So-net無料ブログ作成

「アメリカの衰亡と日本人の平和ボケ」17.10.13」 [世界中地獄の中で]

そうかアメリカがついにユネスコ(国連教育科学文化機関)から脱退すると宣ったか。

驚きを通り超えてなんと馬鹿な国であるか、と軽蔑の目で見たくなる。

日本は総選挙の真っ最中、あれこれ言うのは憚られる。

が世界に目を向けてみれば山ほど話題はある。

スペイン・カタルーニャの独立運動、相も変わらずアメリカと北朝鮮の角逐、まぁ落ち着いているのがヨーロッパぐらいのもの。

でも一歩間違えればロシアとヨーロッパ諸国関係は何時急変するかもわからない。

とりわけアメリカの情勢、あのトランプの登場とによって国そのものが割れそうだ。

それを演出したロシアのプーチン、涼しい顔をしているが、内情は結構あれているらしい。

今やアメリカの程度が露呈してしまった。

アメリカはまだ建国250年に満たない新興国。

もともとアメリカ人というのはいない。

WASP(ホワイト、アングロサクソン・プロテスタント・ピープル)や

ヨーロッパを宗教的に追い出された人々が住み着いた国。

元はネイティブインデアンの国だった。

それを追い散らしてとってかわったアメリカ合衆国。

その各州によって法律も違えば風習も違う。

そして昔は勤勉な労働者が製品を作って国を富ましていたが、

強欲なユダヤ人が入り込むことによってすっかり国の形を変えてしまった。

一攫千金を狙うユダヤ、わずか660万羽ほどだが、このうちの0.01パーセント、

それがユダ金だ。ついにはアメリカを乗っ取ってしまい、政治をも握ってしまった。

二十世紀はアメリカの世紀というほど膨張し、そして世界を支配してしまったが、

金もうけのためなら何でもするユダヤ、とうとうアメリカを乗っ取ってしまった。

そしていつも世界中に戦争の危機をまき散らしている。

それだけで武器は売れるのだ。最新鋭の武器は高く売れる。

自国を守るのに金に糸目をつける国はない。

そして同盟国の武器を全てアメリカ仕様のものに変えてしまった。

そのうえ最も秘密に囲われている中枢部を絶対公開しない。

つまりアメリカには盾突けないように仕組んでしまった。

だがどうしてもそんなアメリカに従わない国家がある。

それが今のロシア、昔のソ連時代からそうだった。

お互い手を組んでドイツと日本を滅ぼしてしまったが、今度は米ロが軍事力で対抗している。

お互い世界を何十回も吹き飛ばせるほどの核兵器を持っている。

加えてその運搬手段も持っている。その中でにらみ合っているのだ。

だがロシアは一応民主主義を装っているが、国民はツァーリ願望、

皇帝に支配されることを盲目的に望んでいる。

教育程度は低く、皇帝の言うことを聞いていれば無事生きることができると従順だ。

そこへ行くとアメリカは言論自由の国、喧々諤々あらゆる意見が述べられる。

そんなアメリカの弱点を突いてロシアのプーチンがアメリカ大統領選に我が意思を注入した。

アメリカ国民の教育程度の低さ、そしてなんでも一票というアメリカ的民主主義、

それを利用してあの無知で厚顔な不動産屋、トランプを担いで当選させた。

以来アメリカはしっちゃかめっちゃか、世界的規模で合意している地球温暖化の話まで顔をそむけてしまった。

そしてあんなものは学者のでっち上げた、と一蹴してしまった。

そして貿易不均衡にも口出しする。

すでに結んでいる北米貿易条約、つまりNAFTAにも手を付け再交渉しようと言い出した。

つまりアメリカンファースト、自国の利益が第一だと主張する。

勿論日本にも、そして中国にも、これまでの世界秩序を皆ご破算にしようとしているのだ。

そのくせ今世界を一番騒がせている北朝鮮への懲罰は行わない。

なぜならばそれがアメリカにとって一番の利益になるからだ。

金持ちの日本を一番不安定な状態に置いておくこと、それが日本から金を搾り取る最大の方法だからだ。

そんなアメリカのくびきから脱出できない日本。

でもアメリカはこの滅茶苦茶な言論がゆえにこれからも混乱を続けるだろう。

そしてついには空中分解、ということになりはしないか、誰でも大統領に成れる。

そしてその制度を複雑怪奇にしてどうにでもいじくれる。

今回も得票数では圧倒的にクリントンの方が勝っていた。

それを操りやすいトランプに変えたのはだれか、あの腹黒いユダ金に相違ない。

ユダ金は何処にでもよい。設けるだけ儲けてあとはほったらかし、

カバン一つでよその国に移ればよい。

さあてアメリカを食いつぶせばどこの国に行けばよいか、今頃すでに計算しているだろう。

いずれにしても今世紀後半にはアメリカはなくなっているかもしれない。

あんな滅茶苦茶な国が続くはずはない。そのアメリカに盲目的に従っている日本。

そして国家のことになど関心を持たないように教育されてしまった一般庶民。

日本人よ何時まで平和にぼけているのか。

nice!(0)  コメント(0) 

「日本人は阿呆か間抜けなのか]17.10.10 [政治]

いよいよ衆議院選が始まる。

といっても実質的にはすでに選挙モードに入っているも同じだが、

この期に及んで国を守るか憲法に順守し黙って死を待つのか。

と不毛の論議を繰り返している。

まったく他国から見れば馬鹿じゃないのとみられている。

しかし今更憲法を改正しても北朝鮮の暴走は防げない。

北朝鮮は絶対韓国にはミサイルを撃ち込まない。

それは韓国を征服すれば同一民族として結束できるからだ。

さりとて今すぐアメリカを攻撃できるほどのロケットは持っていない。

グアムを攻撃してもアメリカにとって蚊に刺されたほどの痛痒もない。

しかし最も効果があるのは日本を攻撃することだ。

東京をターゲットにすれば何百万という死傷者が出るだろう。

それに日本にはアメリカ軍の基地があちこちにある。

それらをターゲットにすれば日本は二度と立ち上がれないほどの被害を受けるだろう。

アメリカはすでに北朝鮮を攻撃することをほぼ決めている。

追い詰められたあのデブは苦し紛れにいつ発狂するかもしれない。

そんな時まだあの憲法を変えるだの変えないだの議論しているこの日本。

改正反対論者を金正恩の前に行って「絶対に変えさせませんから命だけは助けてください」と膝まづかせろ。

まったくとぼけた国民だ。

そんな反日本主義者に一票を入れる人間がいるのだ。

即刻この国を出て行って貰いたい。日本人はリテラシィが高い。

そしてどんな屁理屈でもこねる。

言論の自由をたてにまったく亡国論をとうとうと述べる。

今回の選挙はそんな亡国論者と自国保護主義者の戦いだ。

いいのかこんな亡国論者を放置してして。

民進党を追い出されて新しく立憲民主党を立ち上げた枝野幸男、

彼が過去に何をしていたか、革マル派の運動の活動家だったのだ。

つまり暴力革命を起こそうとしていた張本人。

何が立憲民主党だ。

つまり反日本主義者の標本のような男ではないか。

枝野より泡を食っているのがあの辻本清美だ。

天皇制を鳥肌が立つほど嫌いだとぬかした女。

こんな反日本主義者をたたき出す絶好のチャンスではないか。

小池さんと安倍さんの間には意見の相違はあまり大差はない。

ただ安倍さんがあまりにも腰抜けであることだけははっきりした。

そこへ自らの主張を堂々と掲げて戦う小池さん。

彼女の一番の敵は年齢だ。

今64歳、同じ64歳でもドイツのメルケル首相はすでに10年以上の実績を持つ。

またプーチンもやっと65歳になったばかり。

まだまだ活躍しそうだが、小池さんはこれから表舞台に出なければならない。

今回も勝ったとしてもこれからがスタートだ。

それにまだ国政に参加していない。

何とかこの真日本愛国主義者を表通りに引き出してほしい。

日本の命運は彼女にかかっている。国家指導者に男も女もない。

しっかりした愛国の信念を持った人だけがこの国を引っ張ってゆける。

枝葉抹消のことにこだわっている時間はない。

国会は屁理屈の戦い会いの場ではないぞ。

国家感もない利権議員をみんなたたき出してほしい。

とにかく今この国は国家存亡の危機に立たされている。

nice!(0)  コメント(0) 

「小池さんよくぞ切り込んだ、大企業の内部留保への課税」17.10.07 [時事問題]

 遂に出た企業の内部留保への課税、

大企業がどれほど内部留保を保有しているか、

政府発表では400兆円ちょっとだが、

実際には700兆円を上回るといわれている。

それにわずか1パーセントか2セント課税するだけで消費税値上げを見送ってもまだあまりある税金が入ってくる。

勿論大企業は猛反対している。

特に麻生財務相がそれは二重課税だといって企業側に加担している。

日商の会長も経団連のトップも勿論反対だ。

しかし日本の今の課税制度の中で昔トー、ゴー、サンピンと言われたごとく、

サラリーマンははすべて所得が把握されており、給料から差し控えられている。

だから十割きっちりと取られている。

加えてサンピンと言われる街の商売人などは殆ど税金を納めていない。

それに大企業の課税逃れ、実際には税の抜け穴をくぐってこれもほとんど課税逃れをしている。

そして大企業の社長や会長たちは自分がその立場にある時、

いかに内部留保を積んだかで評価される。

そして生涯その会社から相談役として面倒を見てもらえる。

年金の何倍もの所得を保障されて。

この日本的慣行、それに手を突っ込んだのがこの度の小池百合子「希望の党」代表である。

今まで大企業と癒着していた政治家には思いもよらぬことである。

この小池さんのこの勇気を高く評価したい。

どの政治家も言い出せなかった聖域、よくぞ手を付けてくれた。

日本には昔から長い物には巻かれろ、という負の文化があった。

そして寄らば大樹の陰という保身術も身に着けてきた。

麻生副総理がそれは二重課税だ、と文句を言っているが、

麻生その物が大企業経営の張本人である。

勿論政治家をしているうちは別の人間に経営を任しているが、

まるでアメリカのトランプと同じ、

こんな男とか二階俊博のような魑魅魍魎が党を握ってしまっている政権。

それに正面から挑戦する小池東京都知事。

立場は都知事だが、やっていることはこの国の政治そのものである。

この人が立候補することを心から願っているが、

今置かれている立場を放り出して国政に打って出ることは難しいだろう。

しかし今までこれほど明確な主義主張を掲げて国民に訴えた政治家はなかっただろう。

この主張が日本を変える。

内部留保税への課税などまるで猫の鈴をつけに行くような危険。

我が身をかけて挑戦しなければできないことである。

その勇気に改めて敬意を表したい。

もしこれに手を付けられれば消費税など元の五パーセントに引き下げてもおつりがくる。

それほど政治は大企業を保護してきたのだ。

それにしてもよく言った、国民に負担かけることなく大きな企業から税金を取り上げること。

そもそも大企業は税金をまともに払っていない。

表面上は30パーセントあるといわれるが、

実効税率はその半分、いや三分の一程度しか徴税していない。

だから大きな企業は金が余っているのだ。

どんどんそんなところから税金を支払わせてほしい。

とにかく今の資本主義ではますます貧富の差は広がってゆく。

その見本が今のアメリカだ。

あのような姿になりたくはない。

そのキーポイントは大企業の内部留保に課税することだ。

nice!(0)  コメント(0) 

「政治の世界を逃れてみれば、、」17.10.06 [日記]

折からノーベル賞発表のシーズンだ。

日本人が選ばれるかどぅか世間は騒然としているが、

毎回候補に挙がっては落選している村上春樹はまたしても選ばれなかった。

まぁこれは私の私見だが、あんな軽い乗りの現代エロ小説のような村上文学が選ばれるはずはないとみている。

それにしても実質日本生まれのイギリス作家、カズオ・イシグロ氏が選ばれ日本人としてはご同慶の至りである

。そして多くの日本の情景を描写した小説も書かれている。

あの売れっ子女優の綾瀬はるかさんが主演した映画も作られているそうだ。

残念ながら私は見ていないが、そもそも日本の文学はあの紫式部以来連綿と続いている。

若き日に読んだ井原西鶴の「好色一代女」そして「好色一代男」

これらは江戸中期に書かれたものである。

まるでロダンの作品「美しかりきオーミエール」を彷彿とさせる人生の哀歓を示している。

とにかく今年も日本人がノーベル賞に選ばれたことには違いがかい。

たとえ言語が違っても。さぞ慌てているだろうな、毎年それを期待して国中が悶えている国は。

何しろ毎年この賞の恩恵にあずかっている国が目の前にいるのだから。

せいぜい頑張ってください。

それにしても紫式部以来どれほどの文学,短歌、俳句、川柳が読まれてきたことか、

こんなに奥深い国は世界にもないだろう。e
あの応仁の乱の最中にも、最中にも、日本人は文学表現を連綿と続けてきた。

それがどうだあの戦争に負けて以来、戦後生まれの日本人からこの情緒豊かな表現が消え失せてしまったのだ。

まだ戦前生まれの戦前教育を受けた人たちが残っている間はかすかに続いていた。

が今や日本人らしき心豊かな表現で世情を書き起こす作家はなくなってしまった。

あの歌謡曲というもっとも日本人らしい表現もなくなってしまったのだ。

さかんにその歌を現代の歌手とか、歌を歌う商売の人が必死になって昔の歌を歌っている。

古き良き日本を取り戻そうと盛んに歌謡番組は組まれているが、全然新しい歌は現れてこない。

まぁ今回の様に日本人の血が流れたノーベル賞受賞者が出てきたことに敬意を表したいが、

言論の自由人権の自由等の自由に振り回されて、奥深い日本文学は消え去ってしまった。

今やマンガ、劇画の時代だ、それもギスギスした表現で、、、。

今頃の若者は我々は漫画で育った、と胸を張る。

胸の張り方が違うだろうと言いたいが。

とにかく日本人は軽くなった。

でも自国を離れ世界で活躍している同胞は頑張っている。

国内はただ商売繁盛だけだ。

あの馬鹿馬鹿しいテレビのコマーシャルを見るにつけ、もうこれ以上日本人を馬鹿にしないでくれと祈る気持ちだ。

それはともかく今回のカズオ・イシグロ氏の文学賞受賞には心からお祝いを申し上げる。

nice!(0)  コメント(0) 

「やっと真面な日本が取り戻せるか」17.09.30 [日記]

これほど劇的に日本が変われるチャンスが過去にあっただろうか。

まさか自分が生きている間にこんなまともな話に出会うなんて、夢ではなかろうか、

劇的にあの左翼どもが吹き飛ばされたのだ。

なんといっても辻本清美、菅直人、これらは今居場所を探してうろうろしているだろう。

中でも辻本の凶悪さは腹に据えかねていた。

天皇制を鳥肌が立つほど嫌いだとぬかした。

こんな人間をこの国の政治の場に立たせて良いのか。

そして公明党が泡を食っている。

体の良い肘鉄を食わされたからだ。

民主でもよい、自民党でもよい、

内閣の一角にしがみ付いていればよかった内股膏薬政党。

今回ははっきりと峻別されようだ。

元々共産党と公明党はこの国にあってはならない政党。

共産党は陛下の首をはね、この国を共和国にしたかった政党。

戦前は非合法政党として政治の場から排除されていた。

それらが排除されやっとまともな日本の政治ができる足場が作り上げられそうだ。

小池党首はだれでも彼でも数が集まればよいという昔の感覚を軽く一蹴した。

これこそ今まで真面な国民の望んでいたこと。

民進党の前原党首が解党してまで小池新党に合流を求めたのも、

政治家の判断としては賢明な判断だろう。

しかし民進党中身は左翼も右翼もごった煮の雑炊のような政党。

左派は今泡を食っているだろう。

元革マル派の闘志だった枝野幸男、天皇制反対派の辻本清美、

韓国にこの国を売り飛ばそうとした菅直人。

今は政治家ではないが、一時党首を務めたルーピー鳩山由紀夫、

こんな連中がこの国の政治の前に立ちはだかった。

自民党もまともな政党ではないが、民進党ももっと劣悪だった。

それらを大掃除しようというのだ。大いに期待する。

そして小池さんの党に合流しようと政治家が列をなして待っている。

が小池さんは自らの信念に照らして主義主張の違う人間は選ばない。

あの優しい顔をしてその心は岩より硬い。

今北朝鮮の脅威を前にして国民も目覚めた。

あんな夜郎自大のような国にこれほど脅かされるなんて、あまりにも理不尽。

すでに国民のほとんどはこのことを知っている。

何とかしてほしいという声はふつふつと上がっている。

しかし今の自民党、魑魅魍魎のような幹事長に乗っ取られぐにゃぐにゃの政党になり果てている。

国民も新しい風を求めている。

どれほど口で国を守るだの国民を守るといっても、

現行の憲法に縛られ、手も足も出ないこの国、

何よりも憲法9条を外してまともな国になることだ。

小池さんは勝負師、ここぞというときには正面から打ち込んでくる。

国民はやっとまともなことを言う政治家が出てきたとやんやの拍手。

とにかくこのチャンスを逃さずこの国をまともな国に変えてほしい。

今や小池の敵は国民の敵だ。

それほど我々は小池さんを応援している。

nice!(0)  コメント(0) 

「韓国は今や正面の敵だ」17.09.28 [日記]

今日は黙っておこうと想った。

が俄然韓国が平昌オリンピックの公式宣伝にすっぽり日本列島をかき消して公表していたのだ。

勿論普通の国であれば国家を挙げての抗議と駐韓大使の召還ぐらいはするだろう。

それに韓国は一言も謝っていない。

何たる無礼、何たる屈辱を表すのか、

日本政府からは優しい声でそれはやめてね、くらいの抗議しかしていない。

この腰抜け政府声が上がっていない。

小さな声でそれはやめてね、程度の声しか上がっていない。

少なくとも駐韓大使は召喚しろ。

つまり韓国から見れば敵は北朝鮮ではなくこの国なのだ。

近い将来韓国とは一戦を交えなければならないことを覚悟しなければならない。

軍隊の数では負けるが、その室においてはこの国は負けていない。

腰抜け政府の腰が抜けてしまっているからだ。

今起こっている小池ブーム、国民はこんな政府などいらぬとの強烈な意思表示をしているのだ。

一日も早くあの憲法を改正して交戦権を持った普通の国にしてほしいだけだ。

そのためには民進党の解散など些細なこと。

困るのは民進党の左派、枝野や辻本清美ぐらいの物だろう。

こんなに早く日本が生まれ変われるチャンス額ねなんて、

とにかく一刻も早くこの左翼地獄から脱出することだ。

日本人はおとなしい、できるだけ争いごとは避けたい。

それが日本の文化であり伝統だ。

それに付け込み言いたい放題、

挙句の灰には日本を世界地図の上から消し去ってしまった。

この卑劣さを許すのか、轟々たる非難を鳴らして韓国に抗議するときだろう。

何時でも文句ばかり、挙句の果てには北朝鮮は核兵器で世界の嫌われ者になってしまった。

そして韓国はその北朝鮮にすり寄ろうとしている。

今や仮想敵国ではない、木佐に正面の敵だ。

何時かは争わなくてはならない相手になってしまった。

たまたま戦勝国のアメリカがこの地区を治める方法として韓国とこの国の手を握らせている。

もうたくさんだ、韓国なんかと手を握りたくない。

あまりに腹が立ったので急遽一文を呈することになった。

一日も早く今の腰抜け自民党政府を引きずりおろして国民の意思を代表する政府を作ってほしい。

nice!(0)  コメント(0) 

「小池新党の激震、民進党解党の危機をさらす」17.09.27 [時事問題]

なにー!民進党解党だって、今朝のサンケイの一面に載っていた。

まさかと目を疑ったが、どうやら本当らしい。

いくら小池さんの掲げた新党に人気があるからといって、

ここまで凋落することはないではないか。

一時はこの国の政権を取って国政を動かしていた政党。

なぜにそれほど浮足立ってしまったのか。

戦う前にすでに白旗を掲げたようなものだ。

まぁあの菅直人を党首に担いでみたり、ルーピーの鳩山を担いでみたり、

ろくでもない政党ではあったが、党自身がまとまりを欠いて小池新党に抱き着こうとする。

しかしこれがこの国の政治の実態なのだ。

今政権を握っている自民党もろくでもない政権だ。

幹事長にあの魑魅魍魎、二階俊博を担いでみたり、

森喜朗がいまだ影響力を発揮している政党。

一日も早くまともな政治に戻さなくてはならないが、

だからといって党そのものが解党して小池新党に身売りすることはないではないか。

国民のすべてが自民党を支持しているのではない。

加えて政権を維持しているのは公明党の協力による。

そもそも公明党と共産党はこの国にあってはならない政党だ。

今の選挙制度の行き着くところ、すなわちポピュリズムの果てに行き着いた政治の実態である。

確かに小池さんの「希望の党」が勢いづいている。

それはあまりにも政治の世界が劣化してしまっているからに相違ない。

しかしれっきとした実績のある民進党がいくら情勢が厳しいからといって党丸ごと身売りをすることはないではないか。

党首前原さんはまともな人だ。

それに前の総理野田さん、この人も常識を持った人。

だがその人を持っても党内の動揺は抑えきれない。

ただ議員でいたいだけ、政策なんかそっちのけ、身分を守るためには恥も外聞もない。

民進党が雲散霧消してしまえば自民党を抑える政党はいなくなる。

あの蓮舫が代表になって以来、共産党にすり寄りそれにすがって党を維持しようとした。

あれ以来党内はガタガタ、主義主張もない政治亡者がとにかく議員にしがみ付いていたい。

民進党が買いの危機はこの国の政治の危機である。

誰でも一票、この悪平等が今日の政治危機を招いた。

そしてもう普通の方法ではこの国に政治など取り戻せないのだ。

誰か出てこないか、クーデターでも起こしてまともな政治に立ち返らされるような勢力は。

とにかく今は民進党の危機だが、本当はこの国の国家としての危機を迎えているのだ。

菅直人や秋葉忠利、最近は皮肉れ詩人のアーサー・ビナートまで加わって物事を斜めから見る評論がまかり通っている。

モーリー・ロバートソンさんはまともな解説をするが、

この二人によってあのニュースザップは乗っ取られてしまった。

もはやこの国にまともな放送はなくなってしまった。

かくて民進党解党の危機だ。

どちらにしても今の選挙制度を根本的に変えてしまわなければこの国はこの民主主義によって崩壊する。

それにしても小池さんが新党を立ち上げただけでこの騒動。

いかに政治が薄っぺらで信用できないものであるか。

国民全体が反省する時だ。

nice!(0)  コメント(0) 

「弱い犬ほどよく吠える」17.09.26 [巷の話]

表題とはいささか離れるが、ついに衆議院は解散されることになった。

首相曰く国難危機突破解散だとか。

しかし国民は今なら勝てる、相手はすべてずっこけてしまっているのだから。

こんな楽な選挙はないだろう、と思いきや小池さんが新党を立ち上げて立ちふさがってきた。

小池さんの最大の敵は年齢だ。

現在64歳。少なくともあと二、三年しか活動の余地は残っていない。

同じ64歳でもドイツのメルケルさんはすでに12年以上の実績を持つ。

またロシアのプーチンさんも同じ゜くらいの実績は持っている。

小池さんが焦るはずだ。

今から国政に顔を出し次の首相候補として顔を出していなければ間に合わない。

東京にこだわっているわけにはいかないのだ。

それにしても世界は厳しい、今やアメリカと北朝鮮は一触即発の状態にある。

その間に入っておろおろしているこの日本。

正面から立ち向かう力はない。ほとんどがアメリカ頼み。

いゃー困ったやんちゃ坊主の北朝鮮。

だんだん言葉がエスカレートして、ついには太平洋上で水爆実験を行うと宣わった。

誰も信じないが、この国の評論家の中には大真面目でそれを論評している。

何のことはないテレビ屋の銭儲けの材料につかわれているに過ぎない。

こんな時昔から新党を立ち上げるのは昔からよく言われたことだが、

全く今の北朝鮮を見ていればそれがそっくり当てはまる。

本当は云いたい放題を言い、挙句の果てには太平洋の真ん中で水爆の実験をしてやるとか、

本当にそんなことができると思っているのか、

どうやってその水爆を運ぶのか。

アメリカかそれをじっと見ているとでも思っているのか。

それをさもありうるようにまじめな顔をして解説する評論家共。

北朝鮮問題で今売れに売れている評論家共。

それで儲けているテレビ局。アメリカは今困っているのだ。

このやんちゃなこどもみたいな北朝鮮の暴言に。

本気でたたけば世界中から子供に暴力をふるう大人のように言われる。

本当は叩き潰してしまいたいのだが、世界中の目がある。

それにしても平和な日本、庶民はそんなことどこ吹く風か、と全然影響はない。

スマホにバーチャルゲーム。そんな世界の危機が迫っている時の総選挙。

解散の理由などまったくない、自民党が勝てると思えばいつでもやれる。

この間からの議員さんの醜聞を見てくれ、それでも名を次の選挙に出てこようとする。

国民こそいい面の皮だ。

最も耳触りの良い民主主義という言葉に騙され、

えらい政治学者も庶民のおばちゃんも一票は一票。

この悪平等を直さない限りこの国は立ち直れない。

勇気ある人々が結集してクーデター帆起こさないか。

そして国家に対する考えを根本的に変えて島はなければこの先はない。

トランプもプーチンも習近平もない。ひとえにこの国の国民の資質の問題だ。

今のままで何回国会を解散しても何も解決などしない。

たとえ小池さんがかっても、この゛選挙制度を変えてしまわなければこの国は変われない。

表題の趣旨とは変わってしまったが、他国の事ではないすべてこの国の問題だ。

nice!(0)  コメント(0) 

コメントに対するお答え

コメントに対するお答え、何やら認証コードが一致しないということで送信できません。

そこで本文でお答えします。

朝鮮半島は昔からあんな民族であったのか、

とのご質問ですが、決して昔からあのようなわからずやの国家ではありません。

大陸とつながっているばかりに絶えず圧迫を受け、

とうとうモンゴルの手先にされてしまったのですが、

それを逃れるために国家の主権を中国に譲り渡して国体だけは維持する。

それが李朝朝鮮の生き残る方法でした。西暦1392年李成柱はそのようにして巣生き延びました。

以来511年間日本に開放してもらうまで中国の属国でした。

人の目顔を見てい狡く立ち回る李町朝鮮。

特に末期の朝鮮は醜悪そのもの、外国から開国の要請を受けながらも

宗主国の許可がないと拒み続けました。

とうとう西欧列強もさじを投げ日本に統治して貰え、とにげだしてしまったのです。

そして日清戦争で日本が勝ち、中国から解放してやりました。

とにかく自国の歴史に劣等感を持つ朝鮮は戦争に、

負けた日本に恨みつらみを晴らそうとありとあらゆる難癖をつけ、

大のある日本に逆ねじを食わせ、とことん反日姿勢を示しています。

まぁ墳な国とは断行し、相手にしないことです。
nice!(1)  コメント(0) 

「名を変えた北朝鮮支援だ」17.09.22 [国際問題]

 韓国の文文寅があと一歩のところまで追い詰めた北朝鮮問題を自ら破ろうとしている。

北朝鮮に9億円もの支援を表明しているだ。

名目は人道支援と称しているが、つまり北朝鮮政府を潤すことになる。

そうでなくとも国際的包囲網で北朝鮮を制御しようとしている時、

韓国が国際包囲網を破ろうとしていることになるではないか。

それほどあのムン・ジェインは北朝鮮支援者なのだ。

これでは国際包囲網も笊で水を救うようなもの、

何の効き目もなくなるばかりではなく、

北朝鮮を勢いづかせまだ核開発やロケットの開発に手を貸しているようなものではないか。

トランプと会えばごもっともと同意し、北朝鮮制圧に同意し、

うちに帰ればこのように北朝鮮を支援する。

何が日米韓だ。このような裏切り者がいる限り北朝鮮制御などまったく絵空話。

この際日米韓の内韓国は切り離して考えるべきだ。

もし実行すればトランプから手ひどい処罰を食らうであろう。

アメリカがギリギリのところで包囲網を築いているのに身内の韓国からこんな裏切りを受けるとは。

まったく韓国にも困ったものだ。

なぜこんな裏切り者を日本は擁護するのか、はっきり国交を断絶して糾弾する時ではないか。

まだ韓国を西側の一員と思っているのか。

お人よしも程ほどにしてもらいたい。

日本は今衆議院の解散で゜てんやわんやしている。

が外交に一日の空白はない。

せっかくトランプが拉致被害者のことにまで言及してくれたのに、

同盟国韓国のこの裏切り、全く国家の信用を無くしてしまった。

何が人道支援だ。デブの一言で支援金はすぐ取り上げられてしまう。

それを承知で北を支援する文文寅、どこまで北朝鮮を付け上がらせ場気が済むのか。

北朝鮮とは何の利害関係のないヨーロッパ諸国も今回の北朝鮮の暴挙を腹に据えかねている。

昔イギリスのチェンバレンがヒットラーと会談したとき、ヒットラーに融和的な話をした。

それがきっかけでドイツは武力行使に踏み切った。

それと変わらぬ今回の融和策、国際社会への許しがたい裏切りである。

今やロシアでも表向きには国連の北朝鮮非難には同意している。

が肝心の韓国が一番の裏切り者だ。

世界中がもう北朝鮮との対話のチャンスはなくなった、

と制裁に同調している中、肝心の韓国がこんな裏切りをしては世界中の迷惑。

とにかくあの朝鮮半島の民族は御しがたい民族だ。

とくに1392年李朝朝鮮になって以来世界最悪の民族となり果ててしまった。

自分の国の主権を中国に預けその庇護の下で生き延びてきた民族。

それが心の隅々まで行き当たって止まっている民族。

どれほど日本が金をつぎ込んで立て直そうとしてきたか、国家が傾くほど投資した。

御礼を言われることはあっても文句を言われる筋合いは一つもない。

それを逆ねじ食わせて仁日帝憎しと逆恨みする韓国北朝鮮。

そろそろ日本人も目覚めよ、あの国と付き合っては何の利益もない。

一日も早く断行して突き放すべきだ。

まったく度し難い民族、そんな国になぜ日本はすり寄るのか、

実は政治家の先生方の一番の利益になっているからだ。

つまりこんな政治家ではこの国はつぶれてしまう。

一日も早くクーデター゜を起こして政治家を刷新することだ。

それ以外に日本再生の道はない。

とにかく韓国とは付き合うな、、、


nice!(0)  コメント(1) 
メッセージを送る