So-net無料ブログ作成
検索選択

「裸の王様はパラノイアだ」17.07.07 [巷の話]

いずれにしてもトランプは自国の力を使うつもりはないようだ。

疲弊しきった自国の財政状況を考えるととても戦費などの出費は考えられないのだろう。

あれだけ好戦的で何の火のないとろにでも因縁をつけて戦争に持ち込んでいたアメリカ

ブッシュ親子がイラクに何をしたか。

ありもしない大量破壊兵器をさもあるように因縁をつけイラクに攻撃を仕掛けた。

絶対勝てる相手、戦力比が一対十もあるような相手を攻撃する。

だそのためにつぎ込んだ金、俗に3トリトンドル、つまり3兆ドルを超えたというのだ。

それを世界中から借金をしてそれをまかなう。

今その借金で首が回らなくなっているという。

それに協力したのは日本だ。

戦力ではイギリスが一番協力したが、日本は戦力での協力ができない分お金で協力した。

案の定大量破壊兵器は見つからず、国務大臣だったパウエル元将軍は退任した。

あとを受け持ったゴンドリーザ・ライス長官、締めくくるのに相当な努力を要したようだ。

そしてその間にも北朝鮮は核兵器真開発に血道をあげていた。

アメリカはその北朝鮮の暴走を止める力がないようだ。

いやその本気になればものの一振りで北朝鮮など吹き飛んでしまうのだが、

なんだかんだといって腰を上げようとしない。

現実的には北朝鮮のミサイルがアラスカの隅をかすめる程度の距離しか出ないが、

このまま放置すればアメリカ本土に届くほどのミサイルを作り出すだろう。

尤それに気まだ相当時間がかかる。

戦いたくない言い訳にいざ手を出せば相当の被害が出る、などと言い訳しているが、

アメリカが本気になればものの半日もあればけりはつくだろう。

それくらいの戦力差はある。

ステルス爆撃機、ステルス戦闘機、その他東も西もありがはい出るほどの隙間がないほど包囲してしまえる。

10隻以上ある空母群、どう考えても北朝鮮は瞬時に壊滅してしまうだろう。

それをいかにも莫大な被害が出る如く喧伝し、攻撃を躊躇している。

今更北朝鮮と何の話ができようや。

しかしもし北朝鮮を潰してもなにも利益は出ない。

ただの出費などしたくないのだ。あのデブサイコパスではなくパラノイアだ。

自分周りにはご機嫌とる人間しかいない。

言いにくい話は一つも入らない。

みてくれあのぶよぶよの体、あの若さであれほど太れば体に良いことはないはず。

誰もそれを注意しない。うっかり注意でもすれば即粛清される。

まるで裸の王様。それでも暴走に突き進むありのデブ。

何をしでかすかわからない恐怖、その恐怖をまともに受ける日本。

はっきり日本にある米軍基地をターゲットにすると強言している。

それでもまだあの憲法に縛られて防衛手段の取れないこの国。

ひとたび北朝鮮のミサイルが飛んでくれば何千人、いや何万人もの被害が出ねかもしれない。

のんきに踊り狂っている場合ではない。


戦後の日本人は金日成が作った日教組という反日組織によって教育された。

いずれにしてもアメリカがこの国を守ってくれるなどと能天気に考えていたら、大きな肩透かしを食うことだけは間違いない

。アメリカは自国の若者の地まで流してこの国を守ることはない。

「国家間の約束事も守れない国」17.07.01 [巷の話]

そうか恩知らずと怒鳴りつけられたか。あったりまえだろう、

朝鮮戦争のとき米軍がどれほど犠牲を出したと思うか、

日本との戦争とほぼ同じくらいの犠牲を出している。

北朝鮮が韓国に何をしたと思うか、それを多くの犠牲を出しながら防いでくれた。

その北朝鮮にムン・ジェインはすり寄ろうとしている。

張り倒されないだけましと思え。

まったく韓国というのはどうしようもない国。

元駐韓大使の武藤正敏さんがつくづく言っている韓国人に生まれなくてよかったと。

そもそも他国と約束事をしてそれを破るような国。

そんな国が他の地球上にあるだろうか。

たとえ政権が代わっても国と国の約束。

どんなことがあっても新政権は引き継がなければならない。

そんな基本的なことも守れない。

それが国と言えるのか。昔なら即戦争ものだ。

情けなくともあの憲法に縛られ、手も足も出ないこの国。

おかげでどれほど北朝鮮に国民を連れ去られたと思うか、

日本はもう立ち上がってこない、と確信したからこそあれほどの同胞を拉致された。

北朝鮮は一貫している。

何が何でも南を支配下に置こうと、金日成種政権誕生以来韓国を攻め続けている。

いまだに武力統一をあきらめていない。

そんな北朝鮮にすり寄るムン・ジェイン

アメリカとの交渉はどうなるかと気をもんでいたが、

案の定トランプに強烈なストレートをまともに食らわせられた。

トランプは北朝鮮を制御するのに中国を一番の頼りにしていた。

が中国は狡猾、トランプの期待にそぐわず、相変わらずこっそりと援助を続けていた。

そんな中国の姿勢を見て今度はロシアが援助の手を差し伸べている。

いや手を差し伸べるなんて生易しいものではない。

はっきり北朝鮮を取り込んで、韓国までロシアの物にしようと触手を伸ばしている。

その昔日露戦争になったのもロシアが朝鮮半島にまで手を伸ばしたからだ。

日本にとってはのど元に短刀を突き付けられたようなもの。

このままムン政権を野放しにすれば、間違いなく北朝鮮に吸収されるだろう。

北は絶対南、つまり韓国を吸収することをあきらめない。

勿論武力を使ってもだ。

北朝鮮はそのために絶えず南にスパイを忍び込ませ、韓国人の洗脳をやり続けている。

すっかり洗脳されてしまった韓国国民、

ついに前大統領パク・クネさんを引きずりおろしてしまった。

ムン・ジェインはあの廬武鉉政権の一番の支持者。

どうしても北朝鮮にすり寄らねばならない。

誰が見ても不可解なあの平昌冬季オリンピックを共同開催したいと申し出た。

いったい今の北朝鮮にそれを見にゆく人間がいるだろえか、

そうでなくともこの間アメリカ人学生が拷問の果て人事不省の状態で送り返された。

ものの一週間もしないうちに彼は死んでしまった。

そんな凶悪な国、

どんな因縁をつけられて拘束されるか分かったものではない。

とにかく国と国の約束も守れない国なんて国際社会に通用するのだろうか。

そんな韓国になぜこの国はかくも弱いのか。

実は今の国会議員の中に韓国との貿易で利権を握って離さない議員がいる。

それらがわが利権確保のために韓国に強く出られないのだ。

何のことはない今の国会議員が一番の障害になっているのだ。

冗談も程ほどにしてくれ、、、


「プーチン狐とトランプ狸の化しあい」17.06.28 [巷の話]

なんだってトランプよりプーチンの方が信頼できるだって、

冗談だろう、どちらも狐か狸ではないか。

今世界で一番信用できるのはドイツのメルケル首相だって、

まぁこれは信用できるとしてもプーチンが信頼できるなんて、

トランプは単なる不動産屋、無知で政治経験などかけらもない男だが、

プーチンはこの時代最も凶悪な男だろう。

その昔ヒットラーが出てきたが、彼とは違った凶悪男。

インターネットを使いこなしてその弱点をフルに利用する。

それだけではない、元KGBというロシア諜報機関のトップを務め、

世界中の情報を知り尽くしている男。

トランプとは月とスッポン、太陽と地球ほどの力量の違いがあるだろう。

今回もアメリカを倒すにはこの男を大統領に据えればあめりかはぐちゃぐちゃになるだろうと計算してトランプを担ぎ出した。

そして反4ヒラリーキャンペーンを張って工作の限りを尽くした。

そしてアメリカに忍び込ませているロシアスパイ網を網羅し、徹底的に工作を尽くした。

今さわがれている前FBI長官、ジェームス・コミー氏を解任したトランプ、

さぁこれでいよいよ虎の尾を踏んでしまった。

しかしこのコミー前長官もいい加減な男。

選挙後半になり、一番重要な時期にヒラリーさんのメール問題を持ち出し、

決定的なネガティブキャンペーンを張ってしまった。

これは野球でいうなら9回裏の逆転ホームランのようなもの、

ヒラリーさんは一気に地獄へ突き落されたようなもの。

かくてあの無知で厚顔な男トランプが選ばれてしまった。

事実得票数では260万票もヒラリーさんが上回っていたというのに。

いかにアメリカの大統領選というものが歪なものか。

誰が後ろで操っているのか、全く伏魔殿のような摩訶不思議が支配している。

米国市場最低で最悪な男。途端に世界中の信用をいっぺんに失ってしまった。

地球温暖化停止条約からは撤退するし、

前オバマ大統領の敷いた弱者向けのオバマケァからは脱退するし、

まったく米国の信頼を一気に吹き飛ばしてしまった。

これほど無能な男を大統領に8担ぎ出したロシアのプーチン、

世界への影響力は最悪の男といえよう。

そんな男が世界で評価されるなんて、いったい世の中どこに目がついているのか。

いま事実上世界が戦争状態に入っている時代。

昔の様に国家対国家というような戦いではない。

正体のわからないテロ集団との戦い。

加えてロシアが中東の橋頭保として確保していたリビアを失い、その替りとして確保しようとしているシリア。

彼らは戦略的に中東の一角を確保していなければアメリカに対抗できない・

そのためには核戦争をも辞さない構えだ。

元KGB長官として世界中の情報を知り尽くしている男。

]そんな男を無邪気に評価する世界の無責任。

その男が作ったアメリカ大統領のトランプ。

世界は不可解だ、その不可解を何倍にも増悪して影響力を発揮する男。

これほど悪い男はいないだろう。

そんな男に振り回される日本。

プーチンは笑いをかみ殺すのに苦労しているだろう。

いずれにしても最悪男と最低男。

そんな二人がもてはやされる現代。

日本の出る幕はありません。

「驚き桃の山椒の木」17.06.07 [巷の話]

これは聞き捨てならぬ情報。

あの反日で凝り固まっている韓国で6日釜山の日本の領事館前にしていた慰安婦像を撤去したというのだ。

一瞬わが目を疑った。

国がつぶれようと反日活動は絶対やめないというお国柄。

その韓国がその主張の標本になっていたような少女像を撤去したというのだ。

折から親北の大統領が選ばれ、ますます日本に対する攻撃を強めようとしている中。

韓国の市民団体、「真実を求める会」の代表崔(チェ)さんという人が少女像の撤去を求めた。

どこの国にでも勇気のある人はいるものだ。

親日の「し」の字でも喋れば石が飛んでくるような韓国。

しかしこれ以上日韓関係を悪化させては韓国自身が成り立たなくなる。

と考える人々もいたのだ。我々の見方が偏りすぎていたのかもしれない。

いずれにしても一筋の光明が見えたことには違いがない。

こと韓国に関する限り政府の発表は半値の五割引きぐらいにしか評価できない。

世界が混乱を極めている今日。彼らにもその情報は流れているだろう。

まして韓国は大陸とつながっている。

そしてすぐ隣の中国とはとても険悪な中。

アメリカのすすめる「TARHD」に最大の嫌悪感を示している中国。

今や韓国の正面の敵となってしまった。

そんな中これ以上日韓関係を悪化させては自国の安全保障に大きな穴が開くことになる。

今回の市民団体がそんな政府の危惧を忖度し起こしたものではなかろうが、韓国民は肌で感じているのだ。

このままでは自国がおかしくなる。

今までなら行動に出る勇気は沸いてこなかったが、

こんな世界の混乱を見ていてもたってもいられなくなったのだ。

そんな中海という防波堤に守られ、一人平和を謳歌しているこの日本。

自国でテロが起きるなど夢にも考えていない国民。

この年より一人がどれほど叫んでも灯篭に斧、だれも見向きもしてくれない。

一つ海を渡ればひしひしと身の危険を感じているのだろう。

とうとう韓国でもこのような行動が起こった。

今まで考えもしなかったあの少女像の撤去。日本人がただよかっただけでは済されない状況。

さりとてまだ釜山の日本領事館に置かれた像だけに過ぎない。

決して楽観はできない。

狂信的な反日のちは韓国人の隅々にまで浸透している。

何より韓国政府はいまだ何もしていない。

親北にうつつを抜かしている大統領。

日本と仲よくすることなど頭の隅にもない。

ただ北朝鮮のあのデブと握手をしたくてうずうずしている。

そんな考えに凝り固まった大統領に水をぶっかけるような今回の行動。

おそらく韓国国内でも反対の狼煙を上げる国民が反撃に出るだろう。

しかし今韓国はどちらを向いても逆風が吹いている。

前大統領のパク・クネさんを刑務所にぶち込んで国民の拍手を期待している新大統領。

北と今更話合いなどあのデブは寸毫も期待していない。

まだ前金正日のころなら望みはあったかもしれない。

があのデブにはどんな話し合いも交渉も通じない。

ただ中国が鴨緑江の国境線にまで自由主義陣営を近づけたくない。

その一心で北朝鮮を支えている。

最近ではロシアまでが北朝鮮を支えている。

どこの国も政府より国民の方が危険を肌で感じ取るもの。

韓国にもそんな国民が居たことに心から拍手を送りたい。




「アンでも、ムンても、ホンでもこの国にはかかわりのないこと」17.05.10 [巷の話]

案の定あの文在寅(ムン・ジエイン)が大統領に決まった。

サンケイはこれから最悪の5年間が始まるだろうと嘆いていた。

それにしてもムンが成ってもホンが成ってもアンが成っても反日姿勢では何も変わりがない。

それにしても投票率が90パーセント近いという。

韓国には無党派というものはいないのか。

日本には現行の政治家をあきらめて無党派層、

つまり政治家不信というものがあるが、韓国民がこれほど純情に政治家を信じているとは、

そして自らが政治に参加しようとする姿、全く我々の理解の外である。

誰が大統領に成っても日韓関係が良くなることはない。

日本政府の不毛の努力、なんでそれほど韓国に腰を折ってペコペコしなければならないのか。

実は韓国にはものすごい商売上の利権があるのだ。

韓国商品の基礎物資はほとんど゜日本からの輸入に頼っている。

それに日本の政治家がそのルートを握ってしまっている。

この部品はあの先生のルート、あれはこの先生と利権がしっかりできている。

与党の先生でこのおこぼれにあずからない先生はいないだろう。

日韓議員同盟とか、在日支援の先生方とか、

それらの先生方が顧客である韓国を怒らしてはならないと懸命の努力をする。

選挙民こそいい面の皮だ。

いずれにしても韓国と仲良くなることはない。

反日を叫んでいなければ韓国人でないみたいに何とかの一つ覚えのように叫んでいる。

そそれにどれほど日本が援助を与えているか、生活保護は与え、多額の財政支援をしている。

みんなこの韓国利権を守る先生方の口利きがあってのことだ。

政治家の先生は口を開けば日中韓の交流を深めてゆくという。

何をとぼけたことを言っているのか、

韓国にも中国にも日本と仲よくしようなどという感情はかけらもない。

中国はまだましもだが、あれだけの人口で日本がどこにあるか、

日中の歴史についてもほとんどの人が知らない。

ただ政府の宣伝に振り回されているだけだ。

だが韓国は違う、あの併合36年のことを最大の屈辱と思い、怨念から脱出できない。

今更それを言っても始まらないが。

いずれにしても恩を仇で返す卑怯な国民には違いない。

どれほど併合後日本の資金をつぎ込んで近代化してやったか。

今後どんな政治家が出てきても日韓の関係が良くなることはない。

韓国のことなどあきらめてしまえ、韓国とか韓流とか聞くだけでおぞましく寒気がする。

それより世界に目を広げよう、フランスでは若い新大統領が当選した。

それもまだ40歳にならない若者だ。

このダイナミックさはさすがの驚きである。

日本では次の首相がいない。

政界のしがらみにとらわれ、二世三世、まるで地方の名主連盟のような国会議員、

それにどんな帰化したのかわけもわからない議員が厚かましく故国の本名のままでこの国の国会議員になっている強者がいる。

そんな外国人にこの国の政治に参加させるのか、まぁそんなこと喚いても手遅れなのだが、

加えてこの商売上の利権を握った先生どもだ。

政治家とはいったい何をする人ですか。

ダイナミックさを失ってしまった日本の国会。

それに引き換え純情にもまだ政治に参加しようとする韓国国民、

無理もない政治になど参加できるようになったのはわずか70年足らずのことだだ。

どちらにしても韓国のことなど忘れてしまおう。


「あのデブとトランプは世界の疫病神だ」17.05.06 [巷の話]

 今世界はあのデブと阿呆に占領されてしまっている。

あのデブを尊敬しているというトランプの馬鹿。

お前の神経はどうなっているんだ。

大統領と名前がつけば何を言っても許されるのか。

国内ではオバマケアの代案が可決されたそうな。

こうなるとアメリカ自身が狂ってしまったと言わざるを得ない。

そして盛んに日本に対して貿易赤字をなじっている。

馬鹿を云え、みんな原因はそちらにあるではないか。

ITやらインターネットに現をぬかして肝心の物を製造する技術など全然忘れてしまった。

小型で高性能の自動車など製造する技術などかけらもなくなった。

それで日本に車を買えと言ってもそりゃ無理だろう。

日本人が飛びつくような車を作れて文句を言って来い。

いちゃもんをつけているのはトランプだけではない。

あの不倶戴天の天敵北朝鮮。

中国から見放され一貫の終わりかと思いきや、捨てる神あれば拾う神あり、

今度はロシアがサポートに回った。あのデブもこれで命拾い、すっかり強気になってしまった。

中国の締め付けなど蚊がさしたほどの痛痒もない。

ロシアは新しい石油天然ガスの売れ口が広がったったと笑いをかみこらえている。

どうにもならんまだこの日本では、そんな状況の中いまだにあの馬鹿憲法一つ変えられない。

たった一つあの9条を削除するだけでよい。

それがままならない。

結局北朝鮮の問題は武力で叩き潰さねばどうにもならないんだ。

憲法改正の一言でも叫べば野党反日本左翼が赤子の手をひねったように大騒ぎする。

まともな方法ではこの国は自国の存続すら取り戻せない。

明らかにこの国の米軍基地を狙うと宣言しているあのデブ。

防御は万全だと胸を張っているが一度に何発も打たれれば完全に防ぎきれるのか。

戦いは防御に回輪ったらすでに負けだとは昔からの格言。

相手に先制攻撃をかけて叩き潰さなければ勝ち目はない。

さすがのロシアもそれほどの意思を見せればこの国を見直すだろう。

とにかく中国ではどうにもならんのだ。

この国を取り巻く国々がかくも敵対国家になってしまった以上、防衛力の整備力は近畿角課題だ。

トランプなどあてにするな、アメリカは日本を守るために兵力など使いはしない。

それどころか日本を不安定な状態に置いておくことほど自国に利益があることはない。

貿易で脅かし、実際の戦力で脅かし、彼らは決してこの国の味方ではない。

トランプが大統領に成った途端、世界が狂ってしまった。

その生みの親はロシアのプーチンだ。

いくら北方四島を返せと叫んでも、戦争で負けたものは戦争で取り返せと嘯くだけ。

晋ちゃんが逆立ちしてもかなう相手ではない。

日本人もそろそろ覚悟を決める時だ。

この国はクーデター以外では取り戻せない。

あのトランプが出て以来、世界が一斉に覚醒した。

フランスでも国粋政党が政権を握るかもしれない。

ドイツのメルケルがそれを恐れあの銀行屋の回し者マクロンを必死で応援している。

何の政治経験もないただの銀行屋、メルケルにとってはルペンの登場はトランプと同じく世界がひっくり返ると思っている。

いずれにしてもあのデブとトランプは世界の疫病神だ。

「魑魅魍魎に乗っ取られてしまった日本」17.04.28 [巷の話]

老害といってもこれほど人に迷惑をかける老害は今までなかっただろう。

齢78歳にしてまだ現役の政治家をやっている。

ほとんど私と歳は違わない。

私はもう少し古いが、とっくに政治の世界から身を引いていてもよいだろう。

この男が国会議員になったのは1983年12月だ。

それからどれほど政界を渡り歩いたか。

まず自民党、次に新生党、次が新進党、そして自由党、次が保守党、

そして保守新党、そして自由民主党に返り咲いている。

つまり小沢一郎の一番の子分だったのだ。

そしてやっと福田内閣で経産大臣に入閣している。

何よりも世間に名を売ったのは、あの反日の塊、江沢民の銅像を故郷に建てようとしたことだ。

江沢民がこの国に何をしたか、あれほど反日を叫んだ男はいない。

どれほど日本と中国の間を引き裂いたか。

そんな男の銅像を建てるなんて、まったく自国のことなど考えない男。

そんな男が今自民党の幹事長をやっているまだ。

幹事長といえばその党を握っているといってよい。

いま中国が盛んに叫んでいる尖閣問題。

1960年代後半までは中国は見向きもしなかった。

それが国連の調査であの地域に石油が眠っていると公表した途端、

あの島々は我々のもの立ったと主張し始めた。

理不尽極まりない発言だが、その尖閣問題のことを二階は棚上げにしようと宣っている。

お前は日本人ではないのか、明々白々に日本人がカツオ加工事業時をした痕跡が残っている。

それを石油と聞いた途端わが領土と大声で叫ぶ。

そんな中国の姿勢に反対するどころか、棚上げにしようと問題をはぐらかしている。

そんな男が自民党の幹事長だ。一体自民党とはどういう政党か。

この間の復興大臣の暴言もさることながら、まったくわけのわからない政党になってしまった。

それもこれも皆この男、二回俊博が党を握っているからだ。

総裁の任期を二期八年から、三期9年に広げてしまった。

安倍さんにはこれほどありがたい話はない。

願ったりかなったりだ。

しかしそれ以降どれほど問題が噴出しているか。

昨今さわがれている森友問題。

こんな男に付け入られるすきを作ったのもこの男が幹事長になったからだ。

勿論中国だけではない韓国にも色目を使っている。

在日の参政権をもろ手を挙げて応援している。

そうでなくともこの国をあしざまに云い、

ありもしないことを喚きたてて反日をさわぐ在日朝鮮人。

すでにあちらの名前、本名でこの国の国会に入り込んでいる強者もいる。

これ以上在日をのさばらせていったいどうする気だ。

とにかくこんな男がこの国の国政を握っているなんて全く国民の不幸。

何とかこんな男を政治の世界から排除してもらいたい。

老害はこの男以外にもいる。

この男もすぐ80歳近いが、かの正当性が疑われる密室で推挙され総理になった男、そうあの森喜朗だ。

いまだにそれを引きずりおろせない。

いったい今の政治家は自分の国のことを何と思っているのだ。

情けない、まったく情けない。こんな男どもにこの国を握られているとは、

戦前の日本人なら自らの身を捨ててこんな魑魅魍魎など排除していたものだが。

商売人に踊らされ、スマホをあてがわれ、ゲームとリアルな世界を判別できない若者たち。

いずれこんな平和ボケ民族は淘汰されるだろう。

世界は目の色変えて生存競争をしているのだから。

度し難い平和ボケ、加えてこんな魑魅魍魎に国を握られてしまった国。

生き残れるはずがない。

「蛇の生殺しもいいかげんにしろ、、」17.04.21 [巷の話]

なにぃ!北朝鮮をテロ指定国家にすることを検討中だって、

いつまで蛇の生殺しをもてあそんでいるのだ。

それもテロ再指定に決定した、というなら話は分かる。

そもそもあんな国をテロして国家から外したことに問題はあるだろう。

あれほど明々白々に国際社会に盾突く国家。

何の理由があって外したのだ。

それもブッシュジュニアが気まぐれに外してみた。

しかし外そうと外すまいとあの国の動きは一切変化はない。

ただ核武装してアメリカに対抗してゆこうというだけ。

おかげでこの国がどれほど迷惑をこうむっているか、

自国民を何百人も拉致され、手も足も出ないのだ。

普通の国歌であれば武力を使ってでも取り戻すことだろう、

現にアメリカは前世紀初め、モロッコにアメリカ人女性教師が誘拐されたというだけで即軍隊を送りモロッコの王宮を徹底して破壊しつくした。

勿論人質はすぐ返した。

それほど国家というのは自国の意思を鮮明にするものだが、

残念ながら我が国は何百人という自国民を誘拐拉致されながらただ手をこまねいているだけ。

それもこれもあの敗戦時アメリカが押し付けていった憲法に縛られ、交戦権を奪われているからだ。

そしてその隙間に北朝鮮が乗り込み、教育を乗っ取ってしまった。

そして徹底的に左翼教育を刷り込んだ。

だから戦後生まれの戦後教育を受けた日本人は北朝鮮の手先となって、自国を守ることに徹底して反対した。

いまだにその分子たちが憲法改正に反対する。

あんな憲法など無視して廃棄してしまえ、改正でも叫べば赤子の尻をつついたように左翼が大騒ぎをする。

ヒットラーだってワイマール憲法を無視して全権委任法で憲法を無視してしまった。

所詮憲法など人間が作ったもの、その生存権に支障が出れば破棄してしまえ。

世界第6位か7位の戦力を持ちながら自分の手足を縛ってしまっている自衛隊。

これでは玩具の兵隊と何ら変わりはないではないか。

そしてアメリカから押し付けられたこのポピリズム民主主義、

おかげで政治は単なる人気取りゲーム

見てくれ現今の政治家の質の悪さ、みんな国民が選んだ結果だ。

民主主義という手法には反対するものではない。

しかし民主主義にもいろいろあるだろう。

こんなことをしていてこの国は本当に守れるのか、

すべてアメリカ頼みでアメリカ様の言うまま。

そのうえ自主防衛に必要な核武装さえ許されない。

アメリカの核の傘で守ってやるから核武装はするな、ときつく言い渡されている。

しかし今北朝鮮がこだわっているように核の有無が国家防衛の分かれ目だ。

宇宙開発の技術も決して世界のレベルより落ちてはいない。

あるのは政治的決意だけだ。

だがこの政治家の堕落、政治をするというより、わが利権を守ることに汲汲としている。

アメリカに頼るな、いつぽいと捨てられるかもしれない。

見てくれ昨今のアメリカ政治を、

不動産屋の助平で下品なトランプが大統領にえらばれるような国、どこに信頼を置けるのだ。

北朝鮮を征伐するなんて全くのリップサービスだ、

くだんのテロ再指定の話などまったくのリップサービス、

北朝鮮に向かっているはずの空母はオーストラリア近辺でうろちょろしている。

どれほど本気なのかまったく信頼は置けない。

この際思い切って自主防衛の政策をとらねば、

そしてあの憲法など廃棄してしまわなければ、この国の独立は永遠にない。

いつまでアメリカの属国に甘んじているのか、、

「安倍さんせめて核シェルターの準備を、、」17.04.19 [巷の話]

安倍さんよ、この期に及んでまだ北朝鮮に自制を求めるだって、

そりゃあまりにもピンボケだろう。

北朝鮮はますます付け上がり、拉致問題などさわいでいるのは日本だけだ、となめ切っている。

もう北朝鮮は武力で叩き潰すしか方法はないのだ。

だがアメリカが躊躇している。

できれば力の行使などしたくないのだ。

あのシリアの毒ガス使用にあれほど素早く反応したのに。

が東洋のことなどに武力は使いたくないのだ。

核兵器開発のための実験でもすれば攻撃をするといっているが、

北朝鮮も馬鹿ではない、その手には乗らないだろう。

そしてあの宋日昊が大使になって、拉致問題など興味を持っているのは日本だけだと尻をまくった。

どこまで馬鹿にすればよいのか、そっちになくてもこっちには大ありだ。

宋日昊といえば六か国協議にも出席し、この国との交渉の窓口になってきた男だ。

その顔には小狡さがすべて書かれているような男。

でもそんな男に振り回され手も足も出ないこの国。

敵はいつ日本にある米軍基地を攻撃してくるかもしれない。

そして人口密度の一番高い東京ターゲットにしてくるかもしれない。

こんな状態でよくも枕を高くして眠れるものだと平和ボケの日本人にはほとほと感心するのだが、

政府は一向に実効ある手段はとらない。

せめて核シェルターでも作れ、もし金がなければ政府が補助するから、

とでもいえば国民を守ろうとしているな、とわかるのだが。

今の安倍さんにはとても耳に入らないのだろう。

東京は良い、山手線の各駅には地下街があり、すぐ潜り込めるが、

一歩それを外れてみよ、核攻撃から身を守る方法はない。

北朝鮮も追い詰められている。いつ発狂するかもしれない。

アメリカは盛んに中国に強制手段をとれト言っているが、中国にはその気はさらさらない。

資本主義、自由主義の脅威から共産党一党支配を守るには北朝鮮という壁がどうしても必要なのだ。

そしてここまで成長した経済をバックにアメリカと新型大国関係を作ろうと提唱している。

太平洋を二分して西はアメリカ東は中国が支配する世界分割論を持ち出してアメリカに持ち掛けている。

今やアメリカも中国を無視できない存在だ。

中国がやらなければアメリカ単独でやる、と脅かしているが、

果たして本心かどうか今一つ疑わしい。

トランプの心は日替わりメニュー、就任100日目を迎えても支持率は一向に上がらない。

どうにか強い支持率を上げたいが、それには派手な軍事攻撃しかない。

しかし相手が北朝鮮では今一つ気が乗らない。

空母を派遣して脅かすだけ脅かしているが、本気度は疑わしい。

しかし日本にとっては目の前の狂人に刃物をのど元に突き付けられたと同じことだ。

せめて阿部さん、国民に核シェルターを備えるよう呼び掛けてはどうか。

それほど情勢は緊迫している。

残念ながら国民のほうも平和ボケに浸りきっている。

この国の中にはあらゆるところに米軍基地がある

。この広島の近くにも岩国基地がある。

それらを選らわれれば広島にも影響する。

せめて核シェルターの準備を、、、

「この期に及んでノットアベを叫ぶ反日本政治家」17..04.15 [巷の話]

日本の野党はこの国の守りを一体どう考えているのだろうか。

あれほど北朝鮮情勢が緊迫しているというのに、

いまだノットアベを叫びまわり、自国の守りなど一切忘れてしまっている。

この間そんな野党の一つ民進党から長島明久氏が愛想をつかして飛び出してしまった。

そして今副代表の地位にある細野豪志氏が副代表をやめると申し出た。

ついでに民進党を飛び出せばよかったものを、どうやらその度胸はなかったようだ。

そして相変わらず安倍内閣反対、安倍よやめろコールを喚きまわっている。

むしろこの危機感は国民のほうがよく知っている。

今にも北朝鮮のミサイルが飛来しこの国のどこかが攻め滅ぼされようとしている時、

よくぞこれほど無責任にノットアべなど叫んでいられる。

もう少し余裕があればそれもよい。しかし今は緊急事態なのだ。

あまりにもピンボケの主張だろう。

それも大声を出して騒いでいるのはほんの一部の人間。

小沢チルドレンの森裕子、そしてあのカマイタチの山本太郎。

それをそそのかしているのは小沢一郎。

小沢さんあんたはいつから反日本主義者になったのか。

それで一番喜んでいるのは共産党。

猫も杓子も共産党になびきすり寄っていっている。

民進党の代表は共産党との連携に公党同士の約束だから破れない、

と言っているが、公党にもいろい色あるだろう。

共産党の最終の目的は陛下の首をはねこの国を共和国にしようとしていることだ。

二千年も続いてきたこの国の柱石、そのもとに一つにまとまっていたからこの国は存続してきた。

世界中見渡してきてもこれほど長く一つの王朝が続いた国はない。

あの戦争に負けるまではその文化伝統のもとにまとまっていた。

それがこの国の一番の強みであることを見抜いた戦勝国アメリカは、

その文化を破壊するために自ら作った憲法をこの国に押し付けていった。

そしてソ連は北朝鮮の金日成をそそのかし、

日本を武力で攻め取るのではなく、教育を乗っ取れと指示した。

そしてできたのが日教組だ。

それをテコに日本人に徹底的に左翼教育を刷り込んだ。

今左翼がさわいでいるのはそれらの残党だ。

かの小沢さんも最初は保守の中核自民党の幹事長だった。

しかしどうしても彼のもとでは党を結束させることができなかった。

ついに離党し、次々新党を作り、

自らに従ういわゆる小沢チルドレンを作り、世間を騒がせている。

小沢さんもう時代恩れだよ、この国にこれ誰の危機が迫り、今にも攻撃されようとしている時、

いつまで現政府の足を引っ張っているのだ。

時代は変わったのだよ、その時代にいつまでも自国の守りを忘れさせるような議員は国民にとって迷惑。

そろそろ引退すれば、ついでにあの山本太郎と、森裕子あたりを引き連れて、

現実が読めない政治家などこの国にとって百害あって一利なしだ。

北朝鮮もいよいよ切羽詰まっている。

裸の王様になった金正恩、入ってくるのは耳触りの良い情報ばかり。

トランプは容赦はない、いくら地下深く逃げ込んでも、決して逃げ切れるものではない。

素人でもこれほどの現状認識を持っているのに、

プロの政治家がただ党利党略で国民を見捨てるとは、そんな政治家はもう終わりだな、、、、

国民ょ目覚めよではない政治家を目覚めよだ。

メッセージを送る