So-net無料ブログ作成

「左翼に騙された国民にも困ったものだ」05.04 [日記]

まったく平和ボケ国民には困ったものだ。

昨日は憲法記念日だった。

そしてそれのよろんちょうさでは改憲すべきでないという世論が改憲すべきという世論を10パーセント以上も上回ったという。

この国が今どれほどあの憲法によって危機に瀕しているか、全くわかっていない。

一体あの憲法が誰から押し付けられたものだと思っている。

アメリカそが二度とこの国をたち上がらせないために強引に押し付けて行った憲法だ。

まさかあの憲法を押し付けて云ったマッカーサーもいまだに改憲をしていないなど想像もしていないだろう。

同じ敗戦国のドイツではすでに53回以上も改憲している。

そして今この国を取り巻く状況、全く周りは敵だらけだ。

朝鮮半島は南北が一体となってこの国を攻め落とそうとしている。

中国は海洋の浅瀬を埋め立て軍事基地を作り、ロシアはいまだに北方四島を返そうとはしない。

まさに東洋のイスラエル、司法を敵に囲まれている。

好調なのは経済だけ、その儲けた金を振りまいて自国の安全を守っている。

日本人の誇りも文化もない、ただ偽の平和を謳歌している。

戦後七十有余年泉下がこの国を襲わなかったが、それはあの憲法があったからではない。

世界三竦みでその微妙なバランスに救われているだけ。

護憲論者はこの平和を利用していつ壊れるかもわからないようなガラス細工の平和にしがみ付いている。

政治の「せ」の字もわからない庶民も専門家も一票は一票。

この悪平等の上に政治は成り立っている。

どこの国に自国に反対する政治家が許される国があるだろうか。

ものには限度がある。

自国に反対するような議員は即刻この国から出て行ってほしい。

普通の国なら国家反逆罪だ。

世界中どの国も自国合っての政治、これほど平和ボケした国民は見たことがない。

nice!(1)  コメント(0) 

「惜しみてもあまりある西部邁先生逝く」18.01.22 [日記]

なんだって我々の希望の星であった西部邁先生が自殺されたんだって、最近これほど驚愕したことはない。

最近はいくつかの゛病気を抱えられテレビ出演時にも痛々しいところがあった。

でもその論調は一貫し頑として自らの主張のトーンを弱めることはなかった。

先生ももはやいうべきことは主張し、多くの弟子たちを育て、

特に最愛の奥様を先ごろなくされ、もうこの世での仕事は終ったと諦観しておられたのかもしれない。

実は私より一つか二つお若い先生、お元気ならまだまだ活躍できる年だった。

テレビに出られても手に白い手袋をはめ、痛々しかったがその論調は鋭く持論を堂々と主張しておられた。

若き頃は相当な過激主義者でかなりの名をはせたようだが、

次第に論調は丸くなり、多くの若手を育てた。

それらの活躍が今の日本を救っている。

先生が主催する雑誌「表現者」隔月販売ながらずっと読み続けてきた。

いささか理屈っぽく読みづらいこともあったが、保守の論客として先生程理路整然とした論客はいなかった。

最早思い残すことはないと思われたのかもしれない。

また今の日本の現状を見て絶望されたのかもしれない。

この国に本当の政治はあるのか、重箱の隅をつつくような議論ばかり、

自国をどうして守るのか、政治の根幹である自国防衛策が全然議論されていない。

何よりもあのバカげた憲法を変えないで自国が守れるのか、

あの憲法を押し付けて云ったアメリカ、

日本を二度と立ち上がらせない、その一点に集中し、二重にも三重にもこの国の骨を抜こうとした。

何よりも二千年にわたる一極文化、その奥深さは少々の事では崩れない。

アメリカだけではないソ連も何とかこの国を潰そうとあらゆる手段を使った。

アメリカにはまだ民主主義という理想があった。

しかしソ連はただこの国を壊滅させ占領することしか考えていなかった。

中でも北朝鮮の金日成をそそのかして日本の教育制度を乗っ取らせようとした。

そして日本に乗り込み日教組を作ってしまった。

そして徹底的に左翼教育を刷り込んでいった。

今日まだいる反日主義者はその教育に侵され、自国を書きものにしようとあらゆる反日運動をする。

おかしいのはライバルであるアメリカが押し付けて云ったあの憲法、

それを金科玉条のごとく信奉し、憲法改正でも叫べばすぐ街頭に出て三つ子が尻ををひねられたように大騒ぎする。

西部先生はそんな現状を嘆き、何とかまともな国に戻そうと全力を挙げて抵抗してきた。

それらと正面から対峙し、論陣を張ってこられた先生。

惜し見てもあまりある損失である。

でも先生はこれで楽になられた、日本男児の身の処し方、

もはやこれまでと感じれば敢然と自死する。

まさに先生はその気概ではなかったのか。

先生のお覚悟に心から敬意をもってお悔やみ申し上げる。

それにしても今の日本の現状、公の場では言えなかったのだろうが、

この民主主義ではこの国は亡ぶ。

もはや日本を救うのはクーデターしかない、

強制的にでもあの支離滅裂な左翼どもをたたき出さねばこの国に未来はない。

nice!(0)  コメント(0) 

「些かそぐわない新年の挨拶」18.01.01 [日記]

皆様明けましておめでとうございます。

今年は明治維新より150年にあたる年、

明治は古くなりにけり、の言葉も実感できる年になりました。

明治の維新より1945年までの77年間の間に日本は日清、日露、そして大東亜戦争まで3回の戦いを経験しております。

しかし大東亜戦争終結から72年一度も外国と戦ったことはありません。

あれほど国権を犯されながらもただじっと自らを抑えて我慢をしています。

せめてあの北朝鮮ぐらいは叩き潰してもよいと思われますが、

戦勝国アメリカに押し付けられた憲法に縛られただじっと耐えております。

反対に北朝鮮はますます増長し、核兵器の開発に血道をあげミサイルを開発してこの国を脅かし続けています。

あまつさえこの国の同胞を何百人も誘拐し拉致をしてしまいました。

もしあの時この国が憲法に縛られず実力で交戦していればあれだけの悲劇を招くことはありませんでした。

北朝鮮はもう二度と日本が武力を使うことはないと確信してあれだけの日本人を拉致しました。

世界に正義感は通用いたしません。

隙あらば奪い取る、というのがどの国も持っている本能です。

新年早々穏やかならざる話、いささか気が引けますが、

日本国民としてあの問題が解決せざる限り声を大にして言い続けなければなりません。

そして日本に大恩のあるあの朝鮮半島も南の韓国もこの国に暴虐の限りを言って因縁をつけております。

中国は国際法で否定されている南シナ海の諸島を自国の領土と主張し、埋め立て軍事要塞化を強行しています。

そしてまだ空母を4隻に増強するといって軍事力を強化しようとしております。

穏やかな年明けなどとのんびりしたことは云っていられない年明けです。

日本人は馬鹿ではありません、世界一高いリテラシ委を持ち、

いろんな意見を表明しておりますが、その中でもう戦いはごめんだという意見がマスコミで報道されております。

しかし世界から戦争をなくすることは出来ません。

戦争は逃げても避けても押しかけてきます。

平和にぼけていてもせめて心の中で戦う気概だけは持っていてほしいと思います。

無邪気にも核兵器反対、戦争反対を叫んでいれば戦争はなくなるものではありません。

新年早々穏やかならざる主張、しかしどんなに拒絶反応があっても本音を伝えることを怠っては後々大きな厄害をもたらします。

それにしてもあのマッカーサーに押し付けられた憲法いつまで後生大事に守っているのか。

思い切って9条二項を外すだけでもよい、普通の国に戻ってほしい。

さもなければこの国は何時か滅んでしまうだろう。

目を覚ませ、左翼の妄言に騙されるな、

新年のご挨拶には些かそぐわない挨拶だがこの国を愛する国民として黙ってはいられません。

nice!(1)  コメント(0) 

「無題」17.11.22+ [日記]

物事には起承転結が通っていんければならない。

だが支離滅裂な行動を恥じない国もある。

その典型がアメリカ、ここにきてまたしても北朝鮮をテロ支援国家に再指定した。

あったりまえだろう、そもそもあの国をテロ支援国家から外した方が大間違いだったのだ。

ブッシュ、ジュニアの時あの国をそれから外してしまった。

なんの理由があって外したのか、少しでも核開発をやめる兆候でもあったのか。

そして日本人の拉致問題を解決する兆しでもあったのか。

兎に角いい加減な国であるアメリカとは、、、

あれほど二進も三進もいかなくなってやっとテロ支援国家に再指定する。

それもあのでたらめ大統領トランプが再指定した。

これまた大統領が変われば再指定を取り消すかもしれない。

どれほどアメリカが頼りにならない国か、日本人は肝に銘じておくべきだ。

しかし裏側では何とか北朝鮮と話し合いができないか懸命に探している。

何回騙されればきがすむのか、金日成以来騙され続けているではないか、

そのたびに多大な土産を進呈する。

勿論ただ食いされてそのまま。

だがわずかGDP250億ドル程度の国、アメリカの何千分の一か、それが厚かましくもアメリカと対等なはなしをしたいと胸を張る。

本気で話をするレベルではないだろう。

それをどうだこのところの日本の報道。

大真面目に北朝鮮の能力をアメリカと比較して騒ぎ立てる。

マスコミの商売の道具にされ、事の本質は最後はうやむや。

これだけ発達したマスコミ各社。

何かを話題にして飯のタネにしなければならない。

庶民こそいい面の皮、出てくるのが毎度おなじみのコメンテーターばかり、

またかとすぐテレビのスイッチを切る。

それにしても今更どんな話し合いも通じない国。

地球上に存在させてはならない国。

強制的に排除するしか方法はない。

まだアフリカのジンバブエのムガベ大統領の方が可愛らしく思えてくる。

がおっとどっこい、これも中国が裏で糸を引いているという。

まぁ中国は一党独裁を維持するために何でもする。

スーダンのジャンジャウィードも裏で中国が武器を提供してあおっている。

だがこの日本国際社会の動きなど全然関係のないように国内では些細なことに大騒ぎをする。

かほど日本人はあの劣悪マスコミに踊らされている。

お幸せな国だ。だが一歩間違えば地獄の淵をのぞかせている。

知らないのは庶民ばかり。その庶民に政治を預ける。

これでまともな政治ができるはずはない。

お幸せな国だよこの国は。

その平和ボケの陰で商売だけは繁盛している。

今や世界の債券国家、金貸しばかりが大繁盛。

一時エコノミックアニマルと言われたほどの商売上手。

尤も馬鹿憲法のおかげでまともに自己主張できない国。

どんな理不尽があってもお金をばらまいて身を守る。

もうこの国は遅いんだよ、何を騒いでもすぐ反日野党につぶされる。

国民も今やその野党にすっかり洗脳され、

国家のすることに反対さえしておけば自分が文化人になったように勘違いする。

いずれにしてもこの国はこの民主主義で滅びる。


nice!(0)  コメント(0) 

「政治の世界を逃れてみれば、、」17.10.06 [日記]

折からノーベル賞発表のシーズンだ。

日本人が選ばれるかどぅか世間は騒然としているが、

毎回候補に挙がっては落選している村上春樹はまたしても選ばれなかった。

まぁこれは私の私見だが、あんな軽い乗りの現代エロ小説のような村上文学が選ばれるはずはないとみている。

それにしても実質日本生まれのイギリス作家、カズオ・イシグロ氏が選ばれ日本人としてはご同慶の至りである

。そして多くの日本の情景を描写した小説も書かれている。

あの売れっ子女優の綾瀬はるかさんが主演した映画も作られているそうだ。

残念ながら私は見ていないが、そもそも日本の文学はあの紫式部以来連綿と続いている。

若き日に読んだ井原西鶴の「好色一代女」そして「好色一代男」

これらは江戸中期に書かれたものである。

まるでロダンの作品「美しかりきオーミエール」を彷彿とさせる人生の哀歓を示している。

とにかく今年も日本人がノーベル賞に選ばれたことには違いがかい。

たとえ言語が違っても。さぞ慌てているだろうな、毎年それを期待して国中が悶えている国は。

何しろ毎年この賞の恩恵にあずかっている国が目の前にいるのだから。

せいぜい頑張ってください。

それにしても紫式部以来どれほどの文学,短歌、俳句、川柳が読まれてきたことか、

こんなに奥深い国は世界にもないだろう。e
あの応仁の乱の最中にも、最中にも、日本人は文学表現を連綿と続けてきた。

それがどうだあの戦争に負けて以来、戦後生まれの日本人からこの情緒豊かな表現が消え失せてしまったのだ。

まだ戦前生まれの戦前教育を受けた人たちが残っている間はかすかに続いていた。

が今や日本人らしき心豊かな表現で世情を書き起こす作家はなくなってしまった。

あの歌謡曲というもっとも日本人らしい表現もなくなってしまったのだ。

さかんにその歌を現代の歌手とか、歌を歌う商売の人が必死になって昔の歌を歌っている。

古き良き日本を取り戻そうと盛んに歌謡番組は組まれているが、全然新しい歌は現れてこない。

まぁ今回の様に日本人の血が流れたノーベル賞受賞者が出てきたことに敬意を表したいが、

言論の自由人権の自由等の自由に振り回されて、奥深い日本文学は消え去ってしまった。

今やマンガ、劇画の時代だ、それもギスギスした表現で、、、。

今頃の若者は我々は漫画で育った、と胸を張る。

胸の張り方が違うだろうと言いたいが。

とにかく日本人は軽くなった。

でも自国を離れ世界で活躍している同胞は頑張っている。

国内はただ商売繁盛だけだ。

あの馬鹿馬鹿しいテレビのコマーシャルを見るにつけ、もうこれ以上日本人を馬鹿にしないでくれと祈る気持ちだ。

それはともかく今回のカズオ・イシグロ氏の文学賞受賞には心からお祝いを申し上げる。

nice!(0)  コメント(0) 

「やっと真面な日本が取り戻せるか」17.09.30 [日記]

これほど劇的に日本が変われるチャンスが過去にあっただろうか。

まさか自分が生きている間にこんなまともな話に出会うなんて、夢ではなかろうか、

劇的にあの左翼どもが吹き飛ばされたのだ。

なんといっても辻本清美、菅直人、これらは今居場所を探してうろうろしているだろう。

中でも辻本の凶悪さは腹に据えかねていた。

天皇制を鳥肌が立つほど嫌いだとぬかした。

こんな人間をこの国の政治の場に立たせて良いのか。

そして公明党が泡を食っている。

体の良い肘鉄を食わされたからだ。

民主でもよい、自民党でもよい、

内閣の一角にしがみ付いていればよかった内股膏薬政党。

今回ははっきりと峻別されようだ。

元々共産党と公明党はこの国にあってはならない政党。

共産党は陛下の首をはね、この国を共和国にしたかった政党。

戦前は非合法政党として政治の場から排除されていた。

それらが排除されやっとまともな日本の政治ができる足場が作り上げられそうだ。

小池党首はだれでも彼でも数が集まればよいという昔の感覚を軽く一蹴した。

これこそ今まで真面な国民の望んでいたこと。

民進党の前原党首が解党してまで小池新党に合流を求めたのも、

政治家の判断としては賢明な判断だろう。

しかし民進党中身は左翼も右翼もごった煮の雑炊のような政党。

左派は今泡を食っているだろう。

元革マル派の闘志だった枝野幸男、天皇制反対派の辻本清美、

韓国にこの国を売り飛ばそうとした菅直人。

今は政治家ではないが、一時党首を務めたルーピー鳩山由紀夫、

こんな連中がこの国の政治の前に立ちはだかった。

自民党もまともな政党ではないが、民進党ももっと劣悪だった。

それらを大掃除しようというのだ。大いに期待する。

そして小池さんの党に合流しようと政治家が列をなして待っている。

が小池さんは自らの信念に照らして主義主張の違う人間は選ばない。

あの優しい顔をしてその心は岩より硬い。

今北朝鮮の脅威を前にして国民も目覚めた。

あんな夜郎自大のような国にこれほど脅かされるなんて、あまりにも理不尽。

すでに国民のほとんどはこのことを知っている。

何とかしてほしいという声はふつふつと上がっている。

しかし今の自民党、魑魅魍魎のような幹事長に乗っ取られぐにゃぐにゃの政党になり果てている。

国民も新しい風を求めている。

どれほど口で国を守るだの国民を守るといっても、

現行の憲法に縛られ、手も足も出ないこの国、

何よりも憲法9条を外してまともな国になることだ。

小池さんは勝負師、ここぞというときには正面から打ち込んでくる。

国民はやっとまともなことを言う政治家が出てきたとやんやの拍手。

とにかくこのチャンスを逃さずこの国をまともな国に変えてほしい。

今や小池の敵は国民の敵だ。

それほど我々は小池さんを応援している。

nice!(0)  コメント(0) 

「韓国は今や正面の敵だ」17.09.28 [日記]

今日は黙っておこうと想った。

が俄然韓国が平昌オリンピックの公式宣伝にすっぽり日本列島をかき消して公表していたのだ。

勿論普通の国であれば国家を挙げての抗議と駐韓大使の召還ぐらいはするだろう。

それに韓国は一言も謝っていない。

何たる無礼、何たる屈辱を表すのか、

日本政府からは優しい声でそれはやめてね、くらいの抗議しかしていない。

この腰抜け政府声が上がっていない。

小さな声でそれはやめてね、程度の声しか上がっていない。

少なくとも駐韓大使は召喚しろ。

つまり韓国から見れば敵は北朝鮮ではなくこの国なのだ。

近い将来韓国とは一戦を交えなければならないことを覚悟しなければならない。

軍隊の数では負けるが、その室においてはこの国は負けていない。

腰抜け政府の腰が抜けてしまっているからだ。

今起こっている小池ブーム、国民はこんな政府などいらぬとの強烈な意思表示をしているのだ。

一日も早くあの憲法を改正して交戦権を持った普通の国にしてほしいだけだ。

そのためには民進党の解散など些細なこと。

困るのは民進党の左派、枝野や辻本清美ぐらいの物だろう。

こんなに早く日本が生まれ変われるチャンス額ねなんて、

とにかく一刻も早くこの左翼地獄から脱出することだ。

日本人はおとなしい、できるだけ争いごとは避けたい。

それが日本の文化であり伝統だ。

それに付け込み言いたい放題、

挙句の灰には日本を世界地図の上から消し去ってしまった。

この卑劣さを許すのか、轟々たる非難を鳴らして韓国に抗議するときだろう。

何時でも文句ばかり、挙句の果てには北朝鮮は核兵器で世界の嫌われ者になってしまった。

そして韓国はその北朝鮮にすり寄ろうとしている。

今や仮想敵国ではない、木佐に正面の敵だ。

何時かは争わなくてはならない相手になってしまった。

たまたま戦勝国のアメリカがこの地区を治める方法として韓国とこの国の手を握らせている。

もうたくさんだ、韓国なんかと手を握りたくない。

あまりに腹が立ったので急遽一文を呈することになった。

一日も早く今の腰抜け自民党政府を引きずりおろして国民の意思を代表する政府を作ってほしい。

nice!(0)  コメント(0) 

「ヘッテクライのアメリカに期待するな」17.09.12 [日記]

アメリカ時間で9 月11日は今日だ。

アメリカをいや世界をあれほど震撼させた事件はない。

それまで二つそろって毅然と立っていた世界貿易センタービル。

その二つが完全に地球上からかき消されてしまった。

我々の常識では考えられないこと。

あれから16年,時の大統領ブッシュジュニアは早速そのかたき討ちを標榜した。

しかし一部にはアメリカが演出した自作自演ではないかとの声も上がっている。

結局その犯人とされたイラクは攻撃され壊滅してしまった。

もしイラクに石油が出ていなかったらアメリカは鼻もひっかけなかっただろう。

そして今は北朝鮮が暴れまくり世界中の鼻つまみ者になっている。

核兵器は作るわ、ロケットは開発するわ、どうにもならない暴れ者になってしまっている。

もはやこの国との話し合いは寸毫も通じない。

はっきり武力をもって叩き潰すしか方法はない。

だがアメリカは動かない。

なぜ世界の警察官と言われたアメリカが掣肘しないのか、

実は北朝鮮を打ち負かしても北朝鮮から得るものはない。

逆に国家再建のために持ち出しをして助けてやらなければならない。

アメリカはヘッテクライだ。ヘッテクライとは讃岐弁でこずるい人間のこと。

自国に何の利益もなければ全然手を出さない。

では日本はどうなるのだ。

毎日毎日北朝鮮の脅威を聞かぬ日はない。

国民すべてが戦々恐々としている。

さりとて政府は全然役に立たない。

あの馬鹿憲法に縛られて実質的に効果ある方策は全く取れない。

国際社会の圧力にすがっているだけ。

国際社会に何の効力があるのか。

あれほど凶悪な北朝鮮を擁護し、核開発、ロケット技術の供与など北朝鮮をまだ助ける国が存在する。

言わずと知れたロシアだ。

そのロシアの大統領プーチンがどれほど凶悪な男であるか、

アメリカ大統領選をいじくり、ついに何の能力もない助平な不動産屋のトランプを大統領に付けてしまった。

トランプに何の国際感覚があろうか、ただアメリカンファーストを唱えるだけだ。

まして持ち出しまでしなければならなくなる北朝鮮など成敗したくない。

お陰で日本は不安定な状態に置かれっぱなし。

その日本はアメリカから押し付けられた民主主義とやらで全く政治が機能しない。

アメリカはトランプ以前からづっとアメリカンファースト。

自国の利益にならなければ全然行動しない。

そんなアメリカに縋り付いている日本。

いつぽいと捨てられるかもしれない。

日米安保にどれほどの効果があるのか、まず自国で自国を守る努力をしてから援助を求めろ、と突き放されている。

考えてみればこの国はあのイスラエルとまったく同じ。

周りはすべて敵国に囲まれてしまっている。

確かに東南アジア諸国はこの国を応援してくれる国があるかもしれない。

しかしそんな国にどれほどの力があろうか。

今やイスラエル、つまりユダヤはアメリカを乗っ取ってしまっている。

アメリカというよりユダメリカだ。

日本はただ経済力だけで国を維持している。

国民は殆ど平和ボケ、政治的判断力はほとんどない。

その極楽とんぼのような国民に政治を預ける。

心ある人は全く頭を抱えている。

毎日毎日北朝鮮脅威論を語るだけでお茶を濁している。

いずれにしてもこの民主主義、就中この選挙制度ではこの国はつぶれてしまう。

nice!(0)  コメント(0) 

「平和ボケ民族の終焉」17.08.15 [日記]

  8月15日、嗚呼8月15日、戦後72年前の敗戦はまだ心の中まで参っていなかった。

物理的に終戦というけじめをつけて戦争は止めたが、まだ心の中では負けてはいなかった。

しかし戦後72年が経過し、ついに心の中まで敗戦、すなわち腐ってしまった。

今日目にしているこの国も終わったなぁ!!あ、、、

れこれ評論家共が御託を並べているが、もう議論の時間は過ぎてしまった。

北朝鮮に脅され、アメリカに振り回され、そしてあの憲法も改正できず、

政治家天国になってしまったこの国。

有効なる国防策一つ作れない国。すべてが手遅れになってしまった国、

金さえあれば国が守れると思っている総理大臣。

すべて日本国民のなせる業だ。

アメリカの大統領を馬鹿だ、北朝鮮のデブは気違いだ、と騒いでいる国民。

よほど大間抜けな国民になってしまったようだ。

平和にぼけさせられ、生活に満足している国民。

だが一皮むけば今こそ地獄の淵に立たされているのだ。

昔の日本人ならばとっくにクーデターの一つも起こし、国民のほっぺたを張り倒していたはず。

もうこの民族を救う手段は残っていない。

私もここいらで御託を並べるのをやめにしておこう。

nice!(0)  コメント(0) 

「候補地にも上がっていなかった長崎が、、、」17.08.09 [日記]

 広島の原爆を書いて長崎をスルーしては長崎の皆様に失礼だろう。

そう今日は72年前長崎に原爆が落とされた日だ。

犠牲者の方々に心から哀悼の意を表します。

なんで長崎に原爆が落とされたのか、本来小倉に落されるはずだった爆弾。

小倉上空は深く雲が垂れ込めいつまで待っても晴れない。

やむなく長崎に回って投下をしたという。

まったく長崎市民にとっては許されない原爆。

広島が8時15分なのに対して長崎は11時02分、

つまり彼らはもう帰りの燃料を考えると残り時間がなかったわけだ。

ただそれだけの理由で長崎市民は殺された。

でも長崎にはカソリック、プロテスタントの信者が多いところ。

よくもこれほどの蛮行ができたもの。

しかしもうこれ以上は語るまい。

それより目の前に迫ったこの国の脅威。

蛇の生殺しのごとく北朝鮮は核兵器をもてあそび、化学兵器も多量に打ち込む可能性がある。

アメリカとの話し合いの道具にするとか

、韓国を統一するための手段だとか、全く理不尽な理由をつけてこの国を脅かしている。

韓国に打ち込むなんてことは一度も云ったことがない。

何しろ朝鮮民族としては同胞なのだ。

さりとてすぐアメリカに届くミサイルは開発されていない。

とすれば日本を攻撃するのが最大の目標になる。

昨日もプライムニュースで専門家と称するコメンテーターがあれこれ御託を並べていた。

もうそんな時ではないだろう。

外交評論家の岡本行雄しはまるで翁のよう睫毛を呈して、結局どうしようもないとお手上げだ。

さりとて政府の怠慢をつくわけではない。

アメリカを攻撃すればその瞬間に木っ端みじんにされるだろうが、韓国はそうはいかない。

国境線からソウルまでの距離はわずか40キロ少々。

何もミサイルを使わなくとも通常の長距離砲でしっかり届く。

これほどの脅威に面しながら韓国政府は首都を釜山くらいまで下げる意向は全くない。

そしてこの期に及んで来年開かれる平昌冬季オリンピックを北地共同開催しようと手を差し伸べている。

アメリカは缶兵器開発をやめれば話し合いに応じてやると言っている。

何ともとぼけたことを、北は命綱である核兵器の開発をやめるわけがないではないか。

それどころか以前にもまして釈迦力になって核開発にいそしんでいる。

誰ももう止めることはできない。

それどころかロシアはこっそり裏で開発の指導をしているらしい。

いずれにしても時間の問題だろう。

トランプはすべての選択肢がまな板に乗っているという。

が実力行使には踏み込まない。

日本がどれほど脅威に感じているか。

安倍さんは何時官邸から呼び出しがかかるかもしれないと背広を着たままいつも就寝していなければならない。

この期に及んでまだ屁理屈を並べ立てている評論家ども。

とっくに時間は過ぎているというのにる。

ただ一つあの馬鹿憲法に縛られて座して死を待つがごとく正座している。



最近になってやっと適地攻撃能力をうんぬんしているが、もう手遅れだろう。二回目の被ばくは現実になりつつある。すべてはあの憲法のおかげだ。ただ9条を外して普通の国になればよいこと。戦争はお題目を唱えるだけで逃げてゆくものではない。それにしてもこの無能な政治家どもを何とかならんか、、、

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る