を操作してとうとうトランプを当選させてしまった。

その確かな証拠をアメリカは掴んでいる。

そしてプーチンに突き付けた。

がもう後の祭り、トランプ次期政権は着々と進んでいる。

元々小学校4年生程度のリテラシィしかないトランプ、

自分たちの商売人仲間を集めて周りを固めている。

一方で元軍人たちを集め軍隊を強化している。

そして中国を名指しで詰っている。

台湾との関係を修復し、中國が主張する一つの中国と云う路線を破壊しようとしている。

商売に徹するには自国が強くなくてはならない。

その為一層核戦力を増強すると云っている。実は追いつめられているのはプーチンなのだ。

今やロシアの皇帝の様にふるまっているが、一皮むけば寄る年波と政敵どもに狙われている。

無理もないあれだけの支持率があれば誰でも自分は永遠だと思うのかもしれない。

ソ連崩壊の時アメリカのユダ金、新興財閥所謂オルガルヒだ。

その資金を使って一気に石油成金となったボドロゴフスキー、しかし彼は今50歳。

プーチンより一回り以上若い。

やがてプーチンも寿命が来る。

その時廻りがこのボロドフスキーを放っておくだろうか。

世代交代は否応なくやってくる。

プーチンとてその流れには逆らえない。

処で話は変わるが、ロシアの弱点、余りに国土が広すぎて隅々まで統治が行き届かないことだ。

安倍ちゃんが釈迦力になって北方四島を返せと云っているが、

ただ返せ戻せと云うだけでは相手にインセンティブがない。

日本の様な狭い国にあのリニア新幹線など必要ない。

いっその事それをロシアに提供し、その費用を何年かの月賦で支払ってもらっては、

そうすればサンクトペテルブルグからウラジオストックまで10時間ほどで到着する。

今何時間かかっているか、そうなればヨーロッパ各国もロシア経由でこの国に荷物を輸出できる。

それくらいのスケールの大きな話を持ち込まねば敵は驚かない。

いずれにしてもプーチンにも限界がある。

相手はアメリカだけではない。

山椒は小粒できりりと辛い、という話がある。

この日本の化学技術はロシアにとって喉から手が出るほどほしがっているのだ。

どの国にも弱点はあるアメリカだってその弱点を晒している。

「人食い人種の本性を現したか、、、」16.12.22  [巷の話]

 遂にフィリピンのドティルテが国連高等弁務官、

セイド・ラアド・アル・フセイン氏によって殺人罪で告発された。

既に彼が大統領になって半年足らずの間に6100人以上を殺している。

そして自ら名乗り出て射殺されることを逃れた人間達も劣悪な刑務所に放り込まれ、

人間以下の生活を強いられている。

いくら遅れている国と雖もこれ程裁判も受けず殺された例はないだろう。

そして本人はそれが何で悪い、と居直っている。

俺が大統領でいる限り、麻薬関係者は全て殺す。と豪語している。

アメリカトランプと云い、このドティルテと云い全く訳の分からない人間が一国の大統領に成ったものだ。

そして中国にすり寄り多額の金を引き出している。

まだお金の上に多くの武器までせしめている。

国連も見るに見かねて彼を告発したのだろう。

過去ダバオ市長時代の殺人も自らの手柄として得意満面で語っている。

これこそ語るに落ちるという事ではないか。]]

教育が行き届いていないからと云って国民も余りにも程度が低いのではないか。

こんなことが許される、そして司法制度が全く機能しない。

これがこれ程文明が発達した現代行われているのだ。

余りの人殺しの多さに葬儀屋も手が回らず、まだ葬式設備を増設しなければならないと呆れている。

そしてその殺し方が残虐なのだ。

頭にくぎを打ちこんだり、それも手足を縛って。

それを大統領が奨励しているのだ。

下手をすると殺さなければ自分が殺されると脅迫観念に強いられている警察官もいる。

これ程短期間に多くの国民を殺した例は彼のシリアのアサド以外にないだろう。

アサドは既に40万人近い自国民を爆撃その他の手段で殺している。

しかしその裏にはロシアが付いている。

自国民全てを殺しても政権だけは維持したい。

国民は彼の持ち物ではないのだ。

ドティルテに何の権限があってこれ程国民を殺す権利があるのか。

中国はすり寄ってくるドティルテをよしよし愛い奴じゃのうとほくそ笑んでいる。

彼のいる限りこの国との友好関係は断絶だ。

そして彼はこの国にまで来て尚も金をおねだりしていったと云う。

ぴしゃりとはねつけなければまだ手を出してくるかもしれない。

この国の政治家にそんな度胸はない。

何事も波風絶たないように頬被りだ。

国連高等弁務官の勇気ある行動に敬意を表する。

世界に覇いろんな国があるが、最低の人権制度さえ守られない国フィリピン。

北朝鮮、シリア同様人権の欠片もない国だ。

フィリピン国民に彼を倒そうと云う勇気はないのか。

いずれにしてもこの民主主義がもたらした最悪の結果である。

アメリカはこの民主主義を悪用してい根が、他国にまで押し付けた結果がこの様だ。

日本もそろそろこの民主主義言い換えればポピュリズム選挙はそろそろ卒業しなければ、

やがて亡国の道を歩むことになる。

国の行く末を選挙の意味も知らない国民に預ける。

こんなことで良いのか、又国家を救う様な英雄は出てこないのか。

兎に角ドティルテは同じ人間ではない。

尤もこの国は自由人権平等が行き過ぎて滅茶苦茶だが。

「もう地球上平和な場所は何処にもない」16.12.20  [世界中地獄の中で]

 暮れも押し詰まったと云うのに、事もあろうにドイツ、

それもその中心地ベルリンの状況、一時も私を黙らせてくれない。

ベルリンで爆破テロが起きたと云うのだ。

まさか誰もが耳を疑った。

そして実行犯の一人は警察官に撃ち殺されその場で死亡。

後の一人は身柄を拘束されたと云う。

が犯人と特定できず釈放とか、、、

世界中がテロ騒ぎで安心していられない状態だ。

又トルコではロシアの大使が暗殺された。

折角トルコとロシアは前回のいがみ合いから回復してきたと思っていたのに、

又してもロシアとトルコは睨み合いの状態に入るのか。

トルコもロシアもどちらも独裁政権の様な国。

プーチンがどのような報復処置に出るのか誠に気がかりである。

しかしもうあんな状態にはならないだろう。

折角トルコとロシア間には冷静な話し合いの場が提供されているのに。

ベルリンでのテロもまさかクリスマスお祝いをしている最中を狙われた。

テロリストは時と場所を選ばない。

あのブランデンブルグ門とそう離れてはなれていない場所。

ベルリンのど真ん中には、第二次大戦で連合軍から空襲を受け、

崩れかかったキリスト教大聖堂をそのままにして残してある。

あの残虐さを証明するために。彼等はあの屈辱を忘れていない。

そういえば私が良く行ったシュッウットガルトの王宮近くでもその銃撃後は残されていた。

しかしこれだけ経済で支配してしまった資本主義者、

つまりキリスト教徒やユダヤ教徒の町にイスラム教徒が報復を仕掛けている。

最早彼等の武器は命しかないのだ。

7.8歳の少女に爆弾を巻きつけて遠隔操作で自爆させる。

可哀想に少女はこの世を何も知らない内に死んでしまう。

平和ボケの日本人に想像できるか、彼等は全てアラー・アクバルの叫びで全て解決してしまう。

同じ人間だぞ、なんて情緒的考えはない。

要するに戦いに勝つためには何でもする。

時には自分の親でも殺す。

世界中が騒乱の場となる。

一人日本だけが平和を謳歌している。

私はそれを対岸の火事なんて悠長には見られない。

既に韓国は北朝鮮に操られているような状態。

そして中国トランプ政権に反発している。

そして何でもする。人の国の軍事施設を盗み取る。

余りの悪さにそれをお返しすると云っている。

しかしトランプはそんなもの返して要らないと突っぱねている。

米中の戦争は本当に始まるかもしれない。

どうするのだその時この国は。カジノ法案とかTPPに現を抜かしている時ではない。

だが何一つ実効ある手段の取れない国。

このまま無事で済むなんてとても考えられない。

全てこのポピュリズム民主主義のなせる業だ

。誰かこの国の救世主は出てこないか。ベルリンでも、パリでも、ニースでも、テロリストは暴れ回っている。

加えて国連は全くの無力だ。

事ここに至れば自国を自分の手で守るしか方法はない。

北方四島も、沖縄もない。世界は武力で決まると云うのは自明の理だ。

こんな腰抜け政治家ではこの国は早晩どこかの属国になる。

尤も今でもアメリカの属国だが、いやはや鬼が出るか蛇が出るか、、

「トランプよ地獄に落ちろ、、、」16.12.19   [世界中地獄の中で]

そうか遂にオーストラリアまでがトランプに決別宣言をしたか。

無理もないあれほど支離滅裂な言動や行動をしていれば、

世界中の国がアメリカに決別宣言をするだろう。

それにしても西側同盟の中でのオーストラリアは重要な国の一つ。

一般の市民の間から反トランプのデモまで組織されていると云う。

日本、韓国、東南アジアの国々、加えてオーストラリアまで、

恐らく時をずらしてニュージーランドも加わることだろう。

世界中から忌み嫌われているトランプ。

寄ってくるのは商売人ばかり。

その商売人の親玉の様な石油会社のCEOを国務長官に据えてしまった。

商売の事しか頭にないトランプ。

アメリカ国民はそんな大統領に唯々諾々と従ってゆくのか。

もう一年臨時にオバマ大統領の任期を延長して選挙をやり直せ。

ロシアのプーチンがかかわったことは間違いない。

CIAもFBIもその証拠をつかんでいる。

そしてプーチンにそれを突きつけた。プーチンは鼻先でせせら笑うだけ。

力だけが世界を支配すると信じて疑わない男。

オバマの抗議も軽く無視されている。

もうトランプの暗殺か選挙やり直ししか方法はない。

今や世界はプーチンに握られてしまった。

シリアの住民がアレッポの戦場から早く脱出させてくれ、と懇願しているのに。

アサドは反体制派を皆殺しにするまで駄目だ、と堅く拒否している。

国連は一体何をしているのか。

今やその無力をさらけ出してしまった。

この際第二国際連合でも作ってこの理不尽を解決してくれ。

北朝鮮は野放しする。

中国は最初から無視する。

ロシアはどれ程被害者が出ようと一切考慮しない。

何の為に国連を作ったのか。

中国の万里の長城の様に何の役にも立ちゃしない。

オーストラリアは一時ケビン・ラッドが首相の時、大きく中国寄りに傾き、国を危うくしたことが有る。

が次の首相が真面な政治で元に戻した。

元々イギリスの囚人を流したことによりオーストラリアは出来た。

もと住んでいたアボリジニは土人扱いで真面な人間とは思われていなかった。

がアボリジニの知恵は深く土地にしみこみ、思わぬ恩恵をもたらしてくれた。

それらを白人たちは無視して自分の好きなようにあしらってしまった。

オーストラリアの地下資源は無尽蔵にある。

その他鉱物資源も無数にある。

アメリカにとってもその資源は無視できない存在だが、トランプには商売の事しか頭にない。

かくてオーストラリアをこれ程怒らしてしまった。

米豪の同盟関係の重要性は西側陣営の要である。

そのオーストラリアを此処まで怒らせてしまったのだ。

トランプは世界中に悪臭をまき散らしてしまった。

これでアメリカが真面に運営できるのか。

そして家族経営の様な政権運営。

恐らく空中分解するだろう。

その影響は大きくこの国を揺るがす。

トランプ、トランプとすり寄る世界中の商売人。この国にも早速大金を持って擦り寄って行った商売人がいる。

盟友オーストラリアを此処まで怒らせた大統領もいない。

これ程忌み嫌われた男もいない。

トランプよ地獄に落ちろ、又閻魔様にその舌を抜かれろ、、、

「遂に韓国も北朝鮮に乗っ取られるか」16.12.18 [巷の話]

  そうか遂に無人潜水機を返還するといったか、

そうだろうアメリカも返さなければ重大な決意がある、と迫ったのだ。

こんな泥棒を許していては流石のオバマ大統領の沽券に傷がつく。

まぁこれは一段落したとして、問題は韓国の事だ。

パク大統領の弾劾が通って職務停止に追い込まれた。

他国の事なので深入りはしたくないのだが、

事は目の前の国その影響は日本に大きくのしかかってきている事だ。

憲法裁判所が正式に判断すれば即次の大統領選になる。

今の処親北朝鮮の代理人の様な文在虎(ムン・ジエイン一番有力らしい。

ひところ騒がれていた今年いっぱいで国連事務総長を退職するパン・ギ分さんは準備不足でこの北朝鮮野郎の対抗馬に間に合わないらしい。

そう云うことは韓国に北朝鮮の政権が出来る事だ。

民主主義では独裁政治に勝てないことがこれで良く分かっただろう。

まぁそんなのんきな事を云っている場合ではない。

釜山の先まで北朝鮮が南下してくるという事だ。

何故日本はこれほどまでに韓国に入れあげていたのか、

みんな政治家が口利きしてそれぞれの商売利権を確保していたことではないか。

中には日韓海底トンネルを掘って韓国と商売しようと云う輩まで現れた。

あの話が進んでいれば今や韓国とこの国は陸続きも同じになる。

そうでなくともこの国に入り悪さばかりする韓国人。

もし自由に出入りするようになればことごとくこの国の文化財は破壊されるだろう。

今日本に住んでいる在日韓国人など全て韓国に帰ってほしいと思っているのに、

まだ輪をかけた様な親北政権が出来て見ろ、

この国は韓国北朝鮮に乗っ取られてしまう。

韓流の流入のお蔭でこの国の映画は殆どつくられなくなってしまった。

安く韓国製の作品を流しておけばよいのだ。

何も24時間続けて流すことは無い。

夜中には休めばよいものを、お蔭で俳優たちは飯の食い上げだ。

そしてコマーシャルにこぞって出演する。

見ていてもあんな俳優まで、と悲しくなってくる。

元々俳優だから演技が上手なのだ。

つい釣り込まれてしまう人も多いだろう。

私何歳、なんて出て来るが73歳、とか70歳、なんて出て来るがそれを証明する手段はあるのか。

人を馬鹿にするのもいい加減にせい。

しかしそれを政府が奨励するのだから何をか況やである。

嘘を付いても商売繁盛させる政府。

どんな形でもどんなに国民を騙しても商売だけ繁盛すればよい政府。

そんなことに現を抜かしているから面前のそれも指呼の間にある韓国で親北政権が出来る。

一度親北政権が出来れば、あのパク大統領を引き摺り下ろしたようなデモは許されない。

主導者は即公開処刑に晒されるだろう。

面前に突き付けられなければ目が覚めない一般大衆。

日本にも親北朝鮮人はうじゃうじゃ住んでいる。

韓国が北朝鮮化すれば日本に飛び火するのは目に見えている。

日本人にそれを排除する意欲はあるのか。

アメリカも、ロシアも、中国も、とうとう韓国までもこの国の敵になってしまった。

正にこの国を取り巻く国々は仮想敵国である。

いや正面の敵である。
メッセージを送る