So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「GAFAにこの世は支配される」19.02.20日 [巷の話]

Gはグーグル、Aはアマゾン、Fはフェースブック、、最後のAはアップル。

今世界は彼らに支配されてしまっている。

インターネットなる空中を飛ぶ妖怪を発明をし、

世界中を総白痴化現象に陥れ、馬鹿になれ、阿呆になれと拍車をかけている。

今世界はそんな悪意に操られている。何も中国のファーエイだけではない。

すべての情報が終結、分析され朱分けされてしまっている。

そして個人の好み欲望がすべて管理されてしまっている。

最後は彼らの思う方向に誘導されますま白痴化方向に誘導されている。

ロシアのプーチンはそれを利用してアメリカの大統領を選び出させてしまった。

それで今世界がどうなってしまったのか、大混乱の極み、

馬鹿なことを言って世界中を混乱させている。

地球上から一日も早く消し去らなければならない北朝鮮を取り上げ会談を行うという。

北朝鮮とどんな話をしても彼らは絶対核兵器を手放すことはない。

今や新しい宗教侵略、昔はキリスト教を掲げて世界を支配しようとしていた。

その宗教侵略から逃れたのは世界でも日本だけだ。

秀吉はあまり好きではないが、この宗教侵略を見抜き、敢然と排除した。

お陰で日本はそれに征服されなかった。世界で唯一の国である。

彼らは狡猾だ、人の喜びそうな情報を提供して新しい世界侵略を実行しつつある。

中国のファーウェイがそのまねをし世界の情報を全て盗み取ろうとしてやり玉に挙げられているが、

このGAFA合にはかなわない。

宗教侵略に変わる新しい侵略方法。そこへ行くと日本人は甘い、あの馬鹿憲法に縛られて自国を守る

ことが悪いように洗脳されている。

最早世界の大勢は決まっている。

日本が出てゆく余地など寸分もない。

ただいかにして自国を守るかだけに集中すればよい。

今この国に降りかかっている最大の災難は目の前の韓国の言いがかりだ。

天皇陛下に謝れとはなんという無礼な言葉、この極まりない発言。

昔の日本なら即座に武力で打ち沈めていたものを、地団駄踏んでもこの怒りは収まりそうにない。

兎に角国家を守るためには一日も早くあの憲法を改正して交戦権のある自衛群を作ることだ。

一般庶民は夢らも思っていないこの国がそれほど危険な状態にあるなど。

今更庶民に目を覚ませといっても空しいばかり、

しかし政治家には自国を守る義務がある。

たがいったい政治家は何をしているのだろうか、重箱の隅ばっかりつついて、

自国を守る議論など全然ない。

このままでは孫子の時代にこの国はあるのだろうか。

兎に角世界は一日も休まず、世界征服だけを狙っている。

グーグルもアマゾンもフェースブックもアップルも、新たな世界征服のための武器だ。

果たして今の日本人はこの新しい侵略から逃れられるのだろうか。

恐ろしい時代になったものだ。

スマホにしがみ付いている新日本人達、

気が付けば身ぐるみはがされていたということがないように。

兎に角恐ろしい時代だ。桑原桑原



nice!(0)  コメント(0) 

2019-02-17「安倍さん冗談が過ぎるで! !」18.02.17 [巷の話]

なんでもトランプが飛び上がらんばかりに喜んでいるらしい。

安倍さんがトランプはノーベル平和賞候補に値すると宣うったらしい。

トランプはすっかり有頂天になって、

安倍が言った、安倍がノーベル賞候補だといった、と飛び上がって喜んでいるらしい。

が一方ではあの壁の予算を通したくて、国家非常事態宣言を発したらしい。

一体国家の非常事態とはどんな状況を指すのだろうか。

国家及び国土に敵が攻撃を仕掛け、正に戦争状態に追い込まれた時を指すのではないか。

あのニューヨークのツインタワーにテロ集団の突撃攻撃があった時などはまさに国家の危機だ。

これこそ非常事態宣言を出すべきときだろう。

が今回はあくまでメキシコとの国境に壁を作りたいだけ、


これが国家非常事態に値するのか、あまりにも筋違いだろう。

いやはやアメリカはとんでもない大統領をいただいたものである。

建国249年、来年は建国250年に成ろうとしている時、

狂いも狂ってあんな大バカ大統領を選び出してしまった。

がこれもロシアによる意地の悪いたくらみだ。

現ロシア大統領プーチンはこんな男を大統領に選びださせればアメリカは滅茶苦茶になるだろうとたくらんだ。

まさにその通りになった。

あちこちの条約から撤退し、国家の進路を決める軌道ははなくなってしまった。

そしてバカの一つ覚えの様にアメリカンファーストを叫び世界中から相手にされなくなってしまった。

唯一相手にしてくれるのが北朝鮮の金正恩だ。

三代続く金一族による独裁体制。


どれほど凶悪で世界中に迷惑をかけているか。

その中でも一番被害を被っているのが日本だ。

自国民をどれほど拉致されているか、

人権、人権といっている時代、これほど大きな人権侵害はない。

本来なら武力を使ってでも取り戻しに行くのが普通の国家だろう。

それがあの馬鹿憲法に縛られ手も足も出ないのだ

今や野党のよりどころ、憲法を守れ、守れと国家の一番の障害になってしまっている。

一体野盗はこの国を守る意思はあるのか。

叫べば安倍政権反対、と全野党でおらび続けている。

何も安倍政権が良いのではない、野盗が悪すぎるのだ。

そして韓国はますます図に乗って反日も喚き続けている。

そしてついには限度を超えて天皇陛下にまで言及している。

お前たちにこの国の根幹天皇制に対してものをいう権利があるのか。

これに抗議するような野党はあるのか、

それが尚も野党の信頼性を疑わせる材料になっている。

何も自民党が良いのではない、

公明党というわけのわからない政党と組んでわけのわからない政治をしている。

この国に本当に国家を思う政党はあるのか、

所詮あの民主主義という悪平等な政治システムによって自国を潰そうとしている。

所詮ポピュリズム、安いきを買い集め国家の方針も決まらず、

昨今ではあの完ぺきと言われた官僚システムもガタガタになってきている。

こんなことでこの国は持つのか

、やはりクーデターでも起こして今の政治家を一掃し、

本当に国家を思う政治家を選び出し、根底から国家を変えてしまわなければこの国は生き残れない。

nice!(0)  コメント(0) 

まさに民主党政権は悪夢だった」19.02.14 [巷の話]

「安倍さんよく言った、正に民主党政権は悪夢だった。

それを正面から言い切ったのは久々のヒット、よくぞいいきってくれた。

しかしだからといって今の自民党を褒めているのではない。

むしろあの魑魅魍魎の様な二階俊博が幹事長として操っている自民党、

そんな政党をなぜ信用できようや。

今の政権、公明党という得体のしれない政党とタッグを組んでいる政権。

せめて公明党放り出せば少しは信用してやれる。

公明党も共産党も党内の選挙を行ったことは一度もない。

公明党は池田大作のめ一言で党首が決まり、共産党現委員長の一言で党首は決まる。

公に議論を戦わし国民の前でその人柄を表せたものではない。

かの民主党政権時代、最初に首相になったのは鳩山由紀夫だ。

だがこの男ほど無知で世間知らずの男はいない。

まだ弟の邦夫氏の方がはるかにしっかりした人物であった。

首相を引いた後日韓国を訪問し、




どこかのお寺の前で靴を脱ぎ正座してこの国のしたことを平謝りに謝っている。

ちょっと待てよなぜこの国が韓国に謝らなければならないのだ、

今の韓国を作ったのはすべてこの国だ。

当時国家が傾くほどの金を投じてすべてのインフラを整備してやった。

御礼を言われることはあっても謝らなきゃいけない理由など何処にもない。

自国の歴史も相手の歴史も何一つ勉強せず土下座までして謝る男、

こんな無知な男に国など任せられない。

勿論そんな男を首相に担いだ党員たち、さるだがこの男政治のことなど全くわからない。

早速事業朱分けと称する無駄排除と称する自民党政権時代のあら捜しに奔走する。

かくてあれも無駄探しに奔走する。

そして国際社会でしのぎを削っているコンピュータシステムを論あげつらい、世界で二番ではいけないのですか、と屁理屈をつける。

まさに国際社会では他国に後れを取るまいと国力をかけて競争していると移駐、二番ではいけないのですかとトン知名カンナことを言う。

まさに政権へ欲しさの政治しらず、

この時ほど世界から後れを取った婿の時ほど国力が落ちたときはない。

まったくの悪夢だ。

安倍首相はこの時のことを振り返って述べたのだ。

よくぞ言った、あちこちから文句を言われる筋合いはない。

国民はそれを覚えている。二

度とあんな政治しらずに政治を任すことはならない。

一体野盗は政治の事を何と思っているのか、

今またあの亡霊のような小沢一郎が生き返ってこようとしている。

野合でもよ゛集めでもよい叩かずを集めれば政権が取れると遮二無二数集めをしようとする。

それが政治か、国民を馬鹿にする出ない。

世界一高いリテラシィを持っている国民。国民を馬鹿にする出ない。

なんであんな野党に政治など任せられようか、

とどめはあの菅直人だ、まるで韓国政権の代理のような政権。

韓国のために尽すことを目標にできたような政権。

どれほど韓国に尽しても彼らは日本にくしで固まったよ絵な国、に凝り固まっている。

民主主義国の大前提、三権分立も政治の力でゆがめてしまう。

最早まともに共存できる望みはない。一


nice!(0)  コメント(0) 

{

「まさに民主党政権は悪夢だった」19.02.14
安倍さんよく言った、正に民主党政権は悪夢だった。それを正面から言い切ったのは久々のヒット、よくぞいいきってくれた。しかしだからといって今の自民党を褒めているのではない。
むしろあの魑魅魍魎の様な二階俊博が幹事長として操っている自民党、そんな政党をなぜ信用できようや。今の政権、公明党という得体のしれない政党とタッグを組んでいる政権。せめて公明党放り出せば少しは信用してやれる。公明党も共産党も党内の選挙を行ったことは一度もない。公明党は池田大作りの一言で党首が決まり、共産党現委員長の一言で党首は決まる。公に議論を戦わし国民の前でその人柄を表せたものではない。かの民主党政権時代、最初に首相になったのは鳩山由紀夫だ。だがこの男ほど無知で世間知らずの男はいない。まだ弟の邦夫氏の方がはるかにしっかりした人物であった。首相を引いた後日韓国を訪問し、どこかのお寺の前で靴を脱ぎ正座してこの国のしたことを平謝りに謝っている。ちょっと待てよなぜこの国が韓国に謝らなければならないのだ、今の韓国を作ったのはすべてこの国だ。当時国家が傾くほどの金を投じてすべてのインフラを整備してやった。御礼を言われることはあっても謝らなきゃいけない理由など何処にもない。自国の歴史も相手の歴史も何一つ勉強せず土下座までして謝る男、こんな無知な男に国など任せられない。勿論そんな男を首相に担いだ党員たち、さるだがこの男政治のことなど全くわからない。早速事業朱分けと称する無駄排除と称する自民党政権時代のあら捜しに奔走する。かくてあれも無駄探しに奔走する。そして国際社会でしのぎを削っているコンピュータシステムを論あげつらい、世界で二番ではいけないのですか、と屁理屈をつける。まさに国際社会では他国に後れを取るまいと国力をかけて競争していると移駐、二番ではいけないのですかとトン知名カンナことを言う。まさに政権へ欲しさの政治しらず、この時ほど世界から後れを取った婿の時ほど国力が落ちたときはない。まったくの悪夢だ。安倍首相はこの時のことを振り返って述べたのだ。よくぞ言った、あちこちから文句を言われる筋合いはない。国民はそれを覚えている。二度とあんな政治しらずに政治を任すことはならない。一体野盗は政治の事を何と思っているのか、今またあの亡霊のような小沢一郎が生き返ってこようとしている。野合でもよ゛集めでもよい叩かずを集めれば政権が取れると遮二無二数集めをしようとする。それが政治か、国民を馬鹿にする出ない。世界一高いリテラシィを持っている国民。国民を馬鹿にする出ない。なんであんな野党に政治など任せられようか、とどめはあの菅直人だ、まるで韓国政権の代理のような政権。韓国のために尽すことを目標にできたような政権。どれほど韓国に尽しても彼らは日本にくしで固まったよ絵な国、に凝り固まっている。民主主義国の大前提、三権分立も政治の力でゆがめてしまう。最早まともに共存できる望みはない。一


nice!(0)  コメント(0) 

「国際社会は強盗と泥棒の巣」19.02.08 [時事問題]

またしても中国が日本の領海内に入り込んでにほんのりょうか、サンゴの密猟をさいかいしていると今朝のサンケイで報じられていた。

この厚顔無恥の国には何を言っても蛙の面に小便、何の痛痒もない。

かと思うと北方領土返還を今頃語気を強めて叫んでいる。

歴代の内閣はいったい何をしていたのか

、その昔鳩山首相が二島返還を優先し、

あとは順次話し合いで解決する旨盛んに吹聴していたが、

ロシアはますます偉気高になり、戦争で負けたものは戦争で取り戻せと居直っている。

しかしあの強奪が戦争の結果か、

すでに日本は8月15日に終戦命令が出て、兵器を変換し本国に帰ろうとしていた。

それを終戦後3日たってソ連軍は北方四島になだれ込んできたのだ。

まさに赤子の手をひねるよりもやすやすと全島占領してしまった。

これでは火事場泥棒、野盗強盗の部類ではないか、

そんな国に話し合いで問題を解決しようと持ち掛ける日本。

まさに世界の笑いものだ。

いまソ連はロシアと名前を変え以前にもまして軍拡路線を突き進んでいる。

今世界はそれぞれの国の指導者の発言によって戦争の危機に立たされている。

これら指導者の発言、ロシアではプーチン、アメリカではトランプシリアではアサド、

そして北朝鮮では金正恩、これらの個人的発言が戦争の危険性をあおっている。

ぎゃくにいえばこれらの指導者を排除した方が手っ取り早く世界は平和になるのではないか、

古くから暗殺の事を魔法のボタンを押すといわれてきた。

それらによって何人が暗殺されたと思うか、

古くはリンカーンから新しくはケネディまで。

ケネディはあまりに理想が高かったゆえに帰って煙たがられ銃弾の犠牲となった。

だが昨今の凶悪な指導者、トランプは云うまでもなく、アサドや正恩は世界の癌。

色々群核兵器を開発するよりこれらを取り除いたほうがはるかに手っ取り早く簡単に済む。

冷材的に成功した中国は世界中に金を貸しそれも返しきれないほどの金を押し付け、

結局は返しきれなかった国を乗っ取ってしまっている。

そんな切り取り強盗や野盗の巣のような世界、

いつまであの押し付けられた憲法を守りおとなしくしているのかこの国は。

ただ一つ9条を破棄して交戦権のある国防軍を作ることが最低条件ではないか。

専守防衛では戦いは最初から負けたようなもの。

昔から攻撃は最大の防衛という。

戦いは守りに入ったら負けだ。

ゆえに交戦権という先制攻撃権が必要なのだ。

戦後七十有余年、世界は替りに変わっている

。野党の地団駄で何一つ本当の防衛力は整備できない。

北方四島だけの問題ではない、日本の弱腰を見て中国は暴れ放題、

朝鮮半島は南北が一緒になってこの国に迫ろうとしている。

まさにこの国を取り巻く状態はすべてが敵国に囲まれているといっても言い過ぎではないだろう。

国民の平和ボケを良いことに、何一つ基本的な防衛策が取れない国。

民主主義にも色々あるだろう。

こんなポピュリズムの民主主義では間違いなくこの国は亡びる。

nice!(0)  コメント(0) 

2019-02-05「捨てる神あれば拾う神あり」19.02.05 [時事問題]

そうかうかしていたら2月も5日、立春も過ぎてしまった。

道真の「春こなば思い起こせよ梅の花、主なしとて春な忘れそ」の名句が思い出される。がそんな風情によっているほど世界は穏やかではない。

我々からすると地球の裏側にあたる南米ベネズエラ、

なんでも前大統領チャベスのお抱え運転手をしていたマドゥロが後継の大統領に成り、国家が滅茶苦茶になってしまっているらしい、

なんでも何千パーセントのインフレがおこり、国民はその日の暮らしも成り立たないほどの苦しみを味わっているらしい。そ

れより店に品物がなくなってしまい、買い物をしようにも品物がないらしい。

当然国民は怒る。

しかし権力を握ったマドゥロは選挙を誤魔化し引き続いて権力の座に座ろうとする。

たまりかねてナンバー2の国会議長が俺がこの国の大統領だと名乗りを上げた。

するとすぐアメリカがその新大統領の後押しをし、応援している。

場合によっては軍事力を使ってもマドゥロの排除を行うと宣言した。

途端に今度はロシアと中国がマドゥロの応援に入り、お定まりの米ロ新冷戦に拍車をかけている。

ベネズエラは世界でも一にを争う石油埋蔵量を誇る国、

中国にとってはのどから手が出るほどの希望国なのだ。まさにアメリカが捨てればすぐ中国、ロシアが拾う、つまり捨てる神あれば拾う神在だ。まぁ゜

このことは日本には何の影響もない、

ただ傍観していればよさそうなものだが、

米ロが角突き合わせるということは世界大戦の危機が生じるということだ。

すでに米ロは新しいミサイルを作ったと世界にふぃ吹聴している。

なんでも音速の何倍かの速さで敵を攻撃できるとの賜っている。

かくのごとく世界は今あれている。

しかし国内ではあの国会議員どもが細かいことのつつきあい合戦。

世界は今にも火を吹くかもしれない状態。

世界が火を噴いたらいったいこの国をどうして守るのか、

憲法改正は左翼野党たちの地団駄で改正できそうもない、

与党の自民党もかの9条に自衛隊を明記するだなどと頓珍漢なことを言っている。

正面から9条を否定し、交戦力のある国防軍を作るとはっきり明言せよ、

専守防衛など最初から戦いに負けたようなもの、攻撃は最大の防御なり、

いざというときの先制攻撃を躊躇してはならない。

ベネズエラの事だけではない、トランプの馬鹿がまたしても北朝鮮の正恩と会談しようといっている。

世界さ悪の国家尤卑怯な国家と話し合いをして何が生まれるというのだ、

トランプはただ再選のためのパホーマンス、

それほど世界はあれている。

しかしこの国の国会は相も変わらず根重箱の隅のつつきあい合戦、

こんな議員など全く必要ない。

国民は相も変わらず平和ボケ、今更核兵器が世界からなくなることなど地球がひっくりかえってもない。

世界はどこかで戦争を欲している。

戦争程儲かる商売はないからだ。

それを肌で感じる私は夜もおちおち眠れない。

心配性にも困ったものだ。

まぁマドゥロがどうなっても何の影響もないが、世界は今一触即発の状態だ。

神様、仏様、閻魔様、いったい誰にすがればよいのか、、、


nice!(0)  コメント(0) 

「5Gってってなんなんだ!!」 [時事問題]


今世間では5G、5Gと騒がしいが、我々年寄りには何のことだかサッパリわからない。たがひょっとすると戦争李危機を孕んでいるいるかもしれないというのだ。5Gというのは第五世代の新しい通信システムの事を言うらしい。我々老人はいまだにガラ系の携帯電話を使っている身、なんでここまで世界が大騒ぎするのかてんでわからない。この勧進元が何でも中国のファーウェイという会社らしい。そしてそのシステムを使うとすべて中国の共産党本部に流れてしまうらしい。アメリカはびっくり仰天、慌ててその使用を阻止している。とんでもない毒薬を持ち込まれたものだ。そこでカナダにいた猛晩秋という会長の身柄を抑え、人質に取ってしまった。何しろ会長の娘である。勿論会長は中国共産党の元幹部だった。つまり中国は国ぐるみで世界の商法を手に入れようとしていた。トランプが湯気を立てて怒るはず、かくて会長の娘は人質に取られてしまった。たまたまカナダにいたのでカナダ当局に身柄を竦帆させた。気の毒なのはカナダ政府、アメリカからの要請を断ることもできず、指示道理に動いたが、今度は中国がカナダ人の拘束を始めた。カナダにとっては全く迷惑な話、しかも中国はそのカナダ人を死刑にするぞ、と脅しにかけてきた。片一方でアメリカは中国との坊江木戦争に入っている。ただ中国はアメリカと戦っても百二一つの勝ち目もない。軍隊の規模だけは大きくなっているが中身はいまだに張子の虎だ。熊のプーさんも頭を抱えている。そして中国経済が落ち目になってきた。日本も韓国もその商売の大半を中国に依存している。中国こけたら身にこけるという状態だ。中国もGDPの伸び率を6.78パーセントだなんていっているが専門家の間では真面に信じる人はいない。アメリカのトランプにもむこまったものだが、中国の悪だくみにも困ったものだ。中国の後ろにはロシアがついている。北朝鮮は中国の袖の下に隠れて悪のし放題をしているが、その親玉金正恩のメッセンジャーボーイとなり果てた韓国の分文寅、最早完全に敵側に回っている。チャーチルがいみじくも言った、我が国を取り巻く国々はすべて仮想敵国であると、今こそそれをひしひしと感じる世界。信じられるものは自国のみ、この期に及んであの馬鹿憲法に縛られている日本。中国の国家ぐるみの悪だくみを見よ、のんきに昭和の歌を歌って喜んでいる場合ではないぞ。まぁこの民主主義と称する悪平等主義がはびこっている限りはこの国に将来はない。それにしてもファーウェイの大仕掛けにはただ驚くばかり、しかし世の中から戦争のなくなることはない。人類はすべて生存競争をしているのだ。平和なんてはかない幻想にすぎない。

nice!(0)  コメント(0) 

「因果応報、自業自得」19.01.17 [巷の話]

韓国の文在寅政権が二進も三進もいかない苦境に陥っている。

ざまぁみろだ、あれほね分からぬことをほざいて、この国に対抗する韓国。

どれほど情理尽くして説得しても全く聞く耳を持たない文在寅大統領。

ただ頭にあるのは北朝鮮金正恩の事ばかり。

今や正恩のメッセンジーボーイとなり果ててしまっている。

それに目がくらんで自国の経済状態が全然頭に入っていない。

看板企業のサムスンは前年業績から大きく下落し、

自動車産業など眼も当てられない程の状態だ。

とりわけ若者の失業率が大幅に増大している。

つまりもうどうにもならない状況に陥っているのだ。

そうでなくともあの国では中小企業が育っていない。

それでも日本に対しては支離滅裂を喚いて話し合いに応じようとはしない。

なぜそこまで日本を恨むのか、むしろ御礼を言われこそすれ恨まれる筋合いは全くない。

この間からのやり取りで不思議なことが起こっている。

それは日本の毅然とした態度に8割以上の韓国民がさんせいしているのだ。

あの国の政治は怨念の政治だ。

退任した大統領の末路はいずれも哀れなものばかり

、無事だったの金永三と金大中ぐらいなもの、

ほとんど次の大統領にあれこれ難癖をつけられ哀れな結果に終わっている。

文文寅はの師匠だった廬武鉉は退任後山から身を投げて自殺した。

分文寅はその秘書室長だった。

そして北朝鮮に入れあげていた。

北朝鮮以外には目に入らぬくらい傾斜している。

自国の経済状態などまったく頭にない。

その経済から自国が崩れてしまおうとしている。

そんな時韓国海軍がわが自衛隊機にレーダー照射をした。

明々白々な証拠があり、言い逃れなどできない状態だが、言を左右して認めようとはしない。

レーダー照射し、ロックオン状態にすることは完全に戦争状態の時だけだ。

でも絶対に認めようとはしない。

反対に逆ねじを食わせてくる。

はっきり言ってもう国交を断絶せよ。

困るのは韓国側だ、日本から基礎物資が入らなければ韓国経済は壊滅する。

おそらく北に泣きつきその北は中国に助けを求めるだろう。たまた

まトランプ政権が金正恩と話し合いをしようとしているが、

北に核兵器を捨てることなど地球がひっくり返ってもない。

唯一の命綱、トランプは再選のためのパホーマンスに過ぎない。政権内で

も気ともに相手にする閣僚はいない。

どちらにしても韓国の動きなんててんで頭にない。

すでに韓国内でも反文文寅の声が高まりつつある。

こんな政権など相手にするなやがて自滅するのは目に見えているる今まで


韓国にはさんざん遠慮してきた日本も今回ばかりは毅然の反論している。

大いに主張すべし、まぁ因果応報とはこのことだろう。

問題はこの国の反日本政治家共だ。

あれこれイチャモンをつけては政府の足を引っ張る。しかし

今回の政府の対応は評価されてしかるべきだろう。

こんな時こそ国民の意思をはっきりさせる時だ。

文在寅政権は2022年5月まである。

果たしてそれまでもつか、パク.クネ大統領を北と組んで引きずりおろした文在寅、果たして

任期を全うできるかどうか見ものである。

どちらにしても退任後に待っているのは過酷な運命

くれぐれも山から身を投げないことを祈る。


nice!(0)  コメント(0) 

2019-01-17

「因果応報、自業自得」19.01.17韓国の文在寅政権が二進も三進もいかない苦境に陥っている。ざまぁみろだ、あれほね分からぬことをほざいて、この国に対抗する韓国。どれほど情理尽くして説得しても全く聞く耳を持たない文在寅大統領。ただ頭にあるのは北朝鮮金正恩の事ばかり。今や正恩のメッセンジーボーイとなり果ててしまっている。それに目がくらんで自国の経済状態が全然頭に入っていない。看板企業のサムスンは前年業績から大きく下落し、自動車産業など眼も当てられない程の状態だ。とりわけ若者の失業率が大幅に増大している。つまりもうどうにもならない状況に陥っているのだ。そうでなくともあの国では中小企業が育っていない。それでも日本に対しては支離滅裂を喚いて話し合いに応じようとはしない。なぜそこまで日本を恨むのか、むしろ御礼を言われこそすれ恨まれる筋合いは全くない。この間からのやり取りで不思議なことが起こっている。それは日本の毅然とした態度に8割以上の韓国民がさんせいしているのだ。あの国の政治は怨念の政治だ。退任した大統領の末路はいずれも哀れなものばかり、無事だったの金永三と金大中ぐらいなもの、ほとんど次の大統領にあれこれ難癖をつけられ哀れな結果に終わっている。文文寅はの師匠だった廬武鉉は退任後山から身を投げて自殺した。分文寅はその秘書室長だった。そして北朝鮮に入れあげていた。北朝鮮以外には目に入らぬくらい傾斜している。自国の経済状態などまったく頭にない。その経済から自国が崩れてしまおうとしている。そんな時韓国海軍がわが自衛隊機にレーダー照射をした。明々白々な証拠があり、言い逃れなどできない状態だが、言を左右して認めようとはしない。レーダー照射し、ロックオン状態にすることは完全に戦争状態の時だけだ。でも絶対に認めようとはしない。反対に逆ねじを食わせてくる。
はっきり言ってもう国交を断絶せよ。困るのは韓国側だ、日本から基礎物資が入らなければ韓国経済は壊滅する。おそらく北に泣きつきその北は中国に助けを求めるだろう。たまたまトランプ政権が金正恩と話し合いをしようとしているが、北に核兵器を捨てることなど地球がひっくり返ってもない。唯一の命綱、トランプは再選のためのパホーマンスに過ぎない。政権内でも気ともに相手にする閣僚はいない。どちらにしても韓国の動きなんててんで頭にない。すでに韓国内でも反文文寅の声が高まりつつある。こんな政権など相手にするなやがて自滅するのは目に見えているる今まで韓国にはさんざん遠慮してきた日本も今回ばかりは毅然の反論している。大いに主張すべし、まぁ因果応報とはこのことだろう。問題はこの国の反日本政治家共だ。あれこれイチャモンをつけては政府の足を引っ張る。しかし今回の政府の対応は評価されてしかるべきだろう。こんな時こそ国民の意思をはっきりさせる時だ。文在寅政権は2022年5月まである。果たしてそれまでもつか、パク.クネ大統領を北と組んで引きずりおろした文在寅、果たして任期を全うできるかどうか見ものである。どちらにしても退任後に待っているのは過酷な運命くれぐれも山から身を投げないことを祈る。


nice!(0)  コメント(0) 

「変わり身の早さ神の如し」19.01.12 [時事問題]

ドイツのメルケル首相が久しぶりで日本を訪問するそうだ。かの伊勢湾サミット以来らしいが、中国には少なくとも7.8回は訪問しているが日本には顔もむけなかったといってよい。なぜかと聞くと、日本は絶えず首相が代わる短期政権だから会って話しても意味がない、というのだ。言われてみれば今の安倍政権ができるまで日替首相と言われるほど首相は変わっている。この度の訪問予定は珍しく長期政権を保っている安倍政権を信用したか。がこの度の訪問は中国経済が失速すると見ての布石とみ石のようだ。あれほど中国に肩入れしていたが、トランプのおかげで経済失速は間違いなく進むとみている。そこで慌てて日本に目を向けだしたのだ。サー何時ドイツ今回のメルケルの訪日予定、すでに首相退任を予定している首相の訪問には違和感を覚える。中国様様で日本になど見向きもしなかったメルケルさん。ドイツ土井人の性格、とりわけ先を見る目のしたたかさは肌で感ている。それに引き換え日本人の悠長さ、とりわけ政治家の国家感のなさには失望を禁じ得ない。今揉めている韓国との角逐韓国をあそこまで増長させたのは日本の政治家のせいだ。あの国をまともな国だと思うな、しかるべき国際機関に提訴して世界に訴えるべきだ。現在の文文寅は今や朝鮮のメッセンジャーボートになり果てている。そして北朝鮮は核兵器を捨てようとはしない。分文寅は北と一緒になり、その核兵器を共有し、それで日本をせめてやろうとひそかにたくらんでいる。いずれにしても朝鮮人を信じるな、あの国に御礼を言われこそすれ文句を言われる筋合いは一切ない。ただあの国をここまでのぼせ上らせたのは日本の政治家たちだ。いずれにしても今の選挙制度ではこの国は歩武。えらい政治学者も巷のおばちゃんも一票は一票。民主主義にも色々あるだろう。つまりポピュリズムの標本、政治の背の字もわからないおばちゃんたちに政治を預ける。それにしても朝鮮人をまともな人間と思うな。世界で一番卑劣で陰湿な民族。はっきり言ってあんな国とは国交を断絶せよ。百害あって一利なし。人の国の航空機にレーダーを照射する民族。普通の国なら即軍事衝突だ。憲法の改正など軍事クーデターでもない限りできることではない。反日本の塊のような政党が憲法楯にとって自国を潰そうとしている。いずれにしてもどの国も国益第一だ。メルケルさんの変わり身の早さもドイツ民族の真髄。政治不在のこの国はドイツのメルケルさんの足元にも及ばないだろう。
話は違うがドイツには最低賃金制度というものがない。安ければ安いほどよい。お陰でトルコなどでの優秀な人材は入ってくる。そして今は中国が武器輸出を高め、ドイツの武器輸出力は落ちたが、それまでは世界三位の武器輸出国だった。どこかの国と比べてみるがよい、純情にも押し付けられた憲法を守り、自分の手足を縛ってしまっている国、そう日本の事だ。ドイツはすでに53回以上の憲法改正を行っている。憲法は国を守るためにあるものであって国を縛るものではない。それにしても主義主張よりも行動に出る国、その変わり身の早さには脱帽だ。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -