So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「狐と狸の化かしあい」18.07.06 [巷の話]

世の中は今やトランプ狐と正恩狸が化かし合いの真っ最中。

だれが考えたってあの正恩が核兵器の開発をやめるなど考えているか。

いかに巧妙にいかに地下深く隠すかそれを疑ってやまない。

一応今の施設は爆破して見せるがが、おっとどっこいまた別の場所でせっせと開発を続けている。

すでにアメリカの偵察衛星によってそれは暴かれている。

またトランプはまず自らの再選に向けて必死のあがきを見せている。

また正恩は一層自分の立場を強固なものにするため。

あれこれ評論家たちが屁理屈をつけてああだこうだといっているが本気でどちらも解決する気持ちはない。

正恩はあれほど悪態をついていた中国に駆け込み命の保証を求め、習近平の懐に逃げ込んだ。

こうなるとアメリカと中国の戦いになる。

アメリカにとって北朝鮮など物の数ではない。

鼻にもひっかけなかった北朝鮮の親玉と会談をしてみせる。

パホーマンス以外何者でもない。

いかにもアメリカが小さな国にまで気を配っているようなゼスチュアを見せているが、ゼスチュア以外何物でもない。

しかしアメリカ国民はそれに騙される人間が多い。

トランプ支持のコアはやんやの拍手だ。

それ以外の国はそっぽを向いている。

日本ではあの木村太郎がいかにも物分かりよくトランプの登場を肯定しているが、

これも太郎の売名戦術以外何物でもない。

実際考えて見よ、ロシアのプーチンが担ぎ出さねばトランプなど大統領候補など名前も挙がらなかった男だ。

そして大統領に成ってしまえば高級官僚たちの猟官運動は始まる。

役職に就きたい役人どもはごまんといる。

そのうちの一人報道官がこの間レストランで食事をとろうとしたところ入店を断られてしまった。

反トランプ陣営の店だったのだろう。

それほどトランプは毛嫌いされている。

もしトランプが再選されるようなことがあればアメリカは分解する。

首都ワシントンとニューヨーク近郊は知識人が多い。

早速北アメリカとして手を上げるだろう。

白人の肉体労働者の多い地域ではトランプ共和国を作るだろう。

しかしそこまでアメリカか馬鹿だとは思えないが、

選挙というものは時に恐ろしい結果をもたらす。

決してアメリカは日本の様に誰でも一票の民主主義ではない。

それぞれ仕掛けがあってまことに巧妙に結果を引き出す手法を持っている。

今回も得票数ではヒラリーさんの方が大きく上回っていた。

しかしもうそれを言っても始まらない。

問題は次の選挙だ。肝心の民主党候補がいまだいないのだ。

一番の候補は家庭を大事にしたいと逃げてしまった

・まさかテレビの人気者おブラ・ウィンクリーを担ぎ出してくるようなことはあるまいが、

これでは単なる人気投票に過ぎない。

それにしてもアメリカがくしゃみをすれば日本は風邪をひくといわれた経済、

まさに経済は大風邪を引いた状態だ。



nice!(1)  コメント(0) 

「政治の劣化は即国民の劣化だ」18.06.24 [巷の話]

日ごろ政治家の劣化ばかり追求してきた。

しかし裏を返せば国民自身が劣化してしまったことの裏返しではないか。

見てくれ昨今の世間の形相を、何の恨みもない人を包丁で切りつけたり、

罪もない女性を誘拐して暴行の挙句簡単に殺してしまう。

これではうかうか待ちも歩けない。

どうして日本人はこれほど劣化してしまったのか。

勿論日本人だけではない。欧米の各地で起きているテロ、

アメリカ国内で起きている銃撃事件。

しかしそれらはすべて宗教がらみだ。

一神教という勝手に作り出した神様、いや神様ではない、制服のためのイデオロギーだ。

だが日本で起きている凶悪事は宗教には一切関係ない。

すべてあの戦争に負けたことによる>。

44負けても日本人そのものは残った。

彼らは日本人を野放しすると再び立ち上がってくると徹底的に壊滅工作を押し付けて行った。

アメリカが押し付けて行った憲法もその一つだが、

ソ連はたちまち自らが攻めず、北朝鮮の金日成をそそのかし、

日本を内部から破壊するために゜日教組なる教育機関を作って教育から破壊しようとした。

その日教組による徹底した日本破壊工作、反日教育を徹底的に刷り込み、

日本ジ人を徹底的に左翼化した。

今町で騒いでいる左翼たち、彼らはその残滓である。

しかも政党を組んで国会の中にまで浸透する。

国民は自由だ権利だとおだてられて自分の国がどうなってゆくのかわからない。

政府に反対し、政府を悪く言えば自分がえらくなったように勘違いする。

それをあおる野党ども、何かあればすぐ街頭に出てアジ演説を叫びまわる。

加えてアメリカのユダ金どもが、一攫千金を狙ったitブームを起こす。

手っ取り早く空中戦で銭儲けをたくらむ。

お陰でアメリカの製造業は衰退してしまう。

物を作る技術力がなくなってしまったのだ。

誰があんな大きな車に乗るか、

トランプは何十年も前の貿易障壁を持ち出して日本やドイツを攻めるが、

我が身を振り返って見よ。

そしてモノづくりを中国にゆだねてしまった。

中国はこれでもかとあらゆるものをアメリカに売りつける。

アメリカで売られている日用品、もはや中国を除けば経済が成り立たない。

そんなアメリカのごり押しに付き合わされて、

というよりアメリカに国の防衛まですがってきた日本は今や世界の孤児になりつつある。

挙句が国内の子の荒れよう、そろそろ目を覚まさなければこの国は崩壊の一途をたどるのではないか。

それにしてもわずか70年余りでこれほど国家が劣化してゆくなんて、

我々は見たくない盛んに古い歌を歌って日本の心を取り戻そうとしているが、

そんなもの手ぬるい、もはや今の若者には一切通じやしない。

今の若者はネットに操られ馬鹿になれ馬鹿になれと劣化教育を受けた宇宙人。だ。

だがそれでも日本人の中には素晴らしい天才がいる。

将棋の藤井聡太君、スケートの羽生ゆずる君、その他命懸けで戦っているスパーツ選手、

ただ政治家だけが突出して劣化していった。

しかしこの選挙制度、つまりポピュリズムでは致し方のないこと。

この民主主義そのものを変えなければ日本は滅ぶ

nice!(1)  コメント(0) 

「国を亡ぼす民主主義には反対だ」18.06.23 [巷の話]

トランプが出てきて以来世界中はしっちゃかめっちゃかになってしまったがこれも大きな時代のうねりとしてはやむを得ぬことかもしれない。

この国では自由だ一票の平等だ゜と騒いでいるが、世界は今全く別の方向に傾きつつある。

その標本はアメリカだが、三代にわたって個人の独裁を敷いてきた国、

言わずと知れた北朝鮮だ。

あの国に人権の欠片でもあるか?、人道に対する罪があるとするならば一番に上面はなければならない国だろう。

それを棚上げして話し合いをしようというアメリt。

アメリカとはいったい何という国か。

おそらくトランプ以外では想像もつかなかったことだろう。

北朝鮮の一番の脅威、それは核兵器を持ちそれに運搬手段まで開発し、

この国はもちろん遠くアメリカまで脅かしている。

実際にアメリカまで届くかどうか疑わしいが、

この国は朝飯前で攻撃できる。

そんな凶悪国を目の前にしてこの国は何をしているのか、

森友、加計問題のような些細なことに集中し、肝心の国防問題に手を付けさせようとはしない。

これがこの国の政治家、加えてアメリカがもう昔のアメリカではない。

トランプは再選をかけて人気取りに集中し、

あれほど北朝鮮に武力で脅かし、正恩の命を狙う作戦に出ていたのに、

こともあろうにその正恩と握手する様だ。

今や世界は時計の針が逆転するがごとく自由主義国より独裁国が幅を利かしてきている。

世界一の独裁国は昔白ロシア今はベラルーシと名乗っているが、

その次がシリアのアサド、そして北朝鮮のあのデブがますます独裁色を強くしている。

シリアのアサドは自国民厄45万人を虐殺し、なおも大きな顔をして居座っている。

そのアサドを支えているのがロシアのプーチンだ。

だがプーチンにもそこまでして西側陣営に抵抗しなければならない理由がある。

それはアメリカに巣食うユダヤ金融業者、いわゆるユダ金だ。

それらがロシア国内に潜り込み、ありとあらゆる工作をする。

それらから自国を守るのは至難の業、アメリカ大統領選を操り、

とうとうトランプという大バカ者を大統領にしてしまった。

お陰でこの様だ。世界は激動している。

しかしこの国は重箱の隅ばかりつつき一向に自国を守ることをさせない。

見てくれ左翼の暴れ様を昔なら国家反逆罪だ。

辻本清美、枝野幸男、福島みずほ、こんな人間が国の最高意思決定機関、国会にいること自身がこの国を壊滅させる。

あの櫻井よしこさんだってもはやと独裁で国を治めるのもやむなしといっている。

今の民主主義、政治のせの字もわからぬ庶民も偉い政治学者も一票は一票だ。

安きに傾くのは世の鶴、この政治制度がある限りこの国は滅亡の淵から立ち直れない。

プラトンは云った、民主主義は最悪の政治制度だと、

毎日毎日昔の歌を歌って庶民をごまかすのもいい加減にしてほしい。

庶民は政治の方を向くな馬鹿になれ、阿呆になれと庶民を政治から遠ざけて馬鹿な政治にうつつを抜かす。

民主主義にも色々あるだろう。国を亡ぼす民主主義はごめんだ。










































































nice!(0)  コメント(0) 

「世界はカオスこの国はお手玉」18.06.09 [巷の話]

北朝鮮がシンガポールで開かれる米朝会談に乗ってゆく飛行機に悩んでいる。

何しろ専用機は旧型のソ連製、私がモスクワ経由でヨーロッパに旅行していたころの飛行機だ。

胴体後ろにジェットエンジンを4本串刺しにした代物 だ。

とてもエンジン近くの席にはうるさくて乗れたものではない。

そしてシンガポールから借り受けた飛行機とか中国が提供する飛行機で何とかこぎつける算段をしているらしい。

一方のトランプはかのG7という国際会議に出席を取りやめたいらしい。

世界およそ200近くある国の中のG7、一時はG8といってロシアも入っていたが、

そのロシアはついに放り出されてしまいG7になってしまった。

そのG7にトランプは出席しないといってただをこねている。

プーチンに選ばれた大統領だけあってそのロシアプーチンを復活させなければ俺はいやだ、といって駄々をこねている。

まったくったやつだ。

そして日本の安倍ちゃんが北朝鮮と直接協議すると宣っている。

敵は日本との協議など1万年早いとブラフをかましてきている。

まったく五里霧中の闇の中のような世界だ。

世界には今存在してはいけない人物が3人いる。

一即刻の人物人は北朝鮮の金正恩だ。

二人目はシリアのアサド、三人目はアメリカのトランプだ。

世界全人類に不安を与え、戦戦恐恐とさせている。

それにしても世界最大の影響力帆持つ国にトランプのような狂人が現れては人々はたまったものではない。

G7にロシアを戻せといってみたり、このままではG7に出席しないなどとごねている。

まぁトランプがいる間は世界はガタガタになるだろう。

それでももう後二年と半年ほどだ。

トランプが再選されるとは思えないが、実は困ったことに次の大統領候補者がいないことだ。

まさかテレビの人気者おブラ・ウィンクリーが出てくるようだ葉アメリカは致命的な崩壊の危機に瀕する。

どうしてアメリカはこれほど支離滅裂状態になってしまったのか、

ひとえにロシアのプーチンの画策ではあるが、

それにしても一国の指導者の性質によっては人類全体がきりきり舞いさせられる。

一方で日本では安倍ちゃんの後を引き受けられる人物がいない。

石破さんが尤有力な後継者だが、この人時々肝心なところで腰が抜ける癖がある。

心配でならない。

そんな日本を外から見て、かの5jI5.エマルエルトッド、(フランス人)が日本も核兵器を持つべきだと強調している。言われるまで゜もなくこの議論は約半世紀遅れている。

ケネディが暗殺される頃にまでさかのぼらなくてはならない。

だが実際にはわからずや野党が喚き散らして一向に話はまとまらない。

言論の自由も国家あっての事だろう。

自国を売り飛ばすか内部崩壊させるような言論は国民に対する裏切りだ。

ものには限度がある。即刻国家反逆罪として国外追放するべきだ。

これほど一国の指導者というものは世界に影響を与える。



nice!(0)  コメント(0) 

「この悪質な政治家共にこの国は潰される」18.05.16 [巷の話]

まぁトランプが大統領でいる限り何を言っても無駄だろう。

トラブルメーカーだ。

あんな無知で厚かましい男、歴代の大統領がそれにだけは手を付けなかった、イスラエルのエルサレムに首都を移転させた。

結果は明々白々パレスチナ人が命懸けで抵抗してくることは目に見えていた。

それをあえてやる、以下にトランプがユダヤよりであるか、というよりユダやそのものである。

尤今やアメリカはユダヤに乗っ取られてしまっているが。

アメリカというよりイスラエルヤそのものだろう。

アメリカ国民の内ユダヤ人はざっと700万人足らず、

その中の一部いや0.01パーセントの金持ちがアメリカを乗っ取ってしまっている。

トランプの娘婿クシュナーはユダヤ教徒。

今回のエルサレムへの首都移転、長年ユダヤ教徒の夢であり願望だった。

だが歴代の大統領はだれも手を付けなかった。

つければハチの巣をつついたような大騒ぎになり命懸けで抵抗してくることは目に見えていた。

実はトランプは焦っている。

次の大統領に再選されるべくあらゆる手段を使っている。

そしてアメリカを乗っ取ったユダ金たちはその金に任せてあらゆる資産を買い占めてしまった。

その中でも政治を買い占める、

政治献金の上限を取り外してしまい、政治そのものを買い占めてしまった。

もはやどうにもならぬ、

続いて世界を金で買いつくしてしまおうと総力を挙げている。

一番手怖いロシアをも買い占めようとしている。

ロシアのプーチンも悪いが、自国を守るにはこのユダヤたちの攻撃から自国を守らなくてはならない。

今回のアメリカ大統領戦におけるロシアの画策、

トランプのような無知な男を選ばせるため全力を尽くした。

でもこれほどうまくゆくとは考えてもいなかった。

インターネットの時代を逆手に取り、ロシアで乱痴気ハーティをやらかしたトランプを選ばせてしまった。

トランプは全く政治のことなどわからぬ男。

そして我が人気取りのため一部の無知な反人たちをおだてて支持層を固めてしまった。

それがトランプのコアと呼ばれる支持者たちだ。

トランプが再選されるようではアメリカは崩壊してしまう。

でもトランプは目先の人気取りのためなんでもする。

世界中の鼻つまみ者といわれる北朝鮮のあのデブを相手に国家存続の話し合いをしようとしている。

デブも自らの命を狙われ医はじっとしているわけにはいかない。

そっそく中国に逃げ込んで保険をかけている。

中国にあれほど盾突いていたものがあっという間に命の保身に回った。

決して馬鹿ではない、

それどころかアメリカ相手にあれだけの大芝居を打つ、全く見上げたものだ。

それに引き比べこの国のだらしのないこと、

この国が今どれほど危険な位置に立たされているか、

わが国会は相も変らず重箱の隅ののつつきあい合戦、

全くこの悪質な政治家どもによってこの国は滅ぼされる。

nice!(0)  コメント(0) 

「国民庶民とはそんなものだ18」.05.04 [巷の話]

なにートランプにノーベル平和賞をやれだって、
るか

あの阿呆にどこからそんな発想が出てくね、国民もこれほど馬鹿とは改めてアメリカの程度がわかろうというもの。

そんな阿呆が大統領を務める。

そして世界中を混乱に陥れている。

開いた口が塞がらない。

それにしてもアメリカとはいったいどういう国なのか。

日本も迷惑している。

日米安保条約なんて今や紙ぺらよりも信頼は薄い。

アメリカンファーストを馬鹿の一つ覚えの様に喚きまわり、

他国の事情になど一切お構いなし、世界の最強国であり世界の平和を握っている国。

それがあのトランプによって突然崩れたのだ。

どれほど贔屓眼に見てももはやアメリカに何の信頼も置けない。

評論家がわかったようなことを言うが、評論家たちの頭を疑ってならない。

なぜあのトランプが出てきたのか、ロシアに行き乱痴気パーティを行い。

それをプーチンは一部始終見ていた。

よし、この男を大統領に担げばアメリカは自由に操作できるぞ、とあらゆる工作をした。

今やインターネット時代そのネットにあらゆる情報を流し、根限りの操作をした。

お陰でトランプが通ってしまった。

ロシアが世界中でどれほど悪行を働いているか、

何といってもシリアのアサドへのテコ入れ、

それまで中東で一番頼りにしていたリビアのカダフィ大佐が無残にも撃ち殺されてしまった。

そのため中東の橋頭保をシリアに定めた。

あの理不尽、自国民を45万人も撃ち殺すような大統領、それをロシアは擁護しているのだ。

あんな人殺しを庇うなんて、人類の敵に等しい。

でもロシアは必死なのだ。

ロシアを潰したいと思っているアメリカに巣食うユダ金、

これに対抗するにはこれしか方法はない。

今や昔の様に核兵器の数は減ったが、その替り性能は何倍も伸びている。

新たな核戦争への危機だ。

北朝鮮のデブはすでになんじっぱつもの核兵器を持っている。

ただアメリカにまで届くかどうか疑わしいが、日本を攻めるくらい朝飯前、

のど元に短刀を突き付けられた状態の日本。

だが国民は平和にぼけて踊り狂っている。

景気さえよければよいのか、一歩間違えば地獄は目の前にあるのだ。

バカ騒ぎするアメリカなんか放っておけ、問題はこの国だ。

戦後最大の危機に瀕している。

nice!(1)  コメント(0) 

「皐月五月はとんでもない月明けだ」18.05.01 [巷の話]

もたもたしているうちについに五月皐月になってしまった。

四月に行われた韓国と北朝鮮の話し合いになど百に一つも信頼を置けるものはなかったが、

ムン・ジェインの一方的な北へのすり寄り、また北のデブがやっとこれで命が助かったとあの高笑いだ。

まぁ朝鮮の事は放っておけ、それよりこの日本だ。

目まぐるしい海外の動きに対していったい何をしているのか。

相も変わらず国会では重箱の隅のつつきあい合戦を演じているし、

全くこの国をどのようにして守るかの議論は全くない。

いわば蚊帳の外状態だ。

世界はダイナミック、トランプの登場に対して世界はおろおろするばかり、

そしてその生みの親プーチンは悪行のしたい放題。

プーチン一人が悪者の看板を背負っているようだが゜、

おっとどっこい、プーチン以上の悪はいる。

その悪から国を守るために必死にあがいている。

アメリカの何分の一一かのGDPで大国アメリカに対抗しようとしているのだ。

つまりすべての資産をつぎ込んで自国を守ろうとしている。

プーチンは必死だ。あのアメリカに巣食うユダ金の攻勢、

手を変え品を変えロシアを倒すべくありとあらゆる手を打っている。

世界はいま朝鮮問題で釘付けだが、シリアで問題を起こし、

イランをたきつけ、とにかくアメリカに、いやユダ金に対抗している。

日本など全然お呼びでない。

実質日本が関与できるようなスケールではない。

相も変わらず晋ちゃんは世界に金をばらまいてご機嫌を取っているようだが、

物には限度がある。それもいずれ頭打ちになるだろう。

そしてわからずやの日本国民、いや庶民たち、

政治の「せ」の字もわからないのに国の行く末を任している。

まさに言いたい放題。

自国を売り飛ばすような発言が大手を振って歩いている。

言論の自由もいいが自国を貶めるようなことを言って許してもらえるような国がどこにあるだろうか、

世が世であれば国家反逆罪だ。

即死経過長野身柄拘束だろう。

まぁこの政治家共につぶされるんだな。

こんな民主主義を押し付けたアメリカは決してこんな悪平等な国ではない。

そしてあのデブとムンジェインが何をしようとこの国は変われない。

こんな民主主義なんて、とトホホと頭を抱える。

皐月五月もとんでもないつきあけてだ。

nice!(0)  コメント(0) 

「合いも変わらず間抜けなこの国」18.03.31 [巷の話]

 皆さま長らくご無沙汰しております。

不細工にも家庭内の転倒事故で暫く入院しておりました。

やっと昨日退院となりやっと自宅に静観することができました。

わたくしの入院中も世界は躍動し上を下への大騒動、

平和にぼけているわが国民とのあまりの落差に頭を覆っておりま間抜けな国家す。

でも国民庶民というのはそんなものでする。

しかし肝心のこの国の政治家の体たらく、あまりの質の悪さに頭を抱えている心境です。

この国はもはや手遅れ、と先日も書きましたが北朝鮮の劇的な変更、

アメリカの相変わらずの迷走、そのうちこの国は世界の迷走国になってしまうでしょう。

幸い経済は好調、それだけが唯一の救いです。

それにしても金正恩の激変、恥も外聞もなく中国にすがる豹変、

そして習近平の前で見せた小物ぶり、こんな男にこれまで踊らされていたのか、と情けなくなりました。]

何も学校の授業じゃあるまいし、いちいち書き取ることはないではないか。

自国のスタッフは何のために引き連れていたのか。

しかしあれほど中国に向かって悪態をついていたのがよくもここまで変われるもの、その正体を現せりだ

。その気たちを取り込もうとムン・ジェインが渾身の努力を続けている。

アメリカもそんな北朝鮮と話し合いに入るという。

日本などほったらかしだ。

これまで国を府げ手アメリカに頼り切っていたこの国。

まるで二階に挙げられて梯子段を外されたようなもの。

今更慌ててもすでに時遅し。

すべてあの民主主義なる悪平等制度によるものだ。

民主主義イコールポピュリズム。

政治の「せ」の字もわからぬ庶民に政治を預けてしまったからだ。

もはや手遅れこんな阿呆な政治が続く限りこの国は何時か滅んでしまう。

最近の森友かけ問題の低劣さ、重箱の隅をつつきまわってこの国の防御を放り捨ててしまった。

そんな国がこの生き馬の目を抜くような世界に伍してゆけるはずがない。

やはりクーデターでも起こして反日本政治家をたたき出さなければまともな国には帰れない。

病気治療中も思うはそのことばかり、間違いなくこのままではどこかの国に飲み込まれてしまう。

どこかの国の代表が目の前の中国だ。

彼らは着々とその力を見せつけこの国に迫っている。

この際アメリカなど頼りにならないぞ。

トランプは自国第一となりふり構わず行動する。

安倍晋三がいくらすり寄っても肘鉄食らわせられるのが関の山、

国民よ目を覚ませといっても空しいばかり。

力の裏付けなくして通用するような世界ではない。

何時まであの馬鹿な憲法に縛られているのだ。

我々は憲法のためにあるのではない。

我々が生き延びるためにこそ憲法はあるのだ

nice!(0)  コメント(0) 

最早手遅れこの国はパート2」18.02.2 [巷の話]

  今回ほどそれを政治利用された大会はなかった。

北朝鮮はこの時とばかり平和攻勢をかけてきたが、

アメリカによって手ひどいはねつけにあったことはない。

おかげで何一つ得るものはなかった。

勿論参加している選手たちには何の関係もない出来事であるが。

過去の凶悪ぶりをあげつらっても詮無いことだが。

それでものど元過ぎれば忘れてしまうのが人間の常。

努々北朝鮮の悪行を忘れてはならない。

つい先だっては韓国駆逐艦の爆破、ヨンビョン島への攻撃、

そして前回オリンピックに際しての蜂谷真澄事件、

古くは遠くミャンマーに出かけて行ってその聖廟ともいえるアウンサ聖廟の前で韓国要人たちをば゜句は吹き飛ば葉てしまった。

こんな国がいまだに地球上に生存していること自身が不思議でならないのだが。

それでもそれを一番掣肘すべきアメリカは実力行使に出ない。

一体アメリカと北朝鮮にどれほどの戦力差があると思っているのか。

アメリカが本気になって攻撃すれば゜ものの30分もあれば北朝鮮など吹き飛ばしてしまえる。

でもアメリカはそれをしない。

東洋を不安定な状況、中でも日本を不安定な状態に置いておくことがアメリカの最大の利益になるからだ。

それにもし北朝鮮を成敗してもアメリカには何の利益も得られない。

下手をすると逆に援助をしなければならなくなることもある。

そんな国に多大な戦費をかけて戦うか。

アメリカは強かなのだ。

今やアメリカはユダヤ商人に乗っ取られてしまったような状態。

もはやアメリカではないユダヤの国になってしまっている。

このユダヤ人がどれほど凶悪であるか、

北朝鮮の凶悪は何としても自国を生き残らせたいという願望そのものであるが、

ユダヤはそんなことではない世界を金で支配してしまいたいのだ。

今ロシアが必死になってそれに対抗している。

ロシアは必死なのだ、このユダヤの攻勢に、

プーチンはあらゆる手段を使ってそれを防いでいる。

その一つが今回のアメリカ大統領選だった。

トランプのような破廉恥で馬鹿な男を大統領に選ばせればアメリカはぐちゃぐちゃになるとしたたかな計算のもとに行動を起こした。

まったくその通り今やアメリカは国家としてのまとまりも国内情勢も滅茶苦茶、

加えてあの全米ライフル協会なる団体が憲法修正二条を利用して市民の武装化をけしかけている。

昔は私も銃砲には凝った一時はライフルを含め5本も所持していたことがある。

しかしあくまで狩猟用、なぜあれほど連射できる銃が必要なのかまったく理解できない。

すべてユダヤ商人が利益を得たいため、利益を得られるなら自分の親でも殺す。

戦争をしている相手にでも銃砲を売る。これがユダヤ商人だ。

それも今のユダヤはハザールアシュケナージユダヤ、つまり正当なユダヤ人ではない。

日本人は純情だ、そんな彼らの目的も知らず、ただ戦争をしたくない。

ただ平和平和と叫んでいる。

世界中が生存競争をしている中、戦争は避けることの出ない宿命だ。

せめて自国を自国で守れるようにしておかなければならない。

さもなければ第二。第三の国民拉致事件に遭遇するかもしれない。

北朝鮮はあの憲法の縛りによって二度と日本は武力で立ち上がってくることはないと確信してあれほどの日本人を拉致した。。

目を覚ませといっても空しい限りだが、

少なくとも今の国会議員にそれを求めるのは不可能なことだろう。

こんな劣悪な国会議員ではこの国はやがてつぶれてしまう。

nice!(0)  コメント(0) 

{平昌五輪ではない平城五輪だ}.02.10 [巷の話]

遂に平昌冬季オリンピックは開かれた。

いや平昌というより平壌オリンピックといったほうが良いだろう。

そしてその大会に我が安倍首相が出席している。

何でもあの日韓合意を守るように念押しをするためだとか。

だがムン・ジェインは事実上それを認めることを拒否したとか。

そして今や北の金正恩に乗っ取られてしまっている。

なんでそんな大会に我が国の首相が出向かわなければならないのか。

いくらアメリカとともに最大限の圧力をかけるといっても、

肝心のムン・ジェインが北朝鮮の操り人形になってしまっていてはもはや何をか況やである。

どれほど北がこの大会を利用しようとしているか、スポーツに政治を持ち込んではならない。

という不文律があるとはいえ、それの真反対政治利用の極限に利用している。

国際社会の動向は北朝鮮に圧力をかけ続けることという決まりを無視して、

あの万景峯を会場近くの港に入港させ、お土産の限りを貢ぎ続けている。

ところで万景峯豪は二隻あるらしい。

旧型の万景峯豪は万景峯一号は、ロシアに行って同じく油や食料の援助を懇願したらしい。

がロシアは敢然とそれを拒否している。

国連の決議に違反するからという理由らしい。

そし入港自身を拒否されている。

それに反して新型万系峯号、平昌近くに入港を認められホテル代わりに使われているとか、

そして厚かましくも軽油一万リットル、その他数々の援助品を要求しているようだ。

それにムン・ジェインは南北融和のため積極的に援助しているらしい。

国連の決議もこの笊で水を救うようなムン・ジェインの裏切りですっかり骨抜きにされてしまった。

もうこうなったらオリンピックというスポーツの祭典などではない。

すっかり北朝鮮の政治圧力の大会になってしまった。

オリンピックの遂行な精神は北朝鮮によってズタズタに踏み荒らされてしまった。

そして会場は氷点下20度近くの極寒らしい。

開催式の最中も寒さに震えて途中退席者が増えているという。

ボランティアどころではない。

例の南北統一気を掲げた合同チーム、それに例の竹島が書き込まれているという。

早速日本側は抗議をしたそうだが、とにかく手前勝手な国、

あの竹島をどうして取り込んでしまったか、

朝鮮戦争の真っ最中に李承晩がかってに国境線を書き換え取り込んでしまったのだ。

北と戦わなければならない真っ最中に土足差に紛れて取り込んでしまった。

お陰でどれほどの日本人が犠牲になったと思うか。

世界中に数々の民族はいるが朝鮮人程卑劣であくぎゅくな民族はいない。

今更いっても詮無いことだが、日本ほど朝鮮民族に恩をあだで返された国はない。

それにしても北朝鮮の国家意思、

南をどうしても併合しようと、絶え間笊スパイを送り込み、

南の国民を洗脳してしまった。

何回失敗してもやり続ける。

この国家意思の強烈さには頭が下がる。

日本は自国を守るどころか、国を売りとばそうとする意見の方が人気がある。

左がかったがことを言い、国家のすることに反対していれば自分がえらくなったように勘違いする。

平和ボケもいい加減にしてほしい。

そしてこの民主主義だ、敗戦後アメリカから押し付けられた民主主義、

即それはポピュリズムとして人気取りにしかならない。

その結果が今の国会議員だ。

こんな政治家に国をアづけていてよいのか。

韓国の事をどうこう言う前にこの劣悪議員を排除すべきではないか。

いずれにしてもあの醜悪な平壌オリンピックは開かれた。




nice!(0)  コメント(0)